「ほっ」と。キャンペーン
手作り石けんのワークショップやります!
先日から、告知してますが、
TUNAGU SOAPの『石けんワークショップ』開催することになりました!
現在、参加者募集中です。


【基本編】
『シンプルなオリーブ石けんを作ろう!』

オリーブオイルを使って、シンプルなオリーブ石けんを作ります。
使用するオイルは、食用のピュアオリーブオイルのみ。
泡立ちは少なめながらも、とてもやさしい真っ白な石けんが出来上がります。
「コールドプロセス製法」で作る、本格手作り石けんの基本中の基本です。

【日時】
① 2010年10月2日(土)13:00~
② 2010年10月4日(月)13:00~

【料金】¥3,600(送料込み)
☆おまけ付(TUNAGUSOAPの石けん1個)

【出来上がる石けんについて】
お一人様牛乳パック1本分(約680g)の石けんをお作りいただけます。
ワークショップで作った石けんは、その日のうちに固まった状態にはなりませんので
当日はお持ち帰りいただけません。
約1ヶ月後にご配送いたしますので、どうぞご了承ください。


石けんのHPBlogも新たに新設。
これから、石けんネタはコチラのブログに書いていきます。
HPには、ワークショップのことが更に詳しく書いてあります。

ワークショップは、年内月一でやっていこうと思っているので、
興味のある方は、是非お問い合わせくださいませ。
[PR]
# by chio-ringo | 2010-09-16 00:05 | 活動
秋川渓谷BBQ
奥多摩の秋川渓谷でBBQをしてきました。
東京から車で1時間半くらいでも、自然を充分に感じられるところです。
b0054993_22155935.jpg
連日のこの猛暑の中、やはりみんな考えることは同じ?
おそらく、少しでも川で涼もうと、この日もすごい人!
老若男女、わいわいきゃーきゃー、川遊びを楽しんでいました。
b0054993_22161198.jpg
この日も快晴!
川は涼しいけれど、BBQの火の傍に近づくともう汗だく(笑)。
川(涼しい)と火の傍(暑い!)を入ったり来たりのBBQ。
なんか、変な感じだったけど、自然のサウナ状態だったけど、
めいいっぱい楽しみながら汗をかくのは、いいもんです。
b0054993_22161943.jpg
午後15時過ぎ。
いきなり空がゴロゴロ云い始めたと思ったら、
天から大粒の恵み(雨)が降り出しました。

私が幼かった頃の夏は、夕立の後、スッと涼しくなって夜が来ていた。
熱帯夜が続く、東京。
雷は恐いけど、夕立が恋しい今日この頃です。
[PR]
# by chio-ringo | 2010-08-02 22:35 | 旅・自然・自転車
台湾で美味しかったもの
5月の末に、またまた台湾へ行ってきました。今回は、南部&海~♪を廻ったのですが、高雄から船で30分の小琉球で食べた「乾麺」がすごく美味しかったです。
b0054993_1231573.jpg
麺の上に「魯肉汁」という肉そぼろが乗っかっているんですが、これが日本にない味で美味しかった~。台湾の友達に聞いたら、この魯肉は家庭の味で、それぞれの家庭で味が違う・・・と。その子のうちでは、漢方薬を使ってるんだって。中医学を少し学んでいた時に、薬膳料理をよく食べに行きましたが、それがこんなに身近に登場するとは、驚きました。日本では、薬膳、漢方・・・と聞くと、薬っぽくて美味しくないイメージがありますが、この、「なんか美味しい・・・」隠し味が漢方だったとは!!これから、台湾料理をちょこちょこ教えてもらう予定。すごく楽しみです。
[PR]
# by chio-ringo | 2010-06-27 12:46 |
キャンドルナイト
6/21の夏至の夜。友人宅でキャンドルナイトをやりました。今まで、キャンドルナイトと言えば、イベントとして大きくやっていましたが、今年のキャンドルナイトは、のんびりゆっくり少人数でキャンドルを囲みました。キャンドルと点けて、電気を消したとたん、どこか遠い国にトリップしたような感覚がします。キャンドルの炎って、不思議ですね。
b0054993_23351398.jpg
何故か、マーライオン(笑)楊枝入れになってます。今回のキャンドルナイトは、大人っぽい雰囲気で、ピクルスとかオリーブとかチーズとかディップとか、料理と言うか簡単おつまみ系。でも、私はサルサ風の簡単サラダをその場で作りました。あと、オイルサーディンの缶に直接玉ねぎとミニトマトをのっけてグリル(?)したのも、友達が作ってくれて、美味しかった。今度まねしよう。
b0054993_23352420.jpg
キャンドルナイトって、電気を使わないですごす・・・という、エコ的なイベントですが、やってみると楽しくって、制約的なイメージとか全然違います。夏至・冬至以外でも、友達んちに集まったときには、それとなしにキャンドル持参で、キャンドルナイトにしたいな~と、思った夜でした。
[PR]
# by chio-ringo | 2010-06-22 23:54 | 活動
スパイス日和 ~道具編~ スパイスボックス&スパイスミル
b0054993_16282368.jpg
念願の「スパイスボックス」を手に入れました~!今までは、スパイスを小袋から出し入れして使ってたんですが、はっきりいって面倒臭い。スパイス、しっかり口を閉じないと、香りとんじゃうし、中身も飛び散っちゃうので、そのしっかり閉める作業が、毎回結構大変。しかも、一種類じゃないからね、使うときは。なので、インドの家庭の必需品というこの「スパイスボックス」。私は、毎朝マサラチャイを飲むし、休みの日にはカレーやサブジを作るので、すごく欲しかった。でも、日本だとなかなかいいお値段で買えなかったのです^^;でも、ある時ふらっと立ち寄ったアジア雑貨屋さんで、破格に安く売ってた。日本の値段の半額。これは、神様からのプレゼントだと思って(笑)、速攻購入いたしました。
b0054993_162834100.jpg

こちらは、「スパイスミル」。固い木で出来ていて、この中でスパイスを砕くのです。これは、台湾で買ったもの。これもずっとずっと欲しくって、でも日本だとなかなか売ってなくて、ようやく、台湾で買ったのです。これも、安かった。日本円で、500円くらい。この2つのおかげで、私のスパイス生活、かなり充実してきました。いや~、やっぱりそれ用の道具は便利ですね^^
[PR]
# by chio-ringo | 2010-05-13 21:52 |
タケノコ掘りに
念願のタケノコ掘りをしてきました。友人の実家の裏の竹林。
毎年、春になると「タケノコ、掘りにおいで~^^」と、誘われてたのに、なかなか行けず。
でも、ようやく、その念願が叶いました!
b0054993_23394692.jpg
タケノコにょきにょき。(でも、これは育ちすぎで食べれません。)

b0054993_23453351.jpg
広~い!竹林。

b0054993_234736.jpg
さあ、掘るよ~!

b0054993_2349811.jpg
収穫です!わーいわーい!!

b0054993_02642.jpg
竹の親子だ。


たくさんもらったタケノコは、皮をはいで、米ぬかで煮て、一晩放置。
今は、鍋の中で眠っております。
明日、何作ろうかな~。とりあえず、タケノコご飯かな(笑)
[PR]
# by chio-ringo | 2010-04-27 00:07 | 旅・自然・自転車
師匠捧ぐ・・・
2/5、自宅の電話が鳴った。
こんな時間に誰だろうと思ったら、彫金の師匠の奥さんからだった。

「お父さんね、昨日亡くなったのよ。いきなりだったのよね。
今日、家に帰ってきたから、よかったら顔見に来てやって・・・」

呆然となった。目の前が真っ暗になった。
去年、手術をして入院していることは知っていた。
喉頭がんで、のどに穴を開けてしまったから、
もうしゃべることは出来ない・・・とも知っていた。
次の月曜日、お見舞いに行こうと思っていた。
そんな矢先だった。

自分が奥さんになんて言って、電話を置いたのか、全然思い出せない。
ただその夜は、自分がなんと不真面目な弟子だったかとか、
最後にお見舞いに行けなかった後悔とか、自分の薄情さとか、
これから教えてもらおうと思っていたこととか、
これまで教えてもらったこととか、
一緒にお蕎麦や冷麦を食べたこととか、
家の前の柿や近所のお寺の桜や、
ベッコウ飴や午後の紅茶のレモンティーや、
師匠の笑い顔や珍しい爪をした指で鏨を持っている手や、
それはもう、色んな感情や思い出がぐるぐるして全然眠れなかった。

次の日、師匠に会いに行った。

「お父さん、お化粧してもらってね、すごい男前になったのよ。」
奥さんが、師匠の顔を見せてくれた。

自分の気持ちがもうどこにあるのか分からなかった私だったけど、
その顔を見たら、一瞬にして落ち着いた。

今まで見てきた師匠の顔のどれよりも、その顔が「穏やか」だったから。

後悔と自責の念でいっぱいだったけれど、それを全部浄化してもらった気がした。
これから先、師匠に教えていただいたことを精一杯生かして彫金をやっていくこと、
前に進めと、背中を押された気がした。
だから、もう私は大丈夫です。

今まで、本当にたくさんのことを教えていただきました。
私の一生の宝物として、大切に使わせていただきます。

有難う御座いました。
[PR]
# by chio-ringo | 2010-02-08 22:54 |
梅小紋でお正月
b0054993_14381268.jpgどうも、あけおめです。
(もう、8日ですが^^;)

今年のお正月は、梅小紋の着物を着ました。会社の大奥様から頂いた着物。「お正月に着るといいわよ!」という事で、有り難く着させて頂きました。めでたい感じで、帯も赤。この帯も、かの有名な「龍村製」で頂き物。自分では、到底手の届かない着物です。嬉しい限りです。

という事で、今年も「着物倶楽部」やりますよ~!次回の予定は、1/22(金)の「花展に行こう!in六本木ヒルズ」です。自分の好きな着物着て、一緒に出かけませんか?興味のある方は、是非ご一報を^^
[PR]
# by chio-ringo | 2010-01-08 08:37 |
台湾 ~お茶紀行~
台湾といえば、最近日本でもとても人気のある「台湾茶」の国。有名な凍頂烏龍茶や高山茶も、台湾茶です。私も大好きで、よくお土産でもらったりしていたんですが、この度台湾に初上陸して、台湾茶に触れ合ってきました。

b0054993_1294070.jpg


---------------------------------------------------------------------


【美濃の雷茶(らいちゃ)】
b0054993_12161911.jpg
まずは、「雷茶(らいちゃ)」です。
このお茶は、「高尾」から車で約1時間ほど行った、「客家」と呼ばれる人達が多く住んでいる「美濃」というところで飲みました。お米やいろんな種類の豆やゴマやお茶やナッツ(この時は、20種類くらい!)を、すりこぎで粉状になるまですっていきます。

b0054993_12162910.jpg
6人がかりで30分以上!なかなか大変な作業だったけど、ようやくOKが出ました。

b0054993_12163613.jpg
すったお茶を湯呑3分の1くらい豪快にぶっ込んで(笑)、台湾茶を注ぎます。

b0054993_12164390.jpg
完成!ぶくぶく言ってた(笑)。
よく混ぜながら飲みます。本当は、最後に玄米をトッピングします(撮り忘れた^^;)。日本でいえば「きな粉」みたい。凄い栄養がありそうです。牛乳とかに入れてもいいかも・・・!と思ったけど、最後に注ぐのは絶対お茶じゃないと駄目!(お湯でも駄目。日本茶は可です。)って言われました。きっと、バランス的なことがあるんだろうな。

---------------------------------------------------------------------

【高尾のお茶商】
b0054993_132524.jpg
お次は、高尾のお茶屋さん。
旦那さんのお家がずっとお茶作りをやっていて、今も続いているお茶商。もちろん、旦那さんは若い時から今もお茶作りをしている。奥さんは、お茶摘みをやっていたそうな。

b0054993_1321511.jpg
今年採れた冬茶を頂きました。台湾で三番目に高い山で採れた「高山茶」で、発酵の浅い水色も薄い黄色のお茶と、炭で焙煎した芳醇な香りのお茶。台湾は暑いし、この時も暑かったので、発酵の浅い方が人気だったけど(私も美味しいと思ったけど)、寒い日本に帰ってきたら、炭焙煎の方が美味しく感じました。

b0054993_1322560.jpg
「こんなに膨らむんだよ~」と見せてくれた。

b0054993_1323344.jpg
膨らんだ後の、「一芯二葉」の茶葉。
この採り方は、お茶の先端部分だけを採ったとても贅沢な採り方で、良質なお茶の証拠でもあります。しかも、葉がそのままの形。きちんと丁寧に作られているんだな~と思います。

b0054993_1324198.jpg
そして、これは珍しい(笑)。これもお茶です。
台湾では、お茶を何年も何十年も保存して「老茶」にします。新茶も飲みますが、老茶の方がタンニンやカフェインが少なくて、香りも味わいも熟成されているそうです。これは、その老茶にするために作られたお茶。もちろん、茶葉一個一個がころころした通常の形でもいいですが、これはお茶を製茶するときに、さらしのような布にくるんでギュッと丸めていくそうで、とても手間がかかるそう・・・。旦那さんも滅多に作らないお茶だそうです。

---------------------------------------------------------------------

【林さんちで老茶】
b0054993_13444331.jpg
私は、お茶がとても好きなので「茶藝館」にいきた~い!!と言っていたんですが、そんな私の話をきいて、お茶好きの台湾人の林さんがお宅に招待してくれました。伺うと、茶器と茶葉で埋め尽くされたお茶のお部屋があって凄かった~!例の「老茶」も大きな壺にたくさん保存してあって、うらやましいなと。若いうちにたくさんお茶を買って、このお茶を飲みながら老後を過ごすのが夢だそうです。一緒に行ってくれた台湾人の友人も「老茶」好き。「新茶」飲むと夜眠れないけど、「老茶」なら平気・・・とのこと。

b0054993_13445223.jpg
これは、今年の春茶。急須で入れたお茶は、何人かで頂く場合、濃さが均等になるように茶海と呼ばれる器に移してから注ぎ分けます。林さんは、水色が見えるようにガラスの茶海。見たことある形だな・・・と思ったら、無印◎品のデカンタだって!(笑)。でも、持つ部分に籐(のようなもの)を巻いたそう。立派なオリジナル茶器。さすがです。

b0054993_1345139.jpg
そして、なんと、林さんが16年物の老茶をごちそうしてくれました!16年物なんて、めったに飲めないですよ。買えたとしても、とても手が届かない・・・。

b0054993_13451114.jpg
水色は、美しい紅茶色。香りも味わいもやさしくて、でも後から後からふんわりと喉の奥が香る・・・そんなお茶でした。貴重なものを頂きました。どうも有難うございます。

---------------------------------------------------------------------

台湾の人の、お茶に対する愛情をひしひし感じて帰ってきました。私も「老茶」やってみようと、高尾のお茶屋さんでたくさんお茶を買ってきちゃった。でも、「新茶」でも充分すごく美味しいので、「老茶」になる前に飲み干してしまうんじゃないかと、それだけが心配です。
[PR]
# by chio-ringo | 2009-12-25 08:00 |
秋の奈良 ~東大寺・ならまち~
最後の日の朝。
ホテルから歩いて東大寺に行けるというので、てこてこ歩いて東大寺へ。
b0054993_1547381.jpg
奈良公園の中、紅葉がとてもきれいでした。

b0054993_15474845.jpg
鹿、めっちゃたくさん!

b0054993_15475629.jpg
たえず、舌を出している子もいた(笑)。

b0054993_1548849.jpg
THE 奈良。
東大寺の大仏殿。

b0054993_15481665.jpg
大仏様は、やっぱり大きかったな~。
これ作った昔の人、凄いよな~。

b0054993_15482532.jpg
そして、もちいどの商店街&ならまちへ。ここは、夢キューブ。
鹿Tシャツとか、若手の金工作家のお店とか、かわいい形のパン屋さんとかありました。

b0054993_15483349.jpg
すごい狭い路地にガネーシャを発見!
絶対昔ヒッピーだったでしょ?(今も?)っていうおじいさんがやってました(笑)

b0054993_15484038.jpg
おうちカフェのようなところでお茶。
手作りのケーキが美味しかった!これは、リンゴケーキ。
お茶は紅茶専門で、フレーバードは10種類以上から選べたよ。


奈良はとてもいいよって話には聞いてまいたが、本当にとてもよかったです。食べ物もおいしいし、人も親切だし、お寺もたくさんだし、秋の紅葉の季節だったのに、京都より人が少ないのですごく楽しめました!今度は、春また行きたいな。
[PR]
# by chio-ringo | 2009-12-13 16:06 | 旅・自然・自転車