船橋屋のくず餅
b0054993_13345654.jpg船橋屋のくず餅を頂いた。
くず餅、大好き~♪
亀戸天神に行ったら、必ず買って帰る。(もちろん自分用)

お皿に盛って、黒蜜かけて、きな粉かけて、頂きま~す!
15切れ位ペロリと食べられる。
1人前9切れらしいけど。本当はもっといけるけど。

でも、船橋屋のくず餅って、くずって言う位だから葛粉から作られているもんだと思ったら、
違うのね。この度、初めて説明書(?)読んだら、(いつもはわ~いって食べてお終いだった)
くず餅は、小麦粉の澱粉を乳酸菌発酵させたものなんだって。
杉の大樽で、15ヶ月かけてじっくり熟成させて作られてるらしい。
へぇ~。

創業文化2年の船橋屋。
百九十有余年の昔から食べられている和菓子だと思うと、感慨深い。
昔の乙女達も“黒蜜かけて、きな粉かけて・・・”って食べてたんだろうな。

伝統あるもの、ずっと守っていただきたい。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-09 13:37 |
<< カレンデュラ&はちみつのリップ... センセイの鞄  川上弘美著 >>