高山烏龍茶
お茶。にトラバ。

台湾のお土産で頂いた、高山烏龍茶。
高山烏龍茶は、台湾の高さ1000m以上の山で作られる烏龍茶の総称。
寒暖差10度以上あり、霧が多くでるという高山特有の気候と土壌で育てられる。

私は、初めてこのお茶を飲んだとき、その味と香りと色に驚いた。
だって、日本で飲んでいる烏龍茶と全然違うんだもの。
でもって、めちゃくちゃ美味しい!
今まで飲んでいた、烏龍茶は一体なんだったんだ・・・と思った。

b0054993_14112512.jpg




茶葉は、こんな風に丸くなっていて、
一つ一つがコロコロしている。

b0054993_14115889.jpg


開いた茶葉。
こんなにふくれて大きくなる。
だから、日本茶の感覚で茶葉を淹れると、
とんでもないことになるから注意。

b0054993_14541832.jpg



美しいお茶の色。
黄金色とでもいうんだろうか。
とってもきれいな色・・・。(うっとり)

味は、とても爽やかで苦味はとても少ない。香りも、爽やかでほのかに甘い感じ。
日本で飲んでいた、苦くて茶色いお茶とは全然違う。
急須で淹れても、ヤカンで煮出しても美味しく飲めた。
ちなみに、高山烏龍茶のお茶の立て方(パッケージ裏に表記)

お茶の立て方
1.茶器を熱湯で温めて後此の湯を捨て新に煮沸湯で茶を立て
一分間後に召し上がれは此の茶独特の香を賞味る事が出来ます
2、一回の茶の葉は数回お使用出来ます
3、茶器は瀬戸物を使用すると又格別は味を賞味出来ます

(↑この、日本語の微妙さにも注目!)

奥深い中国茶の世界。
いつか、本場に行ってみたいな~。
[PR]
by chio-ringo | 2005-01-30 14:50 |
<< MARSEILLES SOAP... タンポポコーヒー >>