びわ茶
b0054993_13241466.jpgこのびわ茶も、前々から気になっていたお茶。
川原亜矢子さんのシンプル・ビューティを読んだときに、
川原さんが愛飲していると書かれていた。
まぁ、飲んだところで川原さんみたいに
美しくなれる訳はないんだけど(当たり前だけど)、
美味しそうなお茶だったので、飲んでみたいと思った。
しかも、子宮の病気になってしまった愛犬のソレイユにも、飲ませているみたい。


b0054993_1324386.jpgとにかく、昔から、びわの木がある家は、
病気になりにくいと言われている。
そういえば、私が子供の頃は、
どこの家にも必ずびわの木があった気がする。
(そして、よくびわの実を失敬して食べていた・・・)
びわの実もいいんだけれど、
どうやら、びわの葉と種に、たくさんの秘密(?)があるらしい。



そもそも、びわの葉療法というものがある。
びわの葉を、痛いところに張ったり、温灸したり、煎じて飲んだりすることは、
インドから仏教とともに伝わり、昔から、民間療法として行われてきたことらしい。

びわの葉の成分は、プドウ糖、庶糖、果糖、麦芽糖、澱粉、デキストリン、酒石酸、クエン酸、
リンゴ酸、タンニン、サポニンウルソール酸、オレアソール酸、そしてアミグダリンなどで、
その中でも特に、アミグダリンという成分がガンにはいいらしい。
そして、そのアミグダリンは、葉よりも種に多く含まれていて、
びわの種を毎日朝晩一つづつ食べた人のガンが消えてしまったという記述もある。
また、民間薬として、健胃、消炎、下痢止め、利尿、鎮咳、去痰、皮膚炎、あせもにも
用いられるているとの事。

すごいんだね。びわの葉って。
このことを母に話したら、私と妹が子供の頃、あせもがひどくて困っていたときに、
近所のおばさんに、「あせもにはびわの葉がいいのよ」って教えられ、
母はびわの葉を貰いに近所を歩き回ったんだそう。
私とびわの出会いは、今回が初めてじゃないのね。私は、覚えてないけど。

で、とにかく驚くほどたくさんの効能があるらしいびわの葉。
なので、このびわ茶。しばらく飲み続けてみようかと思っているところ。
(いいらしいものは、すぐに取り入れる主義なんで・・・)
今、飲んでいるのは祝島のびわ茶。
東京で買ったら、一袋¥1,050もしたけど、直販のネット販売もしてるみたい。
今度は、そっちで買おう。
てか、私には今、かなりうちにびわの木を植えたい症候群がでている。
でも、普通に食べたびわの種からも立派に育つというので(生命力強いのよ)、
こっそり、そこからはじめてみようかな・・・うしし。


参照サイト:体によく効くびわの葉パワー
祝島のネット販売サイト(びわ茶やびわの葉が売ってるよ!):祝島市場
[PR]
by chio-ringo | 2005-02-04 16:00 |
<< カネをかけずにお客をつかむ! ... 我が家の味噌作り ~寒仕込~ >>