梅干2005
今年も漬けたよ!梅干!!

黄色くて甘~いいい香りの完熟梅を、丁寧に洗って、
なり口(へたの部分)を楊枝でとって、
消毒したホウロウ鍋に、塩振ってだんだんと詰めていく。

b0054993_8384380.jpg去年、初めて漬けて、とても楽しくて簡単で、
しかも家族にも大好評の味しい梅干が出来た。
(写真は、去年漬けたもの→)
減塩とかじゃないので、本当にしょっぱいけど、
一年経つと、塩気もだいぶマイルドになって、
梅干自体もしっとりふっくらとなる。
去年のがまだ、残っていたけど、
2年物、3年物の梅干も食べてみたいな~と思って、
漬けました。来年も漬ける・・・予定。
本当に簡単だから、手作り梅干、かなりお薦めよ!

無農薬の玄米と、自分で漬けた無添加の梅干。
昔なら、それが当たり前だったんだろうけど、
今となっては、かなり贅沢な食事な気がする。
毎日、有難くいただいてます♪





:: 梅干の漬け方 ::

材料
黄色い完熟梅 1キロ
粗塩 180グラム
(梅の量によって、加減してね)

保存瓶(ホウロウや陶器など、酸に強いもの)
竹串(楊枝でも可)
消毒用の焼酎
清潔な布巾
重石

作り方
最初に、使う道具は、綺麗に洗って、焼酎などで消毒しておく。
(その焼酎は取っておく)手も、綺麗に洗う。

梅を丁寧に洗う。
布巾で、梅を一つ一つ拭きながら、竹串でなり口(へたの部分)を
丁寧に取っていく。取れたら、残してあった焼酎を梅に回しかける。
保存瓶に最初一掴み塩を振り、梅を並べて、塩を振り・・・をくりかえす。
ポイントは、上に行くほど塩の量を多くしていくこと!
最後に、塩をまんべんなく振り、重石をして(私は重たいお皿何枚かで代用)、
新聞紙をかぶせて、冷暗所へ。
梅酢が上がってくるまで、一日一回様子を見て、梅をゆすったりする。
そのまま、土用の日まで待つ・・・。

土用の日がきたら、天気のいい日を見計らって、
早朝、梅干をひっくり返しながら、三日間、梅干を並べて干す。
最後の日、梅酢も一緒に干して、まだ暖かいうちに、
綺麗にした保存瓶に、梅干と梅酢を戻しいれる。
完成。

すぐ食べられるけど、日が経つとどんどん美味しくなります。
後半戦(?)も、又記事にしますので、お楽しみに~♪
[PR]
by chio-ringo | 2005-07-01 09:08 |
<< 銀ブラ 私という人間 >>