戦後60年。
この夏、結局何処にも出かけられなくて、
でも、なんだか自然にとても触れ合いたくなって、
旅に行こう!何処でもいい!!と思っていたら、
家のテーブルに上にチラシがおいてあった。

「原爆の図丸木美術館存続への支援のお願い」

え!丸木美術館、やばいの~!!
慌てて母に聞いたら、どうやら丸木夫妻がなくなった今、
とても現状が厳しいらしい・・・。
これは、行かなければ・・・と思い立って、行ってきました。

丸木夫妻が描いた、原爆の図という絵は、
きっと誰でも一度は目にしたことがあるんではないだろうか?
真っ黒な墨で描かれた等身大の原爆の図。
大人も子供も赤ちゃんも、死んで折り重なり、川に浮かぶ。
焼け出され生き残っても、皮膚はやけどでただれ、剥がれ落ちる。
もう、言葉では言い表せない。
現実にあったこととは到底思えない。

幼い頃、つれて行かれた丸木美術館は、
川が近くに流れ、とても自然が大きくてすごく好きだった。
でも、原爆の図はとてもとても恐ろしくて・・・。
見たくないと思いつつも、見なければいけないという複雑な思いが入り乱れていた。

大人になった今みる原爆の図は・・・。
やっぱり、恐ろしかった。
戦後60年。
逃れられない忘れてはならない過去がある。
世界平和を・・・!ただただ、私は祈るばかりです。

b0054993_11193094.jpg
丸木美術館の周りの自然は、昔とちっとも変わってなくて、とても平和だ。
いろんなものをチャージできたと思う。
家からは結構遠くてなかなか行けないけれど、
秋になったら、また行こうと思う。



------------------------------------------------------------------

b0054993_1121625.jpg財団法人原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
tel:0493-22-3266
fax:0493-24-8371
e-mail:marukimsn@aya.or.jp

開館時間  午前9時~午後5時
(12月~2月にかぎり午前9時半~午後4時半)
休 館 日 月曜日(祝日の場合は翌平日) G.W.、夏休みは休館日なし
年末年始  12月29日~1月3日
入 館 料
(税込)  一般 団体(20名以上) 障害者
大人 735円 630円 350円
中学生・高校生 525円 420円 250円
小学生 350円 250円 175円

交  通 ●●東武東上線、森林公園駅下車3.5キロ
タクシー12分(駅南口)、徒歩50分、レンタサイクル20分(駅北口)
●●東松山駅東口より、市内循環バス「唐子コース」運行(日祝除く)
「浄空院入口」下車 徒歩5分
 (東松山駅→浄空院 8:15,10:45,13:08,14:03,15:56)
 (浄空院→東松山 11:28,13:42,14:46,16:30)
●●関越自動車道、東松山インターより小川方面10分(詳細は下記)
●●日曜祝日に限り、丸木美術館―森林公園駅間の無料送迎あり
定員5名、前日までに予約が必要です。
電話(0493-22-3266)でお願いします。
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-07 11:30 |
<< 丸木スマの絵画展 ルイボスティーの利用法 >>