秋の空の下にて
先日、版画展と石鹸の販売をした友達がらみで、
最近はいろんな展示会に行って(連れて行かれて?)いる。

私は、今じゃ絵を描いたりしないけど、アート的なものに触れるのが大好きだ。

だからね~、そういうものに囲まれていると、実際かなりわくわくしてくる。
デザインフェスタのフライヤーとかみて、デカイコトをしてみたい!と、本気で考えてみたり。
でも、日常は石鹸作りやウクレレの日々で、言ってる事とやってる事違うじゃん・・・と思われがち。

私は、思い立ったらすぐやってしまえという感じで、
色んなことを始めるもんで、「何!又違うこと始めたの?!」言われたりもするんだけれど、
実は、自分の中では全て繋がっている。
何かをやり始めたら、その先で出会った何かをしたくなってしまう。
今まで全てそうで、今やっていることもそうだ。
根本では、幸せとか楽しさとかを充分味わいたいんだとおもう。
たぶん、色んな形で色んなことを通してそれをやっていくんだろうな。

そんな話をしていたら、
人生は何もしないでいるには長すぎるけど、全てをするには短すぎるって、
誰かの言葉を友達に言われた。本当にその通りだよね。

この世知辛い世の中を渡っていくには、
小さな幸せとか楽しいこととかを一つ一つ摘み取って、
自分の中に貯めていって・・・。
私にとって、これも生きていく一つの術なんだな~と思った
秋の空の下でした。

b0054993_15165921.jpg

[PR]
by chio-ringo | 2005-10-25 15:24 |
<< 秋の夜長に・・・ポロンポロン プラート美術の至宝展 >>