小梅のカリカリ漬
今年は、小梅のカリカリ漬を作ってみました。
これは、梅干よりもさらに簡単に漬けられるので、忙しい人にも、ぴったり。
でも、もう小梅のシーズンは終わっちゃかな?
(もうちょっと、早くUPすればよかった・・・。)


b0054993_15492875.jpg小梅のカリカリ漬
材料:
小梅500グラム(なるべく固めを選ぶ)
塩50グラム(塩は、小梅の10%)
卵の殻1個分(薄皮を取って、天日に一日乾かす)
ホワイトリカー1/8カップ
重石一キロ

小梅を、1、2時間水につけてあく抜きする。
ざるにあげて、なり口(梅のおへそ)を竹串でとる。
きれいな布巾やタオルで小梅の水気を拭き取る。
消毒した容器に、塩→小梅→塩→小梅と漬けていく。
半分くらいでガーゼに包んだ卵の殻をいれる。
最後に塩を多めにふる。
ホワイトリカーをまわし入れる。
容器を振って、上と下を入れ替えるようにゆする。
重石をして、冷暗所に保存。
梅酢があがるまで、一日一回くらいゆすりましょう。

一週間ぐらいして、小梅の色がモスグリーンになったら食べられます。
重石は、しなくても漬かるけど、長く保存する場合はした方がいいです。
半分に赤紫蘇を入れて、赤と青のカリカリ漬を作るのも楽しい。
*卵の殻は、必ずいれてね。
[PR]
by chio-ringo | 2006-06-27 16:07 |
<< L’OCCITANEのお香 一条ふみさんの自分で治す 草と... >>