京都大阪旅行日記 2日目
昨日、たまたま久しぶりに会った友達に「京都行ってきたんだよ~」って自慢したら、
「オレも行ったよ、祇園祭!」なんて言われて、びっくり。
そんなこともあるんだね。奇遇すぎるよ。
というわけで、京都大阪旅行日記、2日目スタートです!

------------------------------------------------------
7/16 琵琶湖→京都大原三千里→寂光院 2日目
------------------------------------------------------
朝、7:00起床。ホテルのパンとジュースだけという超簡単な朝食を食べてから、おじの運転する車でまずは琵琶湖へ。おじが「どうしても見せたかった・・・」という琵琶湖は、想像を絶するくらい大きくて広くて深くて堂々としていて、海みたいだけど海とは違う静けさで、なんだか眺めているだけで包み込まれてしまった。ちょうど、蓮の花のシーズンで、これまたすごい勢いの蓮の群生も見ることが出来た。
b0054993_22484659.jpg
「ほころぶ蓮の花」

琵琶湖は、一昔前、文明の発展と共に生活排水や工業排水でどんどん汚れていってしまったそうな。それを危惧した琵琶湖周辺に住む人々が、積極的に「琵琶湖を守ろう」という運動してどんどん琵琶湖が綺麗になっている・・・という話を聞いた。現に、蓮だけじゃなくジュンサイのような水草が水面にたくさん広がっていたし、釣り糸を垂れる人達をたくさん見かけた。風力発電(私は風車と呼んでいるのだが)もちゃんとくるくる回ってた。
b0054993_22552614.jpg
「琵琶湖の風車」

それから、大原の三千院へ。私の母は、京都といえば「京都~♪大原、三千院~♪」と必ず歌うほど三千院が好き(?)らしく、また、私も今回は「絶対京都の山の方のお寺に行きたい!」と思っていたので、そんなこともあって三千院に行く事になった。町を抜けて、比叡山や鞍馬山を眺めながら大原へ。雨が降り止んで、比較的涼しくなった濡れた山道を歩いていく。おみやげ物屋さんと川の間の道を登っていくと、ようやく三千院についた。まずは、院内へ。ココは、お庭が素晴らしくて、縁側(?)には赤い敷物が敷いてあって、お茶が飲めるようになっていた。なので、もちろん一服。お茶を出してくれたお坊さんが「朝方は雨が降っていたけれど、今は晴れて~。いい時に来はったな~。緑が映えてみえますやろ。」と。確かに。緑がすごい。
b0054993_2256618.jpg
「三千院の縁側にて」

そして、境内を散策。ここには驚くほど可愛くて小さなお地蔵様がいる。2体で寄り添っていたり、満足げに顔だけ覗かしていたり・・・。首をかしげているこんな可愛いお地蔵様達を私ははじめて見たぞ。
b0054993_22564443.jpg
「連れて帰りたくなりました」

お昼。三千院のお蕎麦屋さんで昼食。昼食を食べていると、だんだん雨が降り出してきた。朝から天気が悪かったけれど、とうとう降ってきてしまった。けれども、しょうがない。傘を差しつつ寂光院へ向かう。この素敵な名前のお寺。元は尼寺。第3代の尼さん、建礼門院徳子が有名。平成12年の火災で本尊(六万体地蔵尊)や樹齢千年の名木が損傷した(今は復元された本尊)。けれども、その庭園は今でも本当に美しい。
b0054993_22572244.jpg
「雨の寂光院」

本降りになってきた雨の中、雨宿りをする。境内に腰掛けて小一時間程を過ごした。途中、雷がなってきたりしたけれど、雨の中、みんなでぼーっとお庭を眺めた。雨の音と匂い。するする流れる雲。時々光る雷とその雷鳴。お地蔵様に守られて、ものすごく贅沢で濃い時間を過ごした。本当はいけないことかもしれないけど、はじめてお寺でごろっと寝転がったりもした。(お寺で寝転がるの、夢だったんです。)

それから、京都市内へ。本当は宵山をみようと思っていたんだけど、雨がすごかったし、明日のメイン山鉾巡行の為に早起きをすることになっていたので、ホテルに帰ることに。宵山でみられる各家の家宝!とか見たかったけどね。夕食は、ホテル近くの焼き鳥屋さんで、みんなで焼き鳥をもりもり食べました。

よっしゃー!明日は6時起きだー!

つづく・・・
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-23 22:42 | 旅・自然・自転車
<< 京都大阪旅行日記 3日目 京都大阪旅行日記 1日目 >>