Let's try! マカロン
マカロン。メレンゲで作る、砂糖菓子。
はじめて食べたのは、2~3年前だったかな。
友達が、プレゼントしてくれたマカロン。
はじめてみたときは、そのコロンとした可愛さに驚き、
散々迷って「じゃあ、これ!」と手にとって、
そおっと口に入れてさらに驚いた。
周りはさくさく、中はしっとり。
色々食べたら、味にもきちんとバリエーションがあって。
それ以来、大好きなお菓子になりました。

そんなマカロン。まさか、自分で作るとは!
きっかけは、いつもの本屋さんで見つけた本。

「I Love マカロン」

卵白と粉糖とアーモンドプードルが基本のマカロンは、素材がシンプルながら、
何度作ってみても上手くいかない・・・というほどの難しいお菓子。

けれど。
その、私にはじめてマカロンをくれた友達は、やっぱりマカロンが大好きで、
その子の誕生日プレゼントに、どおしても作ってあげたい!と思ったのです。


b0054993_15244766.jpgはじめて作ったマカロン。

「ココアマカロン」

予想通り、失敗です(笑)
亀の甲羅のようです。
失敗の原因は、おそらく、メレンゲもマカロナージュも混ぜ方が足りなかった、乾燥させすぎた、焼きすぎた、コーンスターチ入りの粉糖を使った・・・などなどです。


b0054993_15243483.jpgそして、2回目。
リベンジ!

「抹茶マカロン」

前回の失敗をふまえて、生地はしっかり混ぜました。焼き方も、変えてみました。そしたら、ちゃんとピエ(ふちのひらひら)が出来ましたよ。
けれど、今回は焼き方が足りなかったみたいで、ちょっと生焼け。
そして、粉糖がコーンスターチ入りのしか売ってなくって、またそれで作ったので・・・。
やっぱり、ひび割れますね。でも、16個中、5個くらいはセーフだったので、
粉糖をちゃんとすれば、いけるんじゃないか?!という希望はみえました。
(写真、黒はこしあん、白はホワイトガナッシュをはさんでみました。)


マカロンにも色々な種類があるんだけれど、
目指すはやっぱり「マカロン・パリジャン」(素敵な響き・・・)。
丸くてコロンとしていて、つやがあって、ピエがあって、周りはかりっと中はしっとりと・・・が、
目標なのです。とりあえず、自分流にアレンジするのは、ちゃんとパリジャンが焼けるようになってからかな~。まだまだ、マカロン道は長そうだ。

というここで、このシリーズは続きます(笑)
[PR]
by chio-ringo | 2007-04-15 16:08 |
<< しゃばけ   畠中恵著 本所深川ふしぎ草紙   宮部みゆき著 >>