英国旅行レポート ~アフタヌーンティ編~
イギリスに行ったのならば、絶対すべきだと、むしろ一番の目的だといっても過言じゃなかった、「イギリスでアフタヌーンティを楽しむ」編です。(すでに題名変わってるのは、気にしないで下さい。)

旅行の中で、イギリスの一般家庭にお邪魔して、アフタヌーンティをご馳走になって、色々お話を聞く機会がありました。

お邪魔したのは、スパロウ家です。

石畳の美しい町。小川が流れる傍の坂道の途中に、スパロウさんのお宅がありました。石塀の木戸をくぐると、勢いのよいグリーンが!ガーデニングが好きだというスパロウさんのお庭は、色んな種類の植物が植えられていて、日本の桔梗や牡丹や芍薬なんかもありました。それが自由にまぜこぜになって、きっちりと整えられているお庭ではないけれど、そののびのびとした感じが、スパロウさんの人柄も表しているようで、とても素敵。

「まずは、お茶を・・・」ということで、ダイニングに通されました。スパロウさんのお家は、2つ並んでいて、お邪魔したのは築300年以上のお家。それを証明するかのように、1628年と書かれた棚や昔冷蔵庫の代わりに使われていた冷暗室、暖炉などもありました。(ちなみにいまだ現役です。)

そして、アフタヌーンティです。お茶は、インディアンブラックティ。お菓子は、ショートブレッドとラズベリーのクッキーを頂きました。お菓子は、なんと夫人のお手製!で、これが本当に美味しかったの~♪

アフタヌーンティといえば、スコーン!と思っていたんですが、スコーンよりもこのショートブレッドが一般的のようです。結局、イギリスにいる間、スコーンには一度もお目にかかりませんでした。ということで、ショートブレッドのレシピはしっかり教わってきたので、今度作ろうと思っております。
[PR]
by chio-ringo | 2007-07-19 16:52 | 旅・自然・自転車
<< ホームパーティーっていうか家飲... 英国旅行レポート ~建物編~ >>