素直に生きる
いいことの次には、悪いことがあって、
悪いことの次には、いいことがある

そう思いながら、過ごしていた時期がある。
だから、いいことがあると、次に起こる悪いことにびくびくしたりした。

幸せを恐れるものは、幸せになれない

こんな言葉を聞いたとき、ああ、私は幸せになれない人間なんだろうなって思った。
幸せになる人って、自分はそうなるんだって信じてるもんだからね。

でも、最近は、いいことがあったら素直に喜べる。
悪いことがあっても、必要以上に落ちこまない。

自分のコントロール出来ない事で、結果が決まるんじゃなく、
全ては、自分のしてきたことの結果だと思うようになったから。

今、与えられたことを一生懸命すべきである。
本当は、悩むことなんて一つもない・・・。
だけどね。

人間は考える一つの葦である

一生懸命、考えることがか弱い人間の人間たらしめていることだとも思うから。
悩むことも、時にはあり・・・なんじゃないかな。
じゃないと、成長とか感動とかないもんね、きっと。

ただ、今日、一つ得た事として。

素直に生きるということ。

ああ、これが今の私に必要なテーマなんだなと。
ある映画を観てて思ったんですけどね。
社会とか、世間とか、常識とか、そういったものって、
いつの時代もちょっと捻じ曲がっているというか。
その時々で、移ろい変わっていくもの。
そういったものは、本当の正義とか正しさではないから。

じゃあ、何を信じればいいの?って、それは、自分です。
素直に生きるって言うのは、自分を信じて生きるって事。

まあ、今の私に足りてない部分であるので、言葉にしてみました。
[PR]
by chio-ringo | 2007-08-07 01:10 |
<< 手作り布ぞうり 四季柑シークワーサー >>