2005年 07月 31日 ( 1 )
腰力(こしぢから)
だいぶ前だけど、世界一受けたい授業という番組に、齋藤孝先生が出ていた。
齋藤先生は、大好きなんだけれど、そこでの授業で取り上げられていたのが、「腰力(こしぢから)」。

齋藤孝先生いわく、近年、増えているキレる人達。
これは、集中力が欠如してしまった結果起こる現象だということ。
腰が前に出ていたり、前屈みになっていると血液の流れが悪くなり、脳が酸欠状態になる。
それによって、イライラしたりムカついたり、エスカレートするとキレるという事になる。
しかし、腰が安定していれば集中力が高まり、よってキレるという事がなくなる。

太極拳でも、東洋医学でも、本当に「腰」というのは、大切。
なんてたって、人間の体の中心部分だからね。
腰が弱ると生命力も弱る・・・といっても過言じゃない。

で、その「腰力」を鍛える方法として取り上げていたのが、「四股(しこ)」。
お相撲さんが踏む、アレです。
私の友達に、相撲をしている子がちょうどいて、これは教わるっきゃないよね!

四股の踏み方
1、足を広げて立つ
2、腰を落とす
3、右に体重をずらして、左足を持ち上げる
4、左足を持ち上げたまま、右足をしっかり伸ばす(ここがポイント!!)
5、その状態で1,2と数える
6、足を下ろす
これを左右繰り返してやる。
足が太くなりたい男の子は、足を下ろすときどすんっとしてもいいけど、
足が太くなりたくない女の子は、足を下ろすときは、そっと下ろしましょう。

四股を100回くらい踏むと、かなりいい運動になるというので、
100回踏んでみた。
・・・何事も、いきなりはいけないね。しばらく、足がプルプルして困った。
案の定、次の日は筋肉痛です。

最初は、50回位から始めるといいかも~。
腰力を高めて、どっしりとした人間になりましょう!!


参考:
齋藤孝先生の驚異の身体改造~キレる原因は“腰”にあり~

[PR]
by chio-ringo | 2005-07-31 22:43 | 生活