カテゴリ:茶( 24 )
食後の~セージティ~
b0054993_23123495.jpg今日の食後の一杯は、セージティを淹れてみた。今日ももちろん、シンプルズ。セージには、たくさんの効能があって「不老長者のハーブ」の名も持つ。

刺激的な薬草の香り。独特の味と苦味。ハーブ初心者には、ちょっときつめのハーブかもしれないけど、冷え性とか生理痛とかひどい時に、やさしく体をいたわってくれる・・・。私にとっては頼りになるお茶。

このセージで作った石けんも、私の大のお気に入り。
肌を引き締めてつべつべにしてくれる。
私に合うハーブの一つだ。

セージの粉は、ネイティブアメリカンの人達が、儀式で使ったりもするそうだ。
知らないで使っていたけど、ここでまた、彼らと、あの大地と繋がるとは。
神聖なハーブ。これからも、大切に使おう。
[PR]
by chio-ringo | 2006-02-05 23:27 |
シンプルズのおいしさ ~ラベンダーティ~
b0054993_043786.jpg
ラベンダーをシンプルズでのんでみる。

普段は、ブレンドしたハーブティしかのまなくなっていた。
だから、ラベンダーティは、香りのみの苦めのティだと思っていた。
だけど、それは思い込みだったみたい。
久しぶりにのんだラベンダーティは、甘くやさしい味と香り。
ほんのりとした苦味の奥に、ピリッとした薬草の力強さもうかがえる。
薄いブルーとパープルの交じり合う、とても美しい色合い。
すごい好きなお茶だと改めて思った。

石けんにもコスメにもたくさん使うハーブだけど、
最近は、なんだかすいぶん乱暴に扱っていたな・・・。
こちらがきちんと向き合えば、それ以上に答えてくれる。
自然の力って、やさしくて奥深い。

ハーブ一つ一つの良さが分からなければ、
ブレンドしたときの良さも分からない。
しばらくは、ハーブティはシンプルズで試していこうと思う。


2006年2月4日。
ハーブの勉強、はじめました。

[PR]
by chio-ringo | 2006-02-05 01:00 |
台湾からのお茶土産
b0054993_9502821.jpg台湾からのお土産で、お茶を色々もらった。いつもは、台湾の烏龍茶を一袋買ってきてくれるんだけれど、今回は、市場の中にあるお茶屋さんで買ってきてくれたそう。色々な種類があるから、「喜びそう・・・(私が)」と思って、買ってきてくれたらしい。感謝感謝。8種類あって、緑茶(台湾人が良く飲む)と烏龍清茶と、ハーブティが6種類。緑茶とハーブを混ぜて飲むそうな。ハーブは、桂花(キンモクセイ)・迷迭香(ローズマリー)・洋甘茶(カモミール)・檸檬草(レモングラス)・花果茶(ローズヒップとハイビスカスとベリー系が混じったもの)・薄渮叶(ペパーミント)。桂花は中国茶でよくあるけど、普段自分で飲んでいるハーブが漢字で書かれているところがなんとも楽しい。まあ、普通に読めないけどね(笑)。台湾、楽しそー。いつかは、お茶屋めぐりしに行くぞ!
[PR]
by chio-ringo | 2006-02-02 10:12 |
ルイボスティーの利用法
b0054993_2153039.jpg前々記事で、ルイボスティーの効能について書きましたが、今回は、ルイボスティーの利用法をあれこれです。

その1、飲む。
まあ、これは普通にお茶として飲むってことです。
でも、ルイボスの効能や解毒効果を狙うんだったら、
やっぱり、夏でもホットでいくべし!もしくは、常温。
このままでも充分甘い感じのお茶だけど、
甘味を足すなら、蜂蜜かオリゴ糖がいいかもな。
オリゴ糖だと、更におなか(便通)にグー。

その2、化粧水にする。
ルイボスは、美肌のお茶。飲んでも塗っても、お肌にいいみたいです。
敏感肌の方や、アトピーやあせもの方に、安心して使える化粧水になると思います。
もちろん、子供に使ってもOK。でも、使うときはパッチテストしてね。
私の場合、そのままスプレーしても良かったけど、
乾燥が気になる人は、グリセリンや蜂蜜をちょろっと足すといいかも。
夏場、冬場でその辺は臨機応変に。
追記:保存は冷蔵庫で。1週間位で使い切ること!

その3、入浴剤にする。
ルイボスティーをそのままいれてもいいけれど、
一番いいのは、お茶を出した後の出がらしを、パックごとお風呂にいれちゃうって方法。
解毒作用があるらしいルイボスなので、
半身浴でじっくりと汗を出し、ルイボス効果で更に毒を出し、
みんなで綺麗になっちゃいましょう!
お勧めは、粗塩も一緒にいれることです。さらに、汗が出るよ。

その4、ルイボス石鹸を作る。
やりやすい方法としては、無添加の石鹸を買ってきて、それをすりおろして、
アツアツのルイボスティーで練って、乾燥させて作る石鹸もある。
これは、子供達とやると楽しい。
でも、私は、ちゃんとコールドプロセスで作るよ~。
どんな石鹸が出来るかな~。楽しみ楽しみ♪

その5、ルイボスティー寒天をつくる。
いまだに、寒天にはまっているので・・・。
ルイボスティー500mlに粉寒天4gで作ります。
これは、甘味を足したほうが美味しいかな~。
しかも、寒天&ルイボスでこれまた、おなかすっきりだね。

その6、洗顔する。
もう、この際、ルイボスティーで洗顔しちゃいます。
ルイボス洗顔を続けると、しみ、そばかす、くすみにいいらしいよ。
でも、私はもったいない症なので、
洗面器にルイボスティーを入れて、2~3倍に薄めて洗顔してます。
でも、充分香りがするので、効能もあるに違いない(・・・と信じたい)。


こんな感じで、毎日の生活に取り入れてます。
ほとんど、ハーブティーの使い方から引っ張ったものなんだけれどね。
でも、ルイボスの場合は、少ない茶葉で大量にお茶が出来るので、
やっぱり、お勧めは、ルイボス洗顔かな~。
この、そばかす達がなんとかなれば・・・と想いをこめて、
毎朝洗顔しております。
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-04 22:26 |
ルイボスティー
今年の春くらいに、初めて飲んだルイボスティー。
赤い綺麗なお茶で、とても美味しかった。
味も香りもとても好きだし、なんだか飲むと調子がいい感じがしたので、
それ以来、ルイボスティーを見かけるたびに飲んでいたけれど、
この度、ようやく茶葉を買って、家で煮出して飲むことにした。
私の中では、ワンランクアップ。

やかん(1.8ℓ)にお湯を沸かしてから、ルイボス(4g)をいれ、
5分から10分煮出す。そうすると、綺麗な赤いお茶が出来る。

味と香りだけで選んだお茶だったけど、
色々調べてみたら、とても効能の高いお茶だということが判明!

■ルイボスティーb0054993_10111096.jpg
南アフリカ原産のお茶。暑くて乾燥したとても厳しい気候のセダルバーク山脈一帯にだけ生息するマメ科の植物の一種。厳しい環境に打ち勝つため自らを鍛え、さまざまな健康によい成分をもつようになったといわれている。「不老長寿の秘茶」「健康と肌の美しさを守る飲み物」として、古くから語り継がれてきた。はじめは、緑色のルイボスを細かく切って叩き、陽射しをたっぷりと浴びせて発酵させる。


○ノンカフェイン、低タンニン・・・赤ちゃんからお年寄りまで飲める。

○活性酸素を抑制するSOD様作用を示すフラボノイドやケルセチンが豊富に含まれている・・・ストレスがたまったり、喫煙、激しいスポーツなどをする人によいらしい。

○お肌にいい・・・抗酸化作用をもつフルーツ酸を含む。お肌を健康でみずみずしく保つことが出来る。あせもやアトピーの子供にもいい。薄めたお茶を患部に塗布してもいい。

○胃腸にやさしい・・・消化を助けたり、便の軟度を調節したりする。アフリカでは、赤ちゃんの腹痛を止めるのに使ったりもするらしい。

○肝臓にもいい・・・お酒を飲む前、飲んだ後、ルイボスティーを飲むと二日酔いを防げるのだとか。お酒のルイボス割りもいいかもね。

○ミネラルが豊富・・・鉄、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルを多量に含む。ミネラル不足の現代人にいいらしい。


私は、飲むだけでなく、お肌にも活用しようと思っております。
それはまた、次回・・・。
(↑たくさん書いて、疲れちゃったらしい ^^;)
[PR]
by chio-ringo | 2005-08-30 10:11 |
お茶って偉大
b0054993_937941.jpg私がお茶好きなのを知っている友人が、
中国茶の工芸茶(花茶)のセットをくれた。

茶葉の固まりにお湯を注ぐと、ゆっくりゆっくり茶葉が開いていって、茶葉の花が咲く。
茶葉を糸でくくったりして作る工芸茶は、
味こそ普通の茶葉より・・・だけど、見た目の美しさは、それはもう涙ものだ。

とても頑張ったときのご褒美に。
落ち込んだときの元気づけに。

お茶の花を急須に入れてお湯を注げば、その香りと美しさで、
疲れた心も体も、一気に吹っ飛びます!
お茶って偉大だよな~。だから、大好き。
[PR]
by chio-ringo | 2005-08-24 09:51 |
我が家のための最強ブレンドハーブティ
b0054993_1128215.jpg最近知った、フューバーフュー。
これは、痛み止めとして知られているハーブ。
前の生理痛の時、ハーブティにして初めて飲んだんだけど、これが結構、よく効いた。
痛み止めの薬を飲まなくても、
多少痛みはあるけれど、普通に動けたもんね。
「こりゃ、すごい!」と愛飲中。


しかも、このフューバーフューは、うちの家族には、よく効くみたいで、
誰かが頭痛やら、のどの痛みやらがある時は、
このハーブティに助けてもらっている。

でも、痛くない時でも、いろいろなハーブとブレンドして、よく飲んでいる。
そのハーブの効能と合わさった時の味を考えながら、
数種類をブレンドするんだけど、
その時は、漢方薬を調合しているみたいで、かなり楽しい。

我が家のための最強ブレンドハーブティ
[PR]
by chio-ringo | 2005-05-15 12:13 |
中国茶館 香韻へ
友人に「今度、中国茶でも飲みに行きましょう」と誘われて、
銀座にある“中国茶館 香韻(シュンユン)”へ。

プランタンの並びにあるビルの3階。
店内はとても落ち着いていて、しっとりゆったりとした空気が流れている。
午後2時過ぎ。
お客さんは、私達以外に中国人の男性が2人。
お仕事の話をされているみたいだった。
(もちろん、中国語なので意味は分からず・・・)

私は、薔薇茶をオーダー。
ガラスの茶器に、茶葉と薔薇が浮かぶ。香りも味も、とても良かった。
友人は、バニラの香りのするお茶(名前が難しくて憶えられず・・・)を。
見た目は、中国茶の茶葉なのに、本当にバニラの香りがして、驚いた。
こちらは、茶器がフルセットできて、店員さんが中国茶の作法で淹れてくれる。
お互いが飲み比べれる様に、茶杯をもう一つずつつけてくれる。
だから、飲み合いっこ。この心遣い、有り難い。


b0054993_13155262.jpg彼女とは、まだ知り合って間もないけれど、
始めてゆっくり話が出来て、
お互いの夢がとても似ていて、
すごくやる気になったし、夢が広がった。
いつか一緒に仕事が出来るといいな。
お互いの課題を抱えつつ、これからも会おうと約束。

帰りに、プーアル茶と花茶と買う。
お茶は、少しずつ包装されているから、
たくさんの種類を試すのにいい。
その他にも、たくさんの茶器が売られていて、心惹かれる・・・。
ランチもやってるみたいだから、今度はそれもいただきたいな~。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-17 14:16 |
薬膳茶 =くこの実+烏龍茶=
b0054993_11345071.jpg普段飲んでいる台湾産の高山烏龍茶に、薬膳食材でおなじみのくこの実を加えた。
果たして、これを薬膳茶と言ってしまっていいのかというくらい簡単なお茶だけど、
くこの実を普段食べない私には、立派な薬膳茶。
赤いくこの実がぷかぷか浮いて楽しい。
味は、まぁ、烏龍茶。だけど、やわらかくなったくこの実を食べると甘くて、
いつもの烏龍茶がちょっと違った味わいに。
プーアル茶や紅茶でも、OK。

~淹れ方~
1、烏龍茶を茶さじ1、2杯(茶葉によって加減する)、カップに入れる。
2、さらに、くこの実を数粒入れる。
3、熱湯を注ぐ。
4、3分経ったら、出来上がり。
*色や味がなくなるまで、何杯も飲める。くこの実も一緒に食べよう!

【くこの実】強壮薬として疲労や無気力に。頭痛、目の疲労にも。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-31 12:02 |
びわ茶
b0054993_13241466.jpgこのびわ茶も、前々から気になっていたお茶。
川原亜矢子さんのシンプル・ビューティを読んだときに、
川原さんが愛飲していると書かれていた。
まぁ、飲んだところで川原さんみたいに
美しくなれる訳はないんだけど(当たり前だけど)、
美味しそうなお茶だったので、飲んでみたいと思った。
しかも、子宮の病気になってしまった愛犬のソレイユにも、飲ませているみたい。


b0054993_1324386.jpgとにかく、昔から、びわの木がある家は、
病気になりにくいと言われている。
そういえば、私が子供の頃は、
どこの家にも必ずびわの木があった気がする。
(そして、よくびわの実を失敬して食べていた・・・)
びわの実もいいんだけれど、
どうやら、びわの葉と種に、たくさんの秘密(?)があるらしい。

びわの葉療法とか・・・
[PR]
by chio-ringo | 2005-02-04 16:00 |