カテゴリ:食( 63 )
いちごパン (いちごジャム&クリームチーズ)
先日、仕込みました「いちご酵母」を使って、「いちごパン」を作りました。
いちご酵母は、4日で完成。
この時期、酵母やパンを作るには、気温的にとても良いんじゃないかと。
天然酵母で作るパンについては、昔書いたことがあるので、
そちらをみていただいて・・・。

自家製天然酵母でパン作り ~酵母編~
自家製天然酵母でパン作り ~パン焼き編~

今回の一次発酵は控えめな発酵。でも、本来はこれで良いんだと思う。
一次発酵では、生地が1、5~2倍になれば良いので、前回のアレは膨らみすぎだ(笑)
でも、どっちにせよ、ちゃんとパンは焼けます。
あと、最近は、酵母のエサとして、材料にプラスして、てんさい糖大匙1も加えてます。

今回の「いちごパン」は、いちご酵母でこねた生地に、
自家製のいちごジャムとクリームチーズを包みました。
いちごジャムは、いちご酵母で使ったいちごと同じいちごで、
「ついでにジャムも作るか!」と、勢いで作ったものです。
ジャムも、自家製で作ると美味しいし、安心なのでお薦め。簡単だしね。
私は、白砂糖は使わずに、てんさい糖やはちみつでジャムを作る。
綺麗な色は、出ないけれど、それこそ素朴なジャムが出来るのよ。

b0054993_12313697.jpg

こんな感じで焼けました。トッピングは、えごま。
焼く直前に、パン生地にぎゅうぎゅう押し付けました。
で、もし、ジャムを包むなら、汁気がないものがお薦め。
今回、ちょっと汁気が多くて、噴火してしまったのがあったので・・・^^;
しかし、もちもちとして、甘くて、とても美味しいパンになったよ。
このパンは、おやつに最適だ~。
[PR]
by chio-ringo | 2007-05-17 12:46 |
自家製天然酵母 ~いちご酵母~
いちご・・・。この甘い響き。
いちご、嫌いな人って滅多にいないんじゃないかな~。

春になって、いちごが甘い香りを放ちつつ店頭に並ぶと、
待ってましたとばかりに手に取ります。
しかしながら、もうすぐ春もいちごも終わり・・・。
甘い香りを惜しみつつ、 「いちご酵母」を仕込みました。
これで、「いちごパン」作るのです。

b0054993_14213199.jpg「いちご酵母」の作り方
材料:
いちご・・・小粒6~7粒(大粒なら4~5粒)
水・・・1カップ弱(いちごが浸るくらい)
空き瓶

作り方:
空き瓶を熱湯消毒しておく。
いちごを洗ってヘタを取る。
いちごと水を空き瓶にいれて、蓋をする。

暖かい場所(25度くらい)に2~4日。
一日一回蓋を開ける。(ぷしゅっといえば、いい調子。)
蓋を開けて、シュワシュワ~とたくさん気泡が出てきたら完成。

いちご酵母は、酵母液が赤くなってとても可愛いのです。
お試しあれ~♪
[PR]
by chio-ringo | 2007-05-13 14:36 |
かごめ食堂のシナモンロール
おそらく、この映画を観た人は、絶対食べたいと思うであろう「シナモンロール」。
ネットでレシピを探してみたらあったので、作ってみました~!

b0054993_1211359.jpg

映画をみていると、このシナモンロールを作る場面が出てくるんですが、
玉子入れて、砂糖、ミルク・・・までは分かるんですが、そのあとの黒いつぶつぶは?
あのほろほろしたものは?!と分からないものが2つありました。
それは、カルダモンと生イーストだったんですよ。
それが、分かっただけでも収穫。

で、砂糖はてんさい糖に代えて、カルダモンをすりこ木で粗挽きにして、作りました。
ちょっと、ミルクを入れすぎてしまいまいたが、なんとか完成。
あの、小指で成形する方法も真似しました。
カタツムリみたいでかわいい。

しっとりもっちりしていてうまい!となかなか好評。
レシピの分量で作ったら、いつもの倍の量で、シナモンロールが12個くらい出来てしまった。
余ってしまうかと思ったけど、みんなが食べてくれたので余らずにすみました。
シナモンとカルダモンの香りがたまりません。また作ってみたいパンでした。
[PR]
by chio-ringo | 2007-05-10 12:24 |
Let's try! マカロン2 & キャラメルアイス
Let's try! マカロンから引き続き、マカロンを作ってます。

b0054993_12473423.jpg
アールグレイのマカロン


この前に、ミントのマカロンを作ったんですが、写真がなくなっ・・・。
ミントのマカロンを作った時点で、見た目も、やり方も大体わかってきて、なかなかきれいなマカロンが作れるようになってきたんですが、普段、上白糖やグラニュー糖の甘いものを食べてないせいか、マカロンが異様に甘すぎる・・・。食べ過ぎると、だるいしにきびも出来るし、なかなか大変。なので、このアールグレイのマカロンは、メレンゲのときのグラニュー糖をてんさい糖にかえて作ってみました。結果、「やっぱり焦げやすくなる」「甘さも大して変わらない」ということに。やっぱり、粉砂糖をなんとかしなければいけないんだろうな~ということで、次回試してみること。

1、アーモンドプードルと粉砂糖の割合を変えてみる。
(アーモンドプードルを多めにして甘さを控えてみる)
2、てんさい糖を細かくして、粉砂糖の変わりに使ってみる。
3、スタバのココナツマカロンが美味しかったので、ココナツ入りのマカロンを作ってみる。
(3、は作り方には関係ないけど、一応メモ。)

しかも、マカロンは2日くらい置いたほうが落ち着いてきて、美味しいです。
1週間くらい持つので、プレゼントするときは、その美味しいときを狙って早めに作った方がいいね。

それから、マカロンを作るときに余ってしまう卵黄を使って、
アイスクリームをはじめて作りました。
b0054993_12475294.jpg
キャラメルアイス

「I Love マカロン」に載っていたレシピで作りました。
砂糖部分はもちろんてんさい糖を使いました。
案外簡単に作れて驚き。固まらせては混ぜ、固まらせては混ぜ・・・と繰り返すんですね。
手作りアイス。すごいさっぱりしていて、キャラメルのほろ苦い感じもGOOD!
夏になったら、もっといろんなアイスクリームを作ってみたい!
今度は、牛乳のかわりに豆乳を使ってみよう!
(写真は、バナナの上にキャラメルアイスをのっけたものです。超うま。)
[PR]
by chio-ringo | 2007-04-30 13:12 |
Let's try! マカロン
マカロン。メレンゲで作る、砂糖菓子。
はじめて食べたのは、2~3年前だったかな。
友達が、プレゼントしてくれたマカロン。
はじめてみたときは、そのコロンとした可愛さに驚き、
散々迷って「じゃあ、これ!」と手にとって、
そおっと口に入れてさらに驚いた。
周りはさくさく、中はしっとり。
色々食べたら、味にもきちんとバリエーションがあって。
それ以来、大好きなお菓子になりました。

そんなマカロン。まさか、自分で作るとは!
きっかけは、いつもの本屋さんで見つけた本。

「I Love マカロン」

卵白と粉糖とアーモンドプードルが基本のマカロンは、素材がシンプルながら、
何度作ってみても上手くいかない・・・というほどの難しいお菓子。

けれど。
その、私にはじめてマカロンをくれた友達は、やっぱりマカロンが大好きで、
その子の誕生日プレゼントに、どおしても作ってあげたい!と思ったのです。


b0054993_15244766.jpgはじめて作ったマカロン。

「ココアマカロン」

予想通り、失敗です(笑)
亀の甲羅のようです。
失敗の原因は、おそらく、メレンゲもマカロナージュも混ぜ方が足りなかった、乾燥させすぎた、焼きすぎた、コーンスターチ入りの粉糖を使った・・・などなどです。


b0054993_15243483.jpgそして、2回目。
リベンジ!

「抹茶マカロン」

前回の失敗をふまえて、生地はしっかり混ぜました。焼き方も、変えてみました。そしたら、ちゃんとピエ(ふちのひらひら)が出来ましたよ。
けれど、今回は焼き方が足りなかったみたいで、ちょっと生焼け。
そして、粉糖がコーンスターチ入りのしか売ってなくって、またそれで作ったので・・・。
やっぱり、ひび割れますね。でも、16個中、5個くらいはセーフだったので、
粉糖をちゃんとすれば、いけるんじゃないか?!という希望はみえました。
(写真、黒はこしあん、白はホワイトガナッシュをはさんでみました。)


マカロンにも色々な種類があるんだけれど、
目指すはやっぱり「マカロン・パリジャン」(素敵な響き・・・)。
丸くてコロンとしていて、つやがあって、ピエがあって、周りはかりっと中はしっとりと・・・が、
目標なのです。とりあえず、自分流にアレンジするのは、ちゃんとパリジャンが焼けるようになってからかな~。まだまだ、マカロン道は長そうだ。

というここで、このシリーズは続きます(笑)
[PR]
by chio-ringo | 2007-04-15 16:08 |
春の味覚 「ノビル」
先週末に、近所の土手にてお花見をしました。
その日は、とても晴れて暑いくらいで、絶好のお花見日和。
みんなで一品づつお弁当を持ち寄ったり、友達の誕生日を祝ったり・・・。
最後には、うちのワンコ(犬)まで出動して、とても楽しかったです。

そんな中、私的に大ヒットだったもの。
土手の道を歩いていると、何かを掘っている人たちが・・・。

「あ!ノビルだ!!」

「ノビル」とは、春になると生える野草で、
私の好きな漫画の中に、春の味覚としてのっていたんですが、
道草・・・といえど、これまで見かけたこともないし、もちろん食べたこともなくて、
実は、ずっと食べてみたいと思っていたんです。
「きっと、土手には生えているに違いない・・・。」と思いつつも、
どれがなんだか分からない私は、手の出しようがなかった。

その、憧れの存在が、目の前に!!
その日、はじめて会ったお友達が、ノビル採るのが上手で、
「ねぎっぽい葉っぱだよ」とか教えてくれたり、
嬉しくて騒いでいたら、通りがかったおばさんが、
「お味噌にみりんをたらして混ぜたのにつけて食べると美味しいよ」とか教えてくれたり、
嬉々として家に持って帰ったわけです。
b0054993_1657132.jpg


食べられる野草とか、薬草とか、きのことか、そういうの知ってるのって憧れます。
こういうのは、本ばかり読んでいても駄目なもの。
自然の中に出て、どれだけ自然と接したか・・・の結果だと思います。
食べれるものって、何もスーパーに売っているものだけじゃない。
思えば、幼い頃は、近所のビワやキイチゴを採ったり、ツツジの蜜を吸ったりしてたな~。
今度は、ヨモギやツクシを採りに行きたいです。


P.S.「ノビル」、とても美味でした~♪
[PR]
by chio-ringo | 2007-04-08 17:11 |
バナナケーキ ラムいちじく入り
家にあったバナナが日に日にどんどん完熟していくのを見て、
バナナケーキを焼きたくなりました。
そういえば、この前もクリームチーズのバナナブレッドを作ったけど、
今回は、バターを使ったしっかりしたバナナケーキです。
しかも、ラム漬のいちじく入り。
本当は、ラムレーズンにしようと思ってたんだけど、
家にあるはず・・・と思っていたレーズンが見当たらず・・・。
なので、たまたま買って来た干しいちじくを一晩ラム酒に漬けて、
ラムいちじくを作り、バナナケーキに混ぜ込みました。
そして、イメージ的に、バナナを丸く飾った丸いケーキがポンと出てきたので、
いつも使う、パウンド型じゃない丸い型を使って(探し出して 笑)焼いてみました。
それがこれ↓
b0054993_16101177.jpg

焼いてるあいだは、どうなるかな~と思ったけど、
イメージ通りに出来たので、びっくり&嬉しかった。
しかもね、本当に美味しかったのよ~!
バナナケーキは、好きで何度も焼いてるけれど、上位に確実に入ります。
いちじくのプチプチした食感と焼いたバナナの香りと甘さと・・・もう、最高!

いつもより気持ちバナナを多めに入れたのが良かったのか、
完熟しすぎ?バナナが良かったのか、ラムいちじくが良かったのか・・・。
焼きたても美味しいけど、一晩置くとしっとりと味が落ち着いてまた美味です☆
b0054993_16102145.jpg

[PR]
by chio-ringo | 2007-03-15 16:29 |
ベーグル ~チーズ・ハーブソルト~
最近、小麦粉づいてます。

とり付かれたかのように、無性に何かを作りたくなって、
ケーキやらクッキーやらパンやらを焼いています。
例えば「甘いものが食べたい!」って思ってお店に入っても、
「・・・こんなお菓子を買うより、自分で作った方が美味しいよね」って思ってしまって、
材料コーナーに走る。
なので、最近の我が家の小麦粉消費量が半端じゃない・・・と思う。
毎日のように、何かしらをこねこねこねこねしとります。

で、先日、これまた無性にサーモンとクリームチーズをはさんだベーグルが食べたくなって、
ベーグルを焼きました。
b0054993_10283022.jpg

とろけるチーズとグリーンハーブソルトをトッピングして焼いてみました。
画像も大きければ美味しそうに見えるかなって思って、大きくしてみました。
(ちょっと、うざいか?)

今回は、天然酵母ではなく、普通のドライイーストを使いました。
とにかく、サーモンとクリームチーズのベーグルを食べられて、私はとても幸せ☆
今度は、何はさんで食べようかな~。
[PR]
by chio-ringo | 2007-01-31 10:35 |
チョコチップベイクドチーズケーキ
気が付けば、あっという間にクリスマスですね。みなさん、どのようにお過ごしなんでしょうか?私は・・・。この日にブログ更新している辺り察してください。。。いやいや、夜は母のクリスマスディナーを頂きました。ワインも、いつもよりグレードアップのワインで。(200円くらいしか違わないけど。)

でも、クリスマス本当は大好きなんで、クリスマスっぽいことしようと、明日も働く迷える子羊たち(自分も含む)の為にチーズケーキを焼きました。仕事中にささやかなクリスマスパーティーです。このケーキは、乳製品も卵も使うので全ての人向きではないんだけれど、簡単なくせに人にはすごく喜ばれます。でも、レシピをいつもうる覚えなのでこの際、ちゃんと書いておこうと思って。今回は、子羊たちのリクエストにより、チョコチップ入りを作ってみました。

b0054993_275065.jpgチョコチップベイクドチーズケーキ

材料
・フィラデル○ィアのクリームチーズ・・・250g
(↑フィラデル○ィアがやっぱり美味しいです。)
・サワークリーム・・・100g
・てんさい糖・・・60g
・卵・・・1個
・レモン汁・・・大さじ1
・小麦全粒粉(小麦粉)・・・30g
・ビスケット・・・10枚くらい
・バター・・・40g
・チョコレート・・・25g


作り方
1、ビスケットを砕き、溶かしバターとよく合わせて、型に敷く。
2、クリームチーズをレンジで30秒くらい加熱して、
ミキサーに小麦粉とチョコレート以外の材料を
全部いれて混ぜ合わせる。
3、クリーム状に混ざったら、小麦粉を少しづついれて更に混ぜる。
4、最後に砕いたチョコレートを入れて、型に流し込む。
5、160度に加熱したオーブンで45分くらい焼く。

(追記)
いつもとちょっと違うマクビティの黒五というビスケットや小麦全粒粉等を使ったら、すごく面白い味のするチーズケーキになった。ナチュラル系というか、体によさそう(?)というか。チョコレートをもっと入れても良かったかもしれない。甘さはかなり控えめだった。「チーズ部分がもちもちしてて美味しい」って言われました。ともかく、美味しいチーズケーキになってました。みんなにも喜んでもらえたようで良かったです^^
[PR]
by chio-ringo | 2006-12-25 00:55 |
クリームチーズバナナブレッド
b0054993_1302394.jpg料理上手な友人たちの影響を受けて、いきなり作りたくなりました。久しぶりのお菓子作り。「あなた、いきなりどうしたの?」と言われるほど、久しぶりです(笑)。

作り方はパウンドケーキとほぼ一緒ですが、パウンドのバターをクリームチーズに変えたレシピです。私にとっては、バターもクリームチーズも大して変わらないファット感があったんですが、出来上がりは思った以上にさっくり軽くなってました。甘さも控えめで、ケーキというよりブレッドです。

小麦全粒粉とてんさい糖を使ったので、思ったよりブラウンに。形が、花輪くんの髪型のようになってしまいましたが、美味しいです。「ハーブティとこのケーキはいいかもしれない・・・」と、母の喫茶メニューが膨らんでました。

よっしゃ~!また、作ろう!!(褒めると伸びる子です 笑)
[PR]
by chio-ringo | 2006-11-23 13:20 |