カテゴリ:食( 63 )
ワンコも食べれるクラッカー
うちのワンコでも食べれるように、
砂糖や乳製品、卵を使わないクラッカーを作ってみた。


:: ワンコも食べれるクラッカー ::

材料 全粒粉・・・200グラム オリーブオイル・・・30グラム 塩・・・小さじ1/2 
人参・・・中1/3本(すりおろす) さつま芋・・・中1/4本(焼くか蒸す)

b0054993_13182150.jpg作り方 ①全粒粉と塩を混ぜる。
②オリーブオイルを加えて、しっとりさらさらになるまで、
更に混ぜる。
③半分に分けて、人参とさつま芋をそれぞれに加えて、
耳たぶの柔らかさになるまで、こねる。(水を足して調節する)
④めんぼうで、5ミリくらいの厚さに伸ばし、
生地にフォークで穴を開け、型で抜いたり切り分けたりする。
⑤200度のオーブンで10分から20分焼く。


要するに、全部の材料を混ぜてこねて焼くだけというもの。簡単。
オリーブオイルを菜種油や紅花油に変えると、マクロビクラッカーになる。
今回は、なかったのでオリーブオイルで作った。野菜も冷蔵庫にあったもの。
うちのワンコは、しっぽ振って食べてくれたよ。嬉しいのぉ~。
でも、あげすぎちゃ駄目なの。じいさんだし、お腹弱いから。

人間でも、もちろん食べれる。朝、ぽりぽり食べてきた。
そのまま食べても、豆乳とかかけても、砕いてスープに入れてもいいかも!
[PR]
by chio-ringo | 2004-11-12 13:32 |
今日のお弁当
いつもお弁当を作って、仕事に行く。
仕事の始まる時間が、結構遅いので、朝はゆっくり過ごせる。
というか、過ごす様にしている。

お弁当の中身は、いつも昨日の余り物とか、
レンジでチンするものとかを詰めるだけなんで。
朝から滅多に、お弁当用に作ったりはしない。
だから、そんなに苦じゃない。

けど、中身は一応、マクロビを意識して野菜中心で。
(でも、レンジでチンは駄目なんじゃ・・・)
お弁当だけは、唯一自分の為に作るもので、
他人の好き嫌いを考えないで作れる(詰めれる?)から。
まあ、超適当な日も多いけど。

b0054993_11454872.jpg
~今日のお弁当~

・玄米御飯+蕎麦ふりかけ+昆布の佃煮
・きんぴら
・豆腐ハンバーグ
・アスパラの胡麻和え

マクロビのプロの方から見たら、おかずが多いって言われそう・・・。
[PR]
by chio-ringo | 2004-11-07 11:53 |
マクロビきんぴらを作る
朝から、マクロビ方式できんぴらを作る。b0054993_12403127.jpg

マクロビオティックの料理方法は、
“一物全体”とか“身土不二”とかの考え方に沿って、料理をする。

“一物全体”とは、野菜を丸ごと食べるということ。葉も皮も全部。
だから、皮は剥かない。灰汁も取らない。

"身土不二”とは、自分の暮らす、その土地で取れた物を食べるという事。その土地で育った野菜は、その土地に暮らす私達に必要な栄養を蓄えているから。

マクロビオティックは、前から気になって、本読んだりしている。
色々な料理方法ってあるんだろうけど、
マクロビ方式料理は、一つに全てが詰まっている感じ。
野菜の切り方も、外側と内側が一口で食べれる様な切り方をする。

でも、誰に習ったと言う訳ではなく、マクロビもあくまで、無理せず続けているという感じ。
私は、完璧なマクロビアンじゃないので。

でもこうやって、料理をするのって結構好きかな。
頑張った分、美味しかったりするから。

このきんぴらは、この前作った時は、あっという間になくなった。
だから、又作った。自分が沢山食べたいので。
でも、皆が食べてくれるのって、ちょっと嬉しいよね。
[PR]
by chio-ringo | 2004-11-04 12:45 |