<   2004年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
漢方薬
去年の春、体調を崩してしまった時があった。
頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、だるさ・・・等。
その時は近所の内科に行って、検査した。でも、異常なし。
「自律神経系がちょっとね・・・」といわれ、「たぶん、ストレスが原因だろう」って。
(でも、そんな大変な仕事してないんだけど。)
そして、胃薬と軽い抗うつ剤を出された。「抗うつ剤・・・」って、ちょっと引いたけど、
「それで良くなるんなら!」って思って、飲んでいた。

けれども、飲み始めて数日後。なんと、不正出血!してしまった!!
今まで、不正出血なんて経験ないし、まじ恐ろしくなった。
もちろん、すぐに飲むのやめて、産婦人科へ。
その抗うつ剤は、ホルモン系の薬だったそうだ。
でも、そんな小さな薬の粒で、自分の体がこんなに反応して、変化してしまうなんて・・・。
そのとき、「薬って、恐い」って本気で思った。

それ以来、薬を飲みたくなくなった。
それまでも、月一回の生理痛の時には、飲まなければやってられなかったけど、
薬を飲みたくないので、その日は仕事を休んだりして、何とかしのいでいた。

けれども、今年の夏、その時と同じような症状が再発。
それは、前回よりもひどくって(特にめまいがね)、なかなか治らなかった。
(前回は、薬を飲まず、自力で治した)
でも、もう薬を飲みたくない。
そのとき、母に薦められたのが、漢方薬である。

More
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-28 16:47 | 生活
ROSEMARY&OATMEAL SOAP
b0054993_2335047.jpg我が家のローズマリーを大収穫した時に、そのローズマリーで石鹸を作る。ローズマリーを煮出した液を使って作る、ローズマリーの石鹸。

今回は、細かくしたローズマリーとオートミールを混ぜ込んで、スクラブ石鹸にしてみた。
けれども、やさしい洗い心地。

普段は、石鹸にあまり香りを付けないけど、
今回は、友達にプレゼントしようと思って、エッセンシャルオイルで香り付けをした。

香りの調合は難しく・・・。
過去に結構失敗しているので、慎重に行う。

ローズマリー、レモングラス、ティトリー、スイートオレンジ、薄荷・・・。
結果は、めずらしく大成功。
甘さと清々しさを合わせたような、すっきりした香り。
これなら、きっと喜んで貰えるだろう・・・たぶん。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-25 23:05 |
OLIVE&SEAR SOAP
オリーブオイルを100%使った石鹸は、泡立ちは少ないけれど、
丁寧に泡立てて洗っていると、お肌を大切に大切に包んで、
やさしくやさしく洗い上げてくれる。

この間、石鹸を作り始めた頃のオリーブ石鹸が出てきた。
作ってから、もう1年以上経っている。だから、少し茶色く変色してきているけれど・・・。

その洗い上がりは、それまで作った石鹸のどれよりも良かった。
熟成させればさせるほど、いい石鹸になるって、本当だったんだ。

b0054993_22481033.jpgだから、久しぶりにオリーブ石鹸を作った。今回は、シアバターも入れて。シナモンでマーブル模様も付けてみた。これで、多少変色しても大丈夫だね。

それを、2ヶ月熟成させて、やっと解禁。今使っても、とてもいい石鹸だけれど、さらにもう1年、熟成させてみよう。その頃には、どんな表情の石鹸になっているかな。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-25 22:49 |
クリスマスパーティー
高校時代の友人達と、クリスマスパーティーをした。

久しぶりに連絡を取ってみたら、
その中の一人が、いきなり妊娠8ヶ月目の妊婦になっていて、かなり驚いた。
本人は、みんなに妊娠した事を、教えたつもりになっていたらしい。
って、私は聞いてないよ~(汗)

なので、外には飲みになんていけないということで、
その妊婦さんのうちでパーティーをすることに。

アップルパイとポテトサラダを作っていって、
みんなで材料を買って、サラダやマリネやチキンを作る。
最近は、お酒やお菓子やアイスクリームを食べないようにしてたけど、
今日だけね・・・て事で(本当に今日だけか?!)、もちろんそれらも美味しく頂いた。

b0054993_17475155.jpg
しかし、その子のおうちは8階で、すごく見晴らしが良くって、日当たりも良くって最高だった。

久しぶりに、コタツでのんびり、
食べたり飲んだり・・・。
昔の話に花を咲かせて、楽しい時間を過ごした。


こういう仲間って、久しぶりに会ったのに、
全然久しぶりな気がしないのは、何故なんだろう?
彼女に赤ちゃんが生まれたら、また全員集合だ!
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-25 17:56
Pay Day   山田詠美著
双子の兄妹、ハーモニーとロビンの物語。

人と別れるとき、自分が一生、その人と会うのをやめようと決意することと、
その人を、この世から永遠に失ってしまうこと。それは、雲泥の違いだ。
2001年9月11日に起こった、米国同時多発テロ。
双子の兄弟の運命を、大きく左右していく。

ロビンは、彼女の大切な人を殺した人間が憎いという。
でも、その「人間って、誰?」とつぶやく。
目に見えない敵。行き場のない憤り。
それが、運命だったとしても、残された人間にとっては、
あまりに残酷な出来事であったと思う。

「生きていてくれるだけで幸せ。そして、生きていてくれただけで幸せ。」(本文より)

人を愛するというきもち。
本当はとても単純明快だけれども、それを忘れがちに過ごしてしまう日常。

「人との関係に永遠なんて有り得ないということ。もしも、永遠を作り出したいと思うなら、その答えは今にしかないということ。やがて、別れるかもしれないっていう不安を持つのは良いことだよ。ただし、それを幸せな気持ちのために利用しなくちゃ。」(本文より)

目をつぶりたくなる様なことが、なんと多い現実か。
それでも、生きようとするならば、私は前を向いて歩いていきたい。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-23 00:55 |
“ijime”
帰り道の電車の中。
隣に座った人が、「スイマセン、スイマセン」と話しかけるので、
振り向くと、スーツを着たガイジンサン!

(ガイジンサン、以下略ガ)「スイマセン、“ジジメ”ッテナンデスカ?」
(私〉「じ、じじめ?」

私が、訳分からずあたふたしていると、英字新聞を、指差すガイジンサン。
よ~く、見ると“ijime”と書いてある。

(私)「あっ!“イジメ”か!」
(ガ)「ハイ。(ニッコリ) “イジメ”ッテナンデスカ?」
(私)「はい、それは・・・ええっと・・・」

何を聞いているかは、分かったけど、“イジメ”の説明って・・・。
咄嗟に一言で返せるほど、私は利口じゃありません。

(私)「“イジメ”って言うのはですね、一人の子供を、周りの子がこう、攻撃するというか・・・
暴力を振るったりとか・・・・」
(ガ)「・・・ウ~ン、ムズカシイデスネ」

そういうと、席を立つガイジンサン。駅に着いたからね。
「アリガトウ(ニッコリ)」と言って、電車を降りていったけど、
絶対、“イジメ”の意味分かってくれてないと思う。

ちゃんと、説明できなかった自分が不甲斐無い。
なんてったって、卒論、教育問題について書きましたから、私。
まあ、それはだいぶ前だけど、もっと時間があったなら説明できたのに・・・って
負け惜しみ(?)に似た思いが湧き上がる。
自分が普段、社会の問題について、どれだけ何も考えてないかということを、
ズバッと思い知らされた気がした。痛いなぁ~。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-22 22:00
手作り!石鹸型&ソープカッター
b0054993_1363366.jpgいつかは欲しいと思っていた、木製の石鹸型とソープカッター。
木製の石鹸型は、石鹸が熟成する時にしっかり保温してくれるので、いいらしい。
そして、ソープカッターは、・・・ほら、ね。
石鹸切るの下手だから。こっちは、本当に、切実に欲しかった。
ツクツクさんの手作り石鹸のページに木箱の作り方がのっていたので、そちらを参考に。


作り方は、とっても簡単。
ホームセンターなどで木材を買って、カットしてもらって、木工ボンドでくっつけるだけ!
木工ボンドでくっつけるだけでも、重いものを乗せなければ大丈夫なんだそう。

More
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-22 13:15
白いバラ
b0054993_1210373.jpgわたしは、バラって柄じゃないけれど。

もう冬なのに、
こんな寒くなってきたのに、
立派に咲いております。
白いバラ。

やっぱり、あまりに美しいので、
家の前で見とれる、わたし。

これで、雪なんか降りかかってくれたら、
もう、言うことないよな。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-21 12:13 | 生活
横浜
b0054993_12345668.jpg昨日は、友達と横浜に行ってきた。ランドマークタワーとか、赤レンガ倉庫とか初めて行った。やっぱり、イルミネーションが綺麗で、キラキラでしたよ、本当に。赤レンガは、外観はとても雰囲気があって、いい感じだったけど、中は、ただのショッピングモールで、そのギャップにちょっと驚いた。私的には、アンティークとか骨董とか、なんかもっとこう、外観に合わせたお店とか商品とか置いてほしいな~と思ったり。(でも、しっかり楽しんだけど)


b0054993_12354596.jpgその赤レンガの外に、人だかりが出来ているので、なんだ?と思ったら、地面に天使やマリア像(?)の絵が、映し出されて、音楽と一緒に動いていた。
"GROUND ANGEL"という、石井竜也プロデュースの企画らしい。しかし、人だかりで全然見えなくて、写真も上手く撮れやしない。(言い訳)


b0054993_1236514.jpg

でも、一番印象的だったのは、ライトを取り付けている台に乗っかっていた天使の像。




b0054993_12524648.jpg

すごく見下げられていて、
しかも、目が青く光ってるから、かたっぽだけ。
かなり恐いから。気を付けて。




b0054993_12402614.jpgそれから、歩いて中華街へ。
飲茶が有名だという"菜香”で、ご飯を食べた。散々、迷って、飲茶のコースに。飲茶だから、量はそんなに食べてない気がしたのに、すごいお腹いっぱいになって、ちょっと残してしまった・・・。でも、はすの葉ご飯はちまき風だったので、お持ち帰りにしてくれた。夏場は駄目らしいけど。

~飲茶のコース(¥5,000)~
・焼豚、豚耳
・かにこ入りふかひれスープ
・海老のXO醤炒め
・海老のウエハース包み揚げ&にらのウエハース包み揚げ
・しゅうまい、にらしゅうまい、海老餃子
・海老の餅粉クレープ
・はすの葉ご飯
・マンゴープリン&杏仁豆腐
ウーロン茶、ジャスミン茶、プウアル茶からお茶を選ぶ。
(ここでは、ウーロン茶をチョイス)

b0054993_1302961.jpg
でも、中華街ってお店閉まるの早いのね。
9時半には閉店だって。
店でたら、ほかのお店も結構閉まっちゃってる。
でも、負けじと開いているお店に乗り込み、肉まんやら中国茶やらお土産も買った。
この前、うたばんで叶美香さんがお土産で持ってきていた、
亀ゼリーも売ってたので買ってみた。



b0054993_12375144.jpg
この、亀ゼリー。
買ったはいいけど美味しいのかなっていうか、
食べられるのかな・・・。
美香さんは、お肌つるつるで元気になるっておっしゃてたけど。
でも、これは亀度が低そうだから、大丈夫かな。分かんないけど。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-19 13:10
パレード   川上弘美著
「センセイの鞄」のセンセイとツキコさんが過ごしたかもしれない、
ある初夏の日の話。

「センセイの鞄」の続編という訳ではなく、あの2人の日常を、そっと切り取ったお話。
なんだか懐かしい気分になった。

「作者も知らなかった、物語の背後にある世界。そんなものを思い出しながら、
本書を作りました。」(あとがきより)

終わってしまった物語は、まるで思い出みたいに積み重なって、自分の一部になる。
救いの言葉は、いつでも必要なときに出会って、大切な言葉は、いつまでも心に残るものだ。
[PR]
by chio-ringo | 2004-12-16 16:20 |