<   2005年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
薬膳茶 =くこの実+烏龍茶=
b0054993_11345071.jpg普段飲んでいる台湾産の高山烏龍茶に、薬膳食材でおなじみのくこの実を加えた。
果たして、これを薬膳茶と言ってしまっていいのかというくらい簡単なお茶だけど、
くこの実を普段食べない私には、立派な薬膳茶。
赤いくこの実がぷかぷか浮いて楽しい。
味は、まぁ、烏龍茶。だけど、やわらかくなったくこの実を食べると甘くて、
いつもの烏龍茶がちょっと違った味わいに。
プーアル茶や紅茶でも、OK。

~淹れ方~
1、烏龍茶を茶さじ1、2杯(茶葉によって加減する)、カップに入れる。
2、さらに、くこの実を数粒入れる。
3、熱湯を注ぐ。
4、3分経ったら、出来上がり。
*色や味がなくなるまで、何杯も飲める。くこの実も一緒に食べよう!

【くこの実】強壮薬として疲労や無気力に。頭痛、目の疲労にも。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-31 12:02 |
レストラン 野菜畑 
表参道の駅を出て、青山通りを青山学院の方へ歩いてすぐ、
BLENZカフェの隣のビルの2階にある「野菜畑」というレストランに行ってきた。
外食するんでも、家で食べるんでも、最近は野菜、野菜。
野菜中心がモットーな私。だって、肉とか魚とかは気にしなくても食べるけど、
野菜って相当気にしないと、すぐ不足傾向になるでしょ?
目安としては、温野菜なら一掴み、生野菜なら一掴み+半分を、
朝・昼・晩の食事でとるということ。

そこで、表参道をうろうろして見つけたのが、このお店。
価格もかなりリーズナブルで、ボリュームだってある。
嬉しいのは、ほうれん草のおひたしとか、切り干し大根の煮物とかの
一品料理もあるところ。昼は、カレーが人気みたい。

b0054993_12171082.jpg「野菜畑」というだけあって、料理は野菜が美味しい。
店内も、ガラス張りで表参道の町がキラキラして、いい感じ。
産地直送の野菜も売っていて、ほうれん草を買って帰った。

後日、家でサラダにして食べたら、肉厚でやわらかくて、サラダにぴったり。こういうお店なら、外食もOKだと思った。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-30 12:34 |
一足お先に・・・
b0054993_12283487.jpg
東京の開花予想は、27日だったけど、桜はまだみたい。

それでも、うちにある切花の桜は、綺麗に咲いて、春を告げている。

お外の桜も、今日あたり開花するんでしょうか?

今年は、のんびりと桜の下でお弁当・・・をやってみたい。

(一人でね・・・笑)

[PR]
by chio-ringo | 2005-03-29 12:39 | 生活
シルヴィ・バルタン コンサート
b0054993_21384323.jpgシルヴィ・バルタンコンサートinオーチャードホール

行って来ました。母と。
あの、ANAのCMソングとか歌っている人。
私は、名前は知らなかったけど、曲はいくつか知っていて、
母に、猛烈に誘われて、行って来た。
母の青春時代を彩っていたらしい、シルヴィ・バルタン。


60年代~70年代の風靡したアイドルで、でも、アイドルだけに止まらず、
ビートルズとライブをしたり、イブ・サンローランに惚れ込まれて、
そのファッションが大流行したり、70年代をぶっちぎっていたと思われる。

今回のステージで初めてみさせて頂いたけど、
いやはや、昨年還暦を迎えたとは思えない美貌&スタイルの良さ。
(もう、お孫さんがいらっしゃるらしい・・・)
しかも、踊る踊る!よく息が切れないよな~と、心配してしまうほど。
アンコールだって、3回くらいやってくれた。かなり満足なすごい良いステージでした。
フランス語って素敵・・・。メスシィ~ボク~♪
衣装も可愛かったよ!
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-27 22:02 | 音・芸・映
全てを知りたいと思うこと
先日、久しぶりに何にも予定のない休日が出来たので、ここぞとばかりに友人を集めて飲み会をした。先月会ったでしょっていう人から、5、6年会ってないんじゃないかという人まで、実に様々で、すごい楽しかったの~!最初はね。でも結局、帰る頃には、珍しくブルーに陥っていた私。原因は、久しぶりに会った後輩だ。
(注:ブルーになる話なので、嫌な人は飛ばしてください!)

その後輩は、昼間アクセサリーを作って夜バイトをしている、一生懸命な子。私も、一時期アクセサリーを作っていて、その子を含め何人かと組んで、ライブやイベントに参加して、自分たちで作った物を売ったりしていた。それから、何年かしてるけど、今も頑張って物づくりをしている子もいるし、違う夢を見つけてそれを追いかけている子もいる。

その日も、後輩は自分で作ったオートクチュールの結婚指輪を見せてくれた。とても上手だったし、手作りならではの良さも出てるし、頑張ってるね~って話をしていたんだけど、そのうち、後輩は別の子に「一緒に仕事をしないか」といい始めた。でも、その話をよくよく聞いていると、どうもおかしい。
「自分の店を持ちたくなったから、お金を稼ぎたい」というのまでは分かるんだけど、
「自分の作ったアクセサリーを女の子に売ってもらう。しかも、10掛以上で。」なんて。
普通アクセサリーに限らず、物を売るときの値段って、3掛が基本。
「そのアクセサリーを10掛で売ったとしても、買ったお客さんが満足すればそれでいい」なんていい始めた。・・・・むむむ!おい、こら、ちょっと待て!!

続き(ちょっと長いよ・・・)
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-26 14:22
バッチフラワーレメディ
Bachのフラワーエッセンス2にトラバ。

ヨガと私の養生記のmatha31さんのブログで知った、バッチフラワーレメディというものを最近始めた。これは、「心の平安を取り戻したり、否定的な感情に対処するための、野の花や草木から作られた癒しのシステム」で、バッチのフラワー療法などと呼ばれている。1936年に、イギリスの細菌学者であったバッチ博士によって完成され、いまや全英では日用品として、また世界中で使われている。

レメディとは、よく晴れた日の朝、花や草木のエネルギーが一番高まる時にそれらを摘み取り、ミネラルウォーターを入れたガラスの器に浮かべて、半日太陽の光を当てて、花や草木のエネルギーをミネラルウォーターに転写したもの。これが、レメディの母液になり、ワインビネガーやウイスキーなどで希釈して、それを直接飲用したり、長期服用の場合は、更にミネラルウォーターで希釈して飲用する。レメディの種類は、38種類+レスキューレメディで、薬ではないので、副作用は全くなく、様々な療法や薬との併用が可能で、赤ちゃんからお年寄りまで、動物や植物にまで使える。
b0054993_13343174.jpg

花や草木に人を癒す力があるということ。これは、私も認めるところだ。なので、すごく面白いと思った。しかも、このレメディは、自分で選ぶことが基本(セルフヘルプ)。自分の心と静かに向き合って自分を知ること。自分の中のマイナス感情を知り、それをプラスに変えていくこと。そんな自然療法があるなんて知らなかった。とりあえず、気になるレメディをいくつか選んで、トリートメントボトルに数種類混ぜ、ミネラルウォーターで希釈したものを、1日4回、4適づつ(この回数も決められている)、飲み物に混ぜて飲用している。始めたばかりなので、その効果はまだ分からないけれど、しばらくは続けてみようと思っている。何事試してみるべし!だ。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-25 13:34 | 生活
なんとかのなんとか
もうすぐ、漢方講座の初級が終わる。
初めはチンプンカンプンだった専門用語も、
度重なるテスト&暗記地獄のお蔭でなんとか分かるようになり、
普段の生活も五行で捉えはじめ、
自分の体調を舌を見て確認したりするようになった。
(一般的には、かなり怪しい人なんだろーなーw)

でも、今のところ、家族や友達の話を聞いて、
肝が弱いだの、腎がやられてるなど、一応分かるんだけど、
じゃあ、どうすればいいの?って聞かれても、何も答えられない・・・このもどかしさ。
しょうがないんだけどね。基本を教わっただけだから。

とりあえず、今私が出来るアドバイスは、
・22時から2時は、なるべく寝ること。遅くても、11時には寝ること。
ちなみに、22時前なら何時に寝てもいいし、2時以降は何時に起きてもいい。
(例えば、22時に寝て5時に起きる。20時に寝て3時に起きるなど。)
・バランスよく食べること。野菜を多めで。
出来れば、血が不足の人(貧血やめまいなど)は、血を作るもの、
湿気が溜まっている人(下痢など)は、利尿作用のあるものを食べたりすると良い。
・毛糸のパンツを履くこと。
・半身浴をすること。
などなど。これで、乗り切っている。

中級に入ると、いよいよ、中薬学、方剤学。
昨日、辞書のような教科書を貰った。(重かった・・・)
方剤学で、ようやく漢方薬の名前が出てくる。
中薬学は、生薬についてで、植物はもちろんなんだけど、
虫とか、なんとかの骨とか、なんとかのなんとか(とても言えない)とか載っていて、
「漢方薬・・・すごすぎる!!」と鼻息を荒くしてしまった。
学ぶの楽しみだ。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-24 12:17 | 生活
自家製「大豆ピクルス」
b0054993_13351255.jpg酢大豆の言い方を変えて、「大豆ピクルス」と言ってみた。初めて聞く人には、その方が抵抗ないよね。
(でもいつもは、酢大豆、酢大豆って言ってるんだけど。)ついに、作ってみました。自家製の「大豆ピクルス」。作り方は、かなり自己流だけど、美味しく出来た。適当に作ったので、分量とかはメモってないけど、ご紹介。

~作り方~
①大豆を一晩水に漬ける。
②大豆の水気を切って、乾煎りする。
③大豆と昆布と唐辛子1~2本を瓶に入れる。
④寿司酢と普通のお酢と醤油を混ぜたものを、瓶いっぱいに入れる。2~3日、漬けたら出来上がり。

大豆の固さとか、お酢の味は食べてみて、調整してね。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-23 13:52 |
森山・新宿・荒木展
b0054993_1282595.jpg
「森山・新宿・荒木展」
会場:東京オペラシティアートギャラリー
期間:2005年1月15日~3月21日


昨日が最終日だってことに、3日前に気付いて、
なんとか見逃すことなく、行ってきた。「森山・新宿・荒木展」。
急な思い出し方だったので、もちろん一人で行ったんだけど、行って正解。
なんてたって、新宿っ子ですから、私。
その新宿を、あのアラーキーと森山大道が撮ってるって言うんだから!
内容は期待を裏切らず、天井まで張り巡らされた写真。
新宿の町、風景、人、物、動物。
メイキング映像やアラーキーが撮った映像も流れていた。
「新宿の“愛”を撮ろう」と言って、
ホストクラブの看板にでかでかと掲げられた“愛”の文字を撮るアラーキーの姿が
印象に残った。

別の日に行った友達が、会場でアラーキーに会って、
声をかけたら「おう!」って返事してくれたらしい。
いい人だ。「東京日和」も最高だったよな。
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-22 12:35
モロッコ産ガスール =固形タイプ=
b0054993_1374070.jpg友達から薦められた、ナイアード社モロッコ産ガスール。ガスールとは、粘土のこと。粘土にも色々種類があるけど、その中の一つ。このガスールは、石鹸やシャンプー、メイク落とし、ローションの代わりに使える。使い方は、塊を少しのお湯や水で溶かし、泥のようになったら、肌や髪にやさしく馴染ませて、洗い流す。

友達が、このナイアード社のガスールが一番いいというので、試してみた。でも、私的には、粘土で体を洗うのは、初めてだったりする。石鹸シャンプーをしている人には、特にお薦めというので、全身を洗うべく、大き目の塊を3~4枚、お湯で溶かして使ってみた。

結果、う~ん、コレはなかなかいいぞぉ~!!
肌に付けて洗っているときも、スベスベ感はあるけれど、
最後に洗い流すときが、特に感動。全身がスベスベスベスベ~ってなっていく。
すごいなぁ、ガスール。
ガスールだけでも、充分洗浄力や保湿力がある。
髪も肌もしっとりすべすべで、かなりごきげん。
肌が弱い人や、荒れすぎたりして石鹸が使えない時には本当にお薦め。
ちなみに、「今度、このガスールで石鹸作ってよ」と、その友達から注文受けた。
おぉ、作ったるで~!!!
[PR]
by chio-ringo | 2005-03-19 13:54 |