<   2005年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ネパール生まれのリップクリーム
b0054993_16514116.jpg
ナイアード社ガスールにはまっていることは、
前記事でも書いたけど、
そのガスールのお徳用サイズが欲しくて、通販。
その時、前々から気になっていたこの「ネパール生まれのオーガニックリップクリーム」も買ってみました。


リップクリームは、自分で作るので、
久しく買ってなかったんだけれど、
オーガニックの素材を使って、ハンドメイドされた、
このリップクリーム。充分、使ってみる価値ありだと思っていた。
しかも、この木製の容器(こちらも手作り)が、かなりいいです。
使い終わったら、自分で作ったリップを入れて使うつもり。

香りも、シャクナゲとクスノキの精油を使っているそう。
使い心地も、香りも、見た目もかなりよい、リップクリームでした。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-28 17:04 |
八重桜
b0054993_15143047.jpg
染井吉野は終わったけれど、只今、八重桜が満開だ。
枝に、これでもか!って位に花が咲いて、
チアリーディングのボンボンを思い出す。(私だけ?)
八重桜でも、充分お花見できると思うんだけど、
なんで、お花見=染井吉野なんだろう?
やっぱり、上品さ加減かな~?八重桜、派手だもんね。
でも、八重桜も充分綺麗だし、
八重桜のお花見は、結構レアでいい感じ。
お花見の元々は梅の花だったと聞く。
綺麗なお花を愛でる心があれば、いいってことよね。

[PR]
by chio-ringo | 2005-04-24 15:41 | 生活
世界アースディ
b0054993_13552690.jpg今日(4月22日)は、世界アースディの日。
明日、明後日は、各地で色々なイベントがある。
アースディ東京2005・・・代々木公園や有明で行われるイベント。毎年参加してみたいと思っているけれど、仕事もちょうどかきいれ時で、休めなくて・・・。

なので、地球のことを自分なりに考えてみようと思う。最近は、前よりもだいぶ“毎日がアースディ”的な生活になってきたので、それをもう一歩進めたいな~と思っている。
自分の中で考えるだけでなく、身近な人と自然や地球のこと話したり、ごみ拾いやボランティアに参加したりね。

私が身にしみて思うことは、自分にやさしい生活は、地球にもやさしい生活だって事。
私は、石鹸を手作りするけれども、最初は自分の為だった。
人の肌にやさしくて、安全で、しかもチープに出来るもの。
それが、手作り化粧品だったり、手作り石鹸だったりした。
でも、自分のためを思って探した材料は、全て自然のもので、
それから出来たものは、使った後自然に戻っていく。
体を洗うための石鹸も、リンスする為のお酢も、歯を磨いたり、入浴剤になる重曹や塩も、
肌に潤いを与えるハーブ水も、乾燥を防ぐオイルも、何もかも・・・。
人に害を及ぼさないものは、自然にも害を及ぼさないものなのだ。

More
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-22 15:36 | 生活
人をみる
いよいよ本格的になってきた漢方講座。
人をみるっていうことが、中心になってきた。

西洋のお医者さんだと、患者さんが来た場合、
話を聞いて、症状のある部分を診て診察をするけれど、
中医学では、文字通り人をみる「望診(ぼうしん)」ということ最初にする。
その人の顔色、体系、姿勢、目線、肌の色艶、髪の毛、足の太さ等などを、
ぱぱっとみただけで、その人の体質や弱い部分などがある程度分かったりする。

例えば、顔色や肌の色。
色の白い人は、肺が弱い。肺が弱いとアレルギーになりやすくなる。
だから、喘息持ちの人はアトピーだったり、肌も弱かったりする(乾燥肌とか)。
黄色い人は、脾胃が弱い。少食だったり、食べても太れなかったり、
お腹を壊しやすかったりする。何かあるとすぐ胃にくる。日本人には多いよね。私もそうだし。
黒い人(黒いって言っても黒人さんじゃないよ。なんとなく、黒っぽい感じの人。)は、
腎が悪い。疲れやストレスが溜まっていたり、寝不足だったりする。
赤い人は、心が弱い。血圧の異常があったり、脈に異常があったり。
心筋梗塞や脳溢血などに注意だとかね。

なので、最近は人チェックをよくする。
電車に乗ったとき、前の席の人を、一人ひとりチャック。
「この人は、白いな~。肌もつやがないし肺が弱くて陰虚だろうな~」とか。
「この人は、赤いな~。太っているし、コレステロール溜まってんだろーなー」とか。
あと、通勤帰りのサラリーマンは、大抵黒いよ。顔色が。
「皆さん、ストレスや疲れが溜まってるんですね。お疲れ様です。」と、
人知れず思う、この頃。

ポイントは、あんまりじろじろみている感を出しちゃいけない事。
誰だって、じろじろみられるのは気分が悪いでしょ。
目線を動かさずに、上から下まで人をみれるように、日々訓練。
慣れてくると、結構出来るようになるらしい。これも、実践では大切なことなのです。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-21 13:17 | 生活
おから揚げ
b0054993_1693995.jpg最近、はまっているお菓子“おから揚げ”。
初めて食べたのは、豆腐カフェだったんだけど、
カリカリ、カリカリ、とっても美味しいのです。
砂糖は入っていないのに、
噛めば噛むほど甘味が出てきて、
ついつい止まらなくなってしまう・・・。
ちょっと固めなんだけど、この固さがいいんです。
おからは、食物繊維が豊富。

美味しいくせに体に良いので、おやつとしては良いんじゃないかと思う。
子供のうちから、こういう固いものを食べるのは、大切だしね。
子供にも、大人にもお薦めです。
別名“うの花揚げ”で(って、同じ意味なんですが)、
自然食料品やさんに売ってます。
味も色々あるけれど、私は塩味が一番好き。
こういうお菓子が、もっと増えるといいのにな~。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-20 16:37 |
中国茶館 香韻へ
友人に「今度、中国茶でも飲みに行きましょう」と誘われて、
銀座にある“中国茶館 香韻(シュンユン)”へ。

プランタンの並びにあるビルの3階。
店内はとても落ち着いていて、しっとりゆったりとした空気が流れている。
午後2時過ぎ。
お客さんは、私達以外に中国人の男性が2人。
お仕事の話をされているみたいだった。
(もちろん、中国語なので意味は分からず・・・)

私は、薔薇茶をオーダー。
ガラスの茶器に、茶葉と薔薇が浮かぶ。香りも味も、とても良かった。
友人は、バニラの香りのするお茶(名前が難しくて憶えられず・・・)を。
見た目は、中国茶の茶葉なのに、本当にバニラの香りがして、驚いた。
こちらは、茶器がフルセットできて、店員さんが中国茶の作法で淹れてくれる。
お互いが飲み比べれる様に、茶杯をもう一つずつつけてくれる。
だから、飲み合いっこ。この心遣い、有り難い。


b0054993_13155262.jpg彼女とは、まだ知り合って間もないけれど、
始めてゆっくり話が出来て、
お互いの夢がとても似ていて、
すごくやる気になったし、夢が広がった。
いつか一緒に仕事が出来るといいな。
お互いの課題を抱えつつ、これからも会おうと約束。

帰りに、プーアル茶と花茶と買う。
お茶は、少しずつ包装されているから、
たくさんの種類を試すのにいい。
その他にも、たくさんの茶器が売られていて、心惹かれる・・・。
ランチもやってるみたいだから、今度はそれもいただきたいな~。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-17 14:16 |
ROSE&RED WINE SOAP
b0054993_11545730.jpg春のだからか、気分がウキウキな此の頃。
思いっきり女らしい石鹸を作りたくなる。
なので、「薔薇を使いたいな・・・」と、考えた。
薔薇は、女性を幸せな気分にさせてくれるというので。

そこで、薔薇のインフィーズドオイルを作り、
それにポリフェノールたっぷりの赤ワイン
(これまた、女性にはいいらしい)を使って、
石鹸を仕込んだ。

やっぱり、「香り付けにはローズを!」と、本当はいきたいところ。
だけど、とても高価なローズのエッセンシャルオイル。
私には、なかなか手が出せないので、ここは、ローズウッドをベースに明るく甘いイメージで。
私が使っているローズウッドは、なんだかアールグレイに香りが似ている。
スモーキーな甘い香りで、大好きなのだけれど。
でも、いつかは「ローズのエッセンシャルオイル入り石鹸を、作ってみたい・・・」よね。
「だから、頑張って稼げる人になろう!」と、作りながら思う。(何を思ってんだか。。)

今回は、ローズのドライハーブを上から散りばめてみた。
ドライハーブのローズの香りと、石鹸につけた香りが混ざって、何とも言えずいい香りになる。
ドライハーブがここまで香るとは思わなかったので、ラッキーな感じがした。
でも、このハーブは、1、2回使うと取れちゃうんだけどね。

赤ワインでほんのりピンクに色付いた石鹸。
これを使えば、「女度UP」間違いなしか?!う~ん、乞うご期待! 
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-15 12:48 |
冷え性撃退委員会 その3 「半身浴」
冷え性には、やっぱり「半身浴(腰湯)」です。私は、ほぼ一日一回以上、半身浴を最低でも20分~1時間します。冬は40度くらい、夏は38度くらいのぬるめのお湯に、みぞおちから下くらいまでつけます。

私が、全然自分の体のことを考えないでいた頃、お風呂はもっぱら、シャワーでした。お風呂といえば、ただ、体の表面を綺麗にするもので、それ以上でも、それ以下でもなかった。実は、毎日お風呂を入れる、お湯を溜めるってことが面倒臭かったんですよね。そんな中、健康ブームがやってきて、「半身浴は体にいい!」「汗をかいてダイエット!」といわれ始め、それでも、汗をかくことの気持ち良さなんて味わったことがないから、しばらくやらなかった。

それでは、何のきっかけが私を半身浴に向かわせたのか?それは、年々ひどくなる生理痛!生理痛で死ぬかと思った時、本気でこの体を治そうと思った。冷え性は、生理痛を含め、体の病気の根源であると知った(?)時から、冷え性には半身浴がいいと、それを信じて1ヶ月続けてみようと思いました。

不思議なもので、そう決めると、お風呂入れることが苦じゃない。この20分以上という長さも、本や雑誌を持ち込めばあっという間。でも、最初の頃は、流れるように出るといわれた汗が、なかなか出ずにいました。半身浴で、出す汗と一緒に体の中の悪いものが出るらしいので、汗を出すまで最初は40分くらいかかりました。でも、その時出る汗は、全然暑くないのにぼたぼた流れる汗で、それまで、ぼたぼた汗をかいたことのない私は、とても感動。「私だって、こんな風に汗かけるんじゃん・・・」と。そして案の定、はまりました。一ヶ月は続けようと思った私ですが、これが今でも続いてます。やり始めて、一番長い健康法(?)じゃないかな。
b0054993_1233290.jpg
<これは↑、赤くないけど赤ワイン風呂です>

半身浴を続けて良かったことは、風邪を引かなくなった(引き始めに治してしまう感じ)、疲れが次の日まで残りにくくなった。しかも、寒い時や生理痛の時はもちろん、なんかだるかったり、頭が痛かったり、体がバキバキしてたり、二日酔いの時とか、風邪を引いたかな・・・と、体の調子がいまいちな時にちょっと長めに半身浴をすると、大抵症状が和らいだり、治まります。最近は、考えすぎたり、気分が落ち込む時にも、半身浴が効くなって感じ始めました。気分が、リフレッシュされたり、落ち着きを取り戻りたりするので。(一緒に入れる入浴剤の効果もあるんだろうけど)。

人が健康な体を保つ場合、一番大切なのは一日一回でも全身の血(=気)を全体に巡らすことだと思うのです。そうすることによって、体に必要な酸素や栄養が行き渡って、臓器が正常に活動し、免疫力も自然治癒力も高まる。それには、体を動かすこと。スポーツしたり、ウォーキングしたりね。でも、半身浴は、誰でも簡単に出来る、その方法だと思います。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-13 12:40 | 生活
お花見2005
b0054993_1222211.jpg

みんなでお花見。近くの水門まで。
おむすびと温かいお茶を持って、
桜の下でゆっくりのんびりする。
水門の桜は、年々大きくなって、
気付けば、もう、巨木といえるほどになっている。
子供の頃から、毎年通っている場所。
桜の木の大きさに、年月を思ったりして。

橋の上からみると更に素敵で、
風が強かった日だから、桜が舞う。
まるで、雪が舞っているみたいだね~。
コップの中に花びらが落ちる。
何枚、花びら飲んじゃったかな?

帰り道、
桜の花びらを、一掴み。そおっと鞄に入れた。
暖かい日でよかったね。
又、来年もここに来ようね。


b0054993_12174011.jpg


More SAKURA!
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-12 12:36
小豆玄米ご飯
b0054993_12145073.jpg我が家では、私が玄米で痩せた!というのを受けて、
(正確には、腹がへこんだ&元の体重に戻った)
女性陣は、玄米ご飯を前々から食べている。
そして、どうせ食べるならと、
無農薬の玄米を農家から直接送って頂いてたりする。
いまだに上手に玄米を炊くのは難しいけど、
黒米や緑豆、はと麦を混ぜてみたり、雑穀を混ぜてみたりして、楽しく玄米ライフしている。

で、小豆玄米ご飯の登場。
回復食二日目② (断食プログラム5日目) で、
玄米と小豆の組み合わせはパーフェクトに近い栄養素」だと教えて頂いた。
小豆は、私の大好きな食材の一つ。
たまに、無性に小豆が食べたくなって、自家製あんこ(砂糖少な目でね)を作ったり、
かぼちゃと一緒に煮たりする。
なので、この小豆玄米ご飯も、もちろん美味しく頂いている。
何故この組み合わせを今までやらなかったのかというくらい、
登場頻度が多くなっているご飯だ。

しかも、小豆は、漢方食材としても使われるようだ。
平性の食べ物で、
熱毒を除く、古い血(お血)を除く、利尿、むくみを取る、乳汁を出すなど
湿気が溜まりやすい日本人にはいい食べ物だ。
しかも、古い血(お血)まで除くなんて、他の食材にはなかなかない。

古くから、おめでたい日にお赤飯を食べるけれども、
小豆には、そういったパワーがあることを、昔の人は知ってたんだろうな~と思いつつ、
日々、有り難く頂いております。
[PR]
by chio-ringo | 2005-04-08 12:44 |