<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
私という人間
仕事を辞めまして・・・。
只今、どっぷり自分の中に浸かっている感覚の日々です。

自分の心の修復と、自分と真剣に向き合うという作業。
だんだんと心が解れていくのが分かって、一命を取り留めたという感じだ。ふう。

自分が選んで、新しい世界&仕事に飛び込んだという事に対しては、
全く罪悪感も後悔もないけれど、
自分なりにそれなりに覚悟を決めて始めたことが、こういう結果になったこと。
仕事を始めて、見ないように見ないようにしてたこと、
小さいことでなんともないと思っていたことが、
本当は、自分にとって一番大切に重要に思っていたことで、
それに、改めて気付かされて、追い込まれた。
心は、正直だ。

私の悪い癖は、何でも切り離して考えすぎる&完ぺき主義ということだ。
やりたいこと、やってみたいこと、興味のあることはたくさんある。
でも、それを全て切り離して考えていて、
今、これをやるならこれは出来ない。これをものにしてから、次にこれをやる。
そうやって、全部を全部切り離して、やること全てを一つ一つ完璧にしていこうとしていた。
そうじゃないと認められない、相手にされない、意味がない・・・と、思っていた。

でも、そのことが自分を苦しめていたということに気付いた。
何事も完璧な人なんて、この世にはいないのだ。
私は私であればよく、完璧である必要はない。

今の私そのものを、100%生きていこうと思ったとき、
自分の完璧じゃなきゃいけないと思う壁を越して、
不完全でも、みっともなくても、今したいことを全部すればいいんだ!と思った。
やりたいこと全てを切り離して考えるんじゃなくて、
私というフィルターを通して、全てを繋げていけばいい。

今までの私は、早く何者かになりたくて、みんなに認められたくて、
誰かが作り上げた道に乗ろうと、誰かのように成功を収めようと・・・してた。
誰かの人生を生きてた気がする。でも、それも出来なくて一生懸命もがいた。
でもそうじゃない。
何者かになるんじゃなくて、私は私になればいい。
私の中から湧いて、私が選んだ、やりたいこと、思想、生き方、考え方。
それら全てに共通していることは、私が主体であるということだ。

全てを全部ひっくるめて、それが私。私という人間。
いつ死んでもいいように、今、目の前にあること(良い事も悪いことも)
をゆっくりと充分味わって、自分のものにして、いろんな襞をたくさん増やして、
そうやって、私という人間を生きていきたい・・・そう、思った。
[PR]
by chio-ringo | 2005-06-27 09:47
訳あって、しばらくもぐっておりました。
たかがか、2週間弱の事だけれど。

この前も、仕事の事について考えたけど、
転職した先の仕事。
これを今月いっぱいで辞めようと・・・。
って、早すぎやしないか?

確かに、好きで始めたこの仕事。
自分のために、スキルアップのために選んだんだけど、
やっぱり、やってみないと分からない事って、多いのね。

自分の行き着く先が見えて、それを望んでいたけれど、
それが本当になりたい自分なのか?と。

会社の方針や社長の夢は、確かに共感できるものであったけれど、
会社内の雰囲気、仕事量、お客様の扱い方、社員の扱い方、
私より長く働いている人たちの話、なにより、私自身の肌で感じること。
これらに少しづつ違和感が出てきて、
気づいたら、心がぼろぼろになっていた。

ちょっと、突っ走りすぎちゃったみたいだ・・・。

自分が働いているお店に、友達を呼べないなんて。
そこで扱っているものを自分の知り合いに薦められないなんて。
申し訳ないと思う気持ちで、お客様に商品を売るなんて。
どうかしている。
一体、私は何をやっているんだ。
これ以上、自分を無視することは出来ない。

このブログを書けなくなってしまったこと自体、
自分に余裕がなくなって、自分を見失いつつあったことの証拠なんだと思う。
いかんね~。

でも、転職を応援してくださった皆様。
有難う御座いました。
こんな結果になってしまい、ちょっと打ちひしがれておりますが、
もう一度自分と向き合って、プラスに持っていけるように、
頑張っていくつもりでおります。
[PR]
by chio-ringo | 2005-06-23 09:09
天職と適職
なんで私、こんなに働いているの?という日々です。
新しい仕事を含め、仕事を3つ掛け持ちする日々。
昨日は、朝9時から、夜の11時まで働いた。
しかも、全部アルバイトなので、薄給・・・。
働けども、働けども・・・だ。
好きでやっている仕事ばかりだから、文句はないんだけど。
もう、体力がね。最後は、妙にハイになっちゃったよ。

天職と適職ってことを、考える。
天職・・・自分のためにする仕事。
適職・・・生活するためにする仕事。
そう考えると、自分が生活できるように、お金が稼げるように、
今、自分は頑張っている気がする。
でも、なるべく、自分のやりたいこと天職に近づけるように。
天職=適職にするとことは、難しいというけれど、
本当にそうなのかもしれないな・・・と思い始めた。

でも、別に悲観的になっているわけではなくて・・・。
やっぱり、お金を稼ぐことは大切だと思うのです。
お金があるとないとでは、出来ることと出来ないことが確かにある。
ぼろを着てても心は錦・・・なんて、思っていたけど、
それはそれで自分はいいけれど、家族を支えてはいけない。

私は、幸運なことに家族がいるのだし、
支えて守られて生きてこれたのは事実だし、
これから私が出来ることは、ある程度までお金を稼いで、
安心させてあげることだと思っている。

でも、苦労はしても、自分がしたい仕事で稼ぐ事が大前提。
自分が幸せになることは、私を愛してくれている、
私の周りの人たちの幸せにもなるんだから。

なんて・・・。
こんなことを思い始めて。
本当に自立できるのは、一体いつになることやら。
今は、ただ頑張るのみ!だね!!
[PR]
by chio-ringo | 2005-06-11 10:40
ミントの重曹歯磨き粉
b0054993_15181891.jpg重曹(ベーキングソーダ)で歯磨き粉を作った。
重曹とグリセリンとミントパウダーと塩と薄荷油を混ぜただけ。前々から、重曹を水で練ったもので歯磨きしていたけど、こういう風に一手間かけると、使い心地も楽しみもぐっと増える。
市販の物に負けず劣らず、とてもいいです。
すっきり、さっぱり。
ミントは王道だけど、色々なハーブを混ぜ込んでみても、楽しいかもしれないな

ミントの重曹歯磨き粉 作り方
[PR]
by chio-ringo | 2005-06-08 15:19 |
池袋 自然食バイキング「はーべすと」
に行って来た。
一緒に行った、友達はお酒が飲めないので、
その代わりに、ちょっといいものを食べようということになって、
最初は、お豆腐料理やさんに行く予定だった。

池袋のメトロポリタン。
まだ、時間が早かったので、他のお店も見てみようとうろうろ。
そこで、目に留まったのが、自然食バイキング「はーべすと」
値段も大人2000円(位)で思いのほか、リーズナブルだし、
なにより、自然食のバイキングってところがいいじゃないっすか!
b0054993_984944.jpg

時間は90分。
でも、そこがめちゃくちゃ良かったの~!!
驚いたのは、種類がかなり豊富だってところ。
常時50種類くらい、お料理があるらしい。
かぼちゃのプルーン煮以外は、美味しかった!どれも!!
(かぼちゃのプルーン煮は、なんだかサイダーの味がして駄目だった。なんでだろ?)
木のお皿にちょこちょこ盛って、結局、3~4回おかわりしちゃった。
もちろん、デザートも・・・。
ご飯4種類、スープ4種類、おかず野菜中心でたくさん(魚料理も、肉料理もあり)、
デザート4種類、飲み物温かいもの5種類、冷たいの4種類で、
自然食に興味がない人も連れて行けるだろうし、子供料金も設定されていたから、
家族連れでもばっちりよ。

私は、いろんな人と又行きたいと思った。
こういうお店が、もっともっと身近に出来るといいな~
[PR]
by chio-ringo | 2005-06-04 09:14 |
健康診断に行く
健康診断は、実に5年ぶりぐらい。
一時期、体の調子が悪くなり、吐き気やらめまいやらで病院行って、
「自律神経が・・・」なんて言われて、胃カメラ飲んだりしたけど、
(案の定、なんともなかったんだけど)、体の検査は、それ以来してない。

朝から区の健康センターに行った。
検査まで、1時間以上待ち。全部終わって、2時間。
しかも、区の健康診断なのに、有料。
・・・いただけない。(しょうがないけど)

検査は、何事もなく済んだんだけど、
すごい落ち込むことが一つ。視力です。
私、小さいときから目がいいことだけが自慢(?)だったのに、
視力がすごく下がっていた。裸眼では、車の運転は出来ない・・・と。
やばいやばい。
「日常生活が大変だろうから、眼鏡作ったら?」と薦められた。
がーん。ショック・・・。

そりゃあ、眼鏡に憧れた事もありますけど。
今は、コンタクトも眼鏡もしたくなかったのに~。

視力の低下は、このコンピューターなんだろうな。
ここ何年も、仕事でずっと使ってたわけだし。
でも、これを機会になるべく、コンピューターは短く済ませよう!

とりあえず、次の免許の更新までは、眼鏡作らない。(だって、お金ないもん!)
視力を戻す努力をすることにする。
目にいいこと、知っている方がいらっしゃったら、教えてくださいm(_ _)m
[PR]
by chio-ringo | 2005-06-02 09:11