<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
自家製天然酵母でパン作り ~酵母編~
この度、とうとう自家製天然酵母を作りました。
そう、これでパンを焼くのです。

私の長年(?)の夢であった自家製天然酵母でパン作り
なんてたって、小学生の時の将来の夢は「パン屋さんになりたい」ですから。
その夢が、やや叶ったも同然。

今まで、何度も自家製天然酵母を作りたくて、色々な本を読んだけど、酵母を○度で育てて、○グラム粉と水を足して種継ぎして、半分でパンを焼いて半分は育てて、○日に一度は餌をあげて・・・なんて。
無理です。私には。
しかも、人によって酵母作りもパン作りも様々で、一体初心者には何かいいのかよくわからなかった。

けれど、この度、超簡単に自家製天然酵母が作れる方法をしりました。
それを参考にレッツトライ!


b0054993_9404160.jpg
一日目。
思い立って、夜いきなり天然酵母開始。
瓶を煮沸消毒して、酵母の材料と水を入れてふたをする。それだけ。
左はグレープフルーツ酵母。右はレーズン酵母。
b0054993_9411418.jpg
二日目。
酵母の瓶は、温かいところに置く。
ガス抜きのため、一日一回ふたを開ける。
プシュッといえば、酵母が元気な証拠!らしいけど、
・・・何も言わず。
まだ二日目だし、こんなもんかな。
b0054993_9413738.jpg
三日目。
二日目と見た目も大して変わらず。
一日一度の酵母とのふれ合い(ガス抜きのこと)をするも、
全然プシュッて言わない。
酵母の置き場所が寒すぎるのかな。
大丈夫かな?と少し心配になる。


そして、暑く(三十度くらい)なった四日目・・・。

b0054993_9422734.jpg
いきなり、酵母パワー全開!完成!
酵母がプシュ&シュワシュワ~とすれば、完成。
このシュワシュワ感、伝わるでしょうか。


b0054993_942539.jpg
レーズン酵母アップ。嬉しくて。


b0054993_9432167.jpg
グレープフルーツ酵母もアップ。本当に嬉しくて。


次回はこれでパンを焼きます。

[PR]
by chio-ringo | 2005-09-28 10:01 |
石鹸の販売が近づいて・・・
いろいろやらなくちゃいけないことがあって、
どたばたしとりました。
あっという間に一週間ですね。

こういう、やらなくちゃいけないときに限って、
違うことがしたくなるのが常でして・・・。

この一週間の間に、
「自家製天然酵母でパン作り」なんてこと、
してしまいました。

でも、忙しすぎてブログにアップする暇がない。
うう~。
なので、とりあえずご報告まで。
詳しくは、後日アップします。
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-22 00:50 |
ちょこっと募金 始める
社会人になってから、私はほとんど募金をしなくなった。
その理由は、募金をしたところで、
それが本当に必要な人のところに届いているのか疑問だったからだ。

仕事でお店にいると、時たま、「募金をしてください」という人が来る。
それはもちろん断っていた。「私が募金をするときには、自分から持っていきますので・・・」と。

けれども、最近その考えが変わった。それは、自分の働く店が盲導犬の募金を始め、
募金が貯まると、きちんと盲導犬協会に振り込むからだ。
振り込むと感謝状がもらえる。(感謝状は募金箱の横に張っている)

そうした事があって、こうやってきちんと振り込むところもあるのだし、
もし仮に募金をしたお金が100%届かなくても、
何%でもいいから、それが必要な人に届くのであれば、
それは無駄なことではないんじゃないかと、思うようになった。

それから、買い物や外食をした際に、
レジの横にある募金箱に、おつりの数円を入れるようにしている。
これくらいしか出来ませんが、出来ることから始めよう。
名づけて、ちょっこっと募金

そういえばネットで1クリックすれば、それが募金になるのがあったな~と思い出し、
昨日から、始めることにした。



リンク、はっておきますので、
どうか、ぽちぽち押してくださいね!
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-15 10:46
水 美肌   水野もも著
b0054993_2240484.jpgこんな本、見つけました。

水 美肌   水野もも著

ナチュラルケアを目指している私にとっては、
かなり惹かれるタイトル。

今、自分が使っている化粧品に、
お水(イオン活性水)を加えてお手入れするだけで、とってもお肌にいいという、
その理由と方法が書かれている本。

私は、自分の化粧品類はほとんど自分で作るけど、
その材料の大部分は、やっぱりお水なので・・・。

しかも、たまたま(?)家の水が、イオン活性水だったようなので、
早速、そのお手入れ方法を実践しています。
簡単に言えば、とにかくお水を肌に浸透させること!
これに尽きる。

市販の化粧品を使うところはしないけど、
そのお手入れ方法はとってもいいんじゃないかな~。

目指せ!素肌美人!!
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-14 23:03 |
T&H 結婚式
b0054993_1053375.jpg9月11日に友達の結婚式に行ってきました。
場所は、お台場。
こじんまりとした、教会のような外観の式場で、
なかなかいい感じでした。

結婚式は、めでたいけれど、
いろいろ行くほうも準備が大変で、
面倒くさいな~と思いつつも、
行ったら行ったで、すごい楽しんでしまうほうです。

ブーケをとる気満々で行ったけど、
一緒に行った私の友達が取っちゃいました。
その友達は、私の為に!と思って取っちゃったらしく、
後でそのブーケ、くれたんだけどね。

でも、それよりも嬉しいことがあって。
ウエディングケーキをみんなで切り分けて食べるんだけど、
そのケーキの中に、楕円形の固い何とかというチョコレートが2つ入っていて、
それが当たりで、それを当てました、私。

フランス料理のフルコース食べて、
お酒飲んで、もういっぱいいっぱいで、
ケーキはいらないと思っていたんだけど、
新婦が「まだ、当たりが出ないから食べて~」と持ってきてくれたケーキ。
・・・しょうがない、食べるしかない。

b0054993_10532747.jpgそもそも、こういうことで当たりなんて引いたことない女ですから、
出るわけない・・・と思いつつ、ケーキを崩してみたら、
コロンって出た!!
酔っ払った友人に食われそうになったけど、死守しました。
いや~、嬉しかったな~。
当たりのプレゼントはテンピュールの枕、貰いました。
楽しかった。

今週末には、2次会がある。
それにも、行ってきます。
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-13 10:59
丸木スマの絵画展
b0054993_22491587.jpg今回も、丸木さんネタで・・・。

丸木スマさんは、原爆の図を描いた丸木位里・俊さんのお母様。
そのスマさんも70歳代で絵を描いて、その絵が絶賛されました。
私は、スマさんの絵が大好きです。
それはもう、見ているだけで優しい気持ちになれて、
にっこりとしてしまうような絵です。

その丸木スマさんの絵画展が9月14日から、
銀座の松坂屋でやるそうです。
とてもいい絵なので、おすすめです。
私は、もちろん見に行くよ~!


-------------------------------------------


75歳で花開いた天真爛漫な自然讃歌
「丸木スマの絵画展」

70歳のときに広島で被爆を経験した丸木スマ(1875~1956)は、
「原爆の図」で知られる丸木位里・俊さんの母親。
水上勉や河北倫明にも絶賛された“お婆ちゃん画家”の
稀有な自然讃歌の世界より本展は、花や生き物など
約60点の天真爛漫な傑作をご紹介いたします。
(ハガキフライヤーより)

9月14日(水)~9月19日(月)
松坂屋 銀座店 7階催事場
入場無料
午前10時30分~午後7時30分
(木・金・土は8時まで)
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-10 23:05 | 音・芸・映
戦後60年。
この夏、結局何処にも出かけられなくて、
でも、なんだか自然にとても触れ合いたくなって、
旅に行こう!何処でもいい!!と思っていたら、
家のテーブルに上にチラシがおいてあった。

「原爆の図丸木美術館存続への支援のお願い」

え!丸木美術館、やばいの~!!
慌てて母に聞いたら、どうやら丸木夫妻がなくなった今、
とても現状が厳しいらしい・・・。
これは、行かなければ・・・と思い立って、行ってきました。

丸木夫妻が描いた、原爆の図という絵は、
きっと誰でも一度は目にしたことがあるんではないだろうか?
真っ黒な墨で描かれた等身大の原爆の図。
大人も子供も赤ちゃんも、死んで折り重なり、川に浮かぶ。
焼け出され生き残っても、皮膚はやけどでただれ、剥がれ落ちる。
もう、言葉では言い表せない。
現実にあったこととは到底思えない。

幼い頃、つれて行かれた丸木美術館は、
川が近くに流れ、とても自然が大きくてすごく好きだった。
でも、原爆の図はとてもとても恐ろしくて・・・。
見たくないと思いつつも、見なければいけないという複雑な思いが入り乱れていた。

大人になった今みる原爆の図は・・・。
やっぱり、恐ろしかった。
戦後60年。
逃れられない忘れてはならない過去がある。
世界平和を・・・!ただただ、私は祈るばかりです。

b0054993_11193094.jpg
丸木美術館の周りの自然は、昔とちっとも変わってなくて、とても平和だ。
いろんなものをチャージできたと思う。
家からは結構遠くてなかなか行けないけれど、
秋になったら、また行こうと思う。



------------------------------------------------------------------

b0054993_1121625.jpg財団法人原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
tel:0493-22-3266
fax:0493-24-8371
e-mail:marukimsn@aya.or.jp

開館時間  午前9時~午後5時
(12月~2月にかぎり午前9時半~午後4時半)
休 館 日 月曜日(祝日の場合は翌平日) G.W.、夏休みは休館日なし
年末年始  12月29日~1月3日
入 館 料
(税込)  一般 団体(20名以上) 障害者
大人 735円 630円 350円
中学生・高校生 525円 420円 250円
小学生 350円 250円 175円

交  通 ●●東武東上線、森林公園駅下車3.5キロ
タクシー12分(駅南口)、徒歩50分、レンタサイクル20分(駅北口)
●●東松山駅東口より、市内循環バス「唐子コース」運行(日祝除く)
「浄空院入口」下車 徒歩5分
 (東松山駅→浄空院 8:15,10:45,13:08,14:03,15:56)
 (浄空院→東松山 11:28,13:42,14:46,16:30)
●●関越自動車道、東松山インターより小川方面10分(詳細は下記)
●●日曜祝日に限り、丸木美術館―森林公園駅間の無料送迎あり
定員5名、前日までに予約が必要です。
電話(0493-22-3266)でお願いします。
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-07 11:30 |
ルイボスティーの利用法
b0054993_2153039.jpg前々記事で、ルイボスティーの効能について書きましたが、今回は、ルイボスティーの利用法をあれこれです。

その1、飲む。
まあ、これは普通にお茶として飲むってことです。
でも、ルイボスの効能や解毒効果を狙うんだったら、
やっぱり、夏でもホットでいくべし!もしくは、常温。
このままでも充分甘い感じのお茶だけど、
甘味を足すなら、蜂蜜かオリゴ糖がいいかもな。
オリゴ糖だと、更におなか(便通)にグー。

その2、化粧水にする。
ルイボスは、美肌のお茶。飲んでも塗っても、お肌にいいみたいです。
敏感肌の方や、アトピーやあせもの方に、安心して使える化粧水になると思います。
もちろん、子供に使ってもOK。でも、使うときはパッチテストしてね。
私の場合、そのままスプレーしても良かったけど、
乾燥が気になる人は、グリセリンや蜂蜜をちょろっと足すといいかも。
夏場、冬場でその辺は臨機応変に。
追記:保存は冷蔵庫で。1週間位で使い切ること!

その3、入浴剤にする。
ルイボスティーをそのままいれてもいいけれど、
一番いいのは、お茶を出した後の出がらしを、パックごとお風呂にいれちゃうって方法。
解毒作用があるらしいルイボスなので、
半身浴でじっくりと汗を出し、ルイボス効果で更に毒を出し、
みんなで綺麗になっちゃいましょう!
お勧めは、粗塩も一緒にいれることです。さらに、汗が出るよ。

その4、ルイボス石鹸を作る。
やりやすい方法としては、無添加の石鹸を買ってきて、それをすりおろして、
アツアツのルイボスティーで練って、乾燥させて作る石鹸もある。
これは、子供達とやると楽しい。
でも、私は、ちゃんとコールドプロセスで作るよ~。
どんな石鹸が出来るかな~。楽しみ楽しみ♪

その5、ルイボスティー寒天をつくる。
いまだに、寒天にはまっているので・・・。
ルイボスティー500mlに粉寒天4gで作ります。
これは、甘味を足したほうが美味しいかな~。
しかも、寒天&ルイボスでこれまた、おなかすっきりだね。

その6、洗顔する。
もう、この際、ルイボスティーで洗顔しちゃいます。
ルイボス洗顔を続けると、しみ、そばかす、くすみにいいらしいよ。
でも、私はもったいない症なので、
洗面器にルイボスティーを入れて、2~3倍に薄めて洗顔してます。
でも、充分香りがするので、効能もあるに違いない(・・・と信じたい)。


こんな感じで、毎日の生活に取り入れてます。
ほとんど、ハーブティーの使い方から引っ張ったものなんだけれどね。
でも、ルイボスの場合は、少ない茶葉で大量にお茶が出来るので、
やっぱり、お勧めは、ルイボス洗顔かな~。
この、そばかす達がなんとかなれば・・・と想いをこめて、
毎朝洗顔しております。
[PR]
by chio-ringo | 2005-09-04 22:26 |
石鹸の販売&木版展のお知らせ!!
b0054993_10517100.jpgこの度、お友達の版画家が展示会をすることになりました。
アキミは、私の石鹸の包み紙を版画で刷ってくれている子。
そこで、私の石鹸も一緒に売り出してくれることになりました!わーい!わーい!

9月23日~9月29日まで。
中野のカフェでの展示&販売になります。

木版は、とても素朴でかわいいです。
そんなかわいい絵の包み紙に包まれる、私の石鹸達はとても幸せ者です。

カフェカルマは、とてもお料理が美味しいところです。夜も遅くまでやっていて、お酒も出してくれます。


お近くにお寄りの際は、是非是非お立ち寄りくださいね!

b0054993_10512957.jpg木版展
2005年9月23日~9月29日

kitchen gallery&cafe カルマ
東京都中野区中野5-32-9
Tel.03-3387-0602
Am11:00~Am24:00
(日曜日Pm12:00~Pm11:00)
http://karma-marka.org/
E-mail tannma@axel.ocn.ne.jp


*カフェでの展示のため、1オーダーお願いします。

[PR]
by chio-ringo | 2005-09-02 11:34 |