<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
おむすび
最近、はまっているもの。「おむすび」。

ある日の昼食。ご飯を作ることが面倒くさいな~とおもった私は、ご飯と味噌汁だけにしようと思い立ち、だったら久しぶりに「おむすび」を握ろうと思った。

どうせなら、「きちんとしたおむすび」を・・・と思って、しっかり手を洗い、炊飯器からボールにお米を移動して(おひつがあれば完璧なんだけどね)、手をぬらして天然の自然塩を振ってご飯を握った。梅と鮭の2種類。たくわん付。これに味噌汁をつけたらもう立派なランチです。

しかも、ちゃんと握ると「おむすび」って本当に美味しい。普段は塩なんか振らないで適当に作ってたけど、全然違うんで驚いた。それから、「おむすびランチ」や「おむすび弁当」をよく作る。

「おむすび」は「おにぎり」とも言うけど、私はあえて「おむすび」といいたい。きちんと心を込めて握っているときの気持ちは、本当に「おむすび」が近いから。

b0054993_13532190.jpg今日の「おむすび」は、黒米を混ぜた玄米で。梅わかめちりめんの混ぜご飯を海苔でまいたのと、たくわんの混ぜご飯(たくわんを細かく刻んで混ぜた)を青海苔でまいたもの。青海苔も最近とてもはまっていて、よく食べる。「おむすび」にして時間が少し経っても、普通の海苔よりもとてもいい香りがするんだな~。

今年のお花見ランチは、「おむすび」でキマリ!です。
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-30 14:02 |
朝帰りの朝
b0054993_14564591.jpg
春になって、送別会があって、
門出のお祝いに、ネクタイやら鏡やらをプレゼントして。
みんなとてもいい子だったから、とても寂しくなってしまって、
いつもより、どうやらお酒を飲みすぎた・・・。

終電を逃し、朝までやっている飲み屋で夜を明かす。

始発の電車。4時36分。
春とは言えども、まだまだ駅のホームは冷えて冷えて。
暖かいお茶の缶で両手を暖めながら、
ふらふらする頭と体をどうにか保ちながら、電車を待った。

地下鉄に乗り換えて、ようやく地元の駅に着いたとき、
辺りはもうすっかり明るくなって、通勤の人たちが足早に通り過ぎていく。

顔を出したばかりの朝日に照らされた街や空や空気は、
いつもと全然違う表情をしている。
洗い立ての、生まれたばかりの、澄み切った、そんな表情。

小さく見える白い月だけ、朝帰りの私を知っているような気がして、
左目でこっそり目くばせをした。

日の出とともに起きる・・・なんていう生活に憧れたりもするけれど、
実際の私にはなかなか難しいこと。
だから、こんな朝帰りの日にしか見れない今日の始まりは、
すごく新鮮で大切なものに思えた。
朝帰りもちょっと悪かないかな・・・なんて思ったりした。

[PR]
by chio-ringo | 2006-03-26 15:09 |
フリマIN明治公園 PRAT2
今日は、予定通り明治公園でフリーマーケットをやってきました。すごく天気がよくて、予想に反して暑くて(厚着していったせいもあるけど)、フリマをやるには、とてもよい日和。桜も開花したし、お散歩がてらに・・・にはよかったんじゃないかと。でも、日に焼けた。帽子は必需品ですね。今は、アロエパックしながらコレを書いてます。

今回も、色々な人と出会えてお話できて、やっぱりフリマはいいな~と思いました。一番の収穫は、お客さんではないけれど、手作りのアクセサリや楽器を売っていた人と知り合いになれたこと。地元がなんととても近くて、その地元名産のざる編みを独学で習得して、色々な物を売っている人で、自分で繊維から採って作った紐、柿渋染めで染めた和紙を張ったざるや楽器、アンズの種を乾燥(一年も!)させてそれをポイントとして編んだアクセサリも、その燃したすすで色付けした竹も売っていて、なんかすごいストレートに響いてしまって、話が出来てよかった。物を作る身として曲がりなりにもいる私としては、ちょっと話しただけだけど尊敬に値する人だ・・・と素直に思いました。
b0054993_22564448.jpg

今回は、石けんの他にもみつろうロウソクやポマンダーという香り玉(魔よけやお守りとして使われているもの)も手作りしていって売りました。私的には、ポマンダーミニがとても自分なのかでヒットしていて、首から提げてアクセサリーとして使っているのだけれど、電車の中や走ったりしてもふわっと香るし、事あるごとに香りを嗅いで陶酔・・・しております。結構、面白いもので受けもなかなか良かったので、また作ります。

みつろうロウソクも自分で毎日寝る前に使っているもので、結構たくさん作っていったんですが、ほとんど売れました(おまけしたせいもありますが)。このみつろうロウソクのみつろうは、すごく香りが良くて気に入っているんですが、(みつろうの香りも養蜂家さんによって違います)その仕入先の養蜂家さんが忙しい時期に入って生産を夏までストップするそうなので、ちょっと困ったことに・・・なってますが、まあ、そんなこともある。これも、また作ります。

今度は、ざるやかごの作り方を教わって、石けん入れとかも作りたいな~と思っています。いつになるか分かりませんが。モノづくりの日々は続く・・・。フリマももちろん、又やります!


~今日、来てくださった方へ~
本当にどうも有難うございました。なんだかゆっくりお話もできない方もいて心苦しかったんですが、感謝しております。今度から、ソーパーの方々や手作りのものを作られている方は、それと石けんの交換もしようと思っています。その方が、楽しい・・・ですよね?
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-25 23:30 |
みずうみ  よしもとばなな著
b0054993_205940.jpgもう一冊。ばななさんのご本。
装丁が、いつもいつも素敵なんですけど、この本の表紙もすごくいいですね。内容は、「王国」に若干似ているところがあり。
でも、加害者と被害者の子供達のその後の人生というもの・・・に、ちょっと考えをめぐらせることになって、人間は、過去にどんなことがあろうとも、それを抱えてそれでも生きていく。、痛いけれど悲しいけれど、少しづつでも前に進んでいく。そういうことが丁寧に描かれた、一粒の光のような小説だな~と思いました。
まさしく、表紙、そのものですね。
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-14 02:03 |
王国 その1・その2・その3   よしもとばなな著
b0054993_1503478.jpgb0054993_1504733.jpgb0054993_1505967.jpg









よしもとばななさんが好きで、おそらくご本はすべて読んでいると思いますが、この「王国」シリーズは、私のバイブル的な小説になると思う。(ちなみに「キッチン」は、私のバイブルです。)何かの記事で、よしもとさんのライフワークとして書かれてらっしゃるというのを知ったけど、本当に今の私にぐぐっとくるお話(山とか薬草茶とかサボテンとか占いとか・・・)で、何度も読み返しています。今は、1~3までしか出てないけど、5巻まで続くということ。続きがすごく楽しみだ~。
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-14 01:57 |
漢方小説  中島たい子著
ブログをはじめた当初は、読んだ本を記録しておこうと思ったのに、
最近全然それをしてないことに気付いた。いかんいかん。

b0054993_133069.jpg漢方小説  中島たい子著
友達に借りた本だけど、すごい面白かった。昔の恋人が結婚することを知った主人公が、原因不明(失恋?)の病気にかかり、それを漢方で治していくという・・・。なにやら、人事ではないお話だった。私は漢方を勉強したことがあるので、よく理解できるけれど、漢方(中医学)を全然知らない人でも、読み物としてとてもおすすめです。それはそうと、コレを貸してくれた友人は実は、本の著者とお友達らしい・・・。漢方にはまったときにちょうど話題になっていた本だったので、読んだ事はなかったけど、知ってたから驚いた。知ってる名前も出てきてたりして・・・。そういった部分でも、楽しめた本でした。
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-14 01:46 |
豆乳チャイ
b0054993_2021767.jpg
ちょうどクローブとカルダモンとシナモンとオールスパイスがあったので、
ヘルシーに豆乳でチャイを作ってみた。

ミルクパンに水を入れて沸騰したら紅茶葉を入れる。
濃い目の紅茶ができたら、さらに豆乳と砕いたスパイスと黒糖を入れてくつくつ煮る。

インドのマサラティーをいうのがあるけど、それとチャイは一緒みたいで・・・。
カザーナというインド料理のお店のマサラティーが私は一番好きで、
それを飲むためだけに、カレーを食べにいったりもする。
その味になんとか近づきたいと、自分でチャイを作るがなかなかその味には及ばず。
秘伝のスパイスや方法がきっとあるのね。

でも、くじけずにたまにこうやって作る。
今回は、豆乳を使ったので本当にさっぱりとしたチャイになった。
美味しいチャイにはまだまだだけど、寒い日のチャイは格別で、一人でほっこりなる。

インドに行った友達に、是非!チャイの美味しい作り方を調べてくるようお願いしている。
それを期待しつつ、自分でも美味しい作り方を探ります。
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-12 20:08 |
自転車で上野まで行ってみました
この前の日曜日、作っていた雑貨の材料が足りなくなったので、上野に行こうと思い立った。その日は、とても天気がよくて青空も太陽もきらきらしちゃって、「これを存分に味わいたい!」と、前々からひそかに計画していた「2006年自転車の旅」を敢行することに。

自転車は、高校生のときマウンテンバイクで通学してた時に乗っていて、すごい好きだったんだけど、大人(?)になってからは乗る機会もなく、とうとう雨風にさらされていたピンク号(マウンテンバイク)は、捨てられてしまった・・・んだけれど。

そもそも、どうして自転車熱が再炎したかと言うと、友人の言葉。久しぶりに会った大学時代の後輩は、夫婦で本格的に自転車に乗っているらしく、日頃の運動不足の話の中で言った。
「5万くらい出して、ちょっといい自転車買うんだよ!そうすれば、絶対乗るから。しかも、少し頑張れば結構新宿まで行けたりするから。」
その時は、「ふ~ん、自転車かぁ」くらいにしか思わなかったんだけれど。暖かくなってきた今、ちょっとそれが気になってきて、いろいろ調べたり、人のブログ読んだりするとなかなか、いや!結構楽しそうではありませんか。

そこで、その日、お母さんのママチャリを借りて、地図で上野までの道を確かめて、自転車にまたがった。b0054993_1148724.jpgやっぱり、風も日光も気持ちがよくて、自転車もぐんぐん調子がよくて、しかもしっかり汗もかいて、すごいよかった。自転車散歩のこと、ポタリングというらしいけど、自分のいいと思った景色や風景の中ですぐに止まれるというところ、寄り道出来るという気軽さがとてもいい。写真撮ったりするのにはもってこい。上野までの道は、ちょっと細い道に入ると下町全開なので楽しかった。写真は、屋形船の止まり場。

結局、迷いながら行って、上野まで1時間半で着いた。材料を買って、途中お茶して休憩。帰りに本屋で、自転車特集のBEPALを買って、家路に着きました。疲れたけど、結構行けるもんだなと実感。ちょっと本気で自転車通勤を考え始めているこの頃です。(15キロくらいだったら、いけるらしいよ。)

余談ですが
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-07 12:39 | 旅・自然・自転車
瞑想&呼吸法&イメージトレーニング その2
前々記事の続きなので、その2です。
今回は、私がほぼ毎日やっている瞑想をご紹介します。
瞑想とはいっても、瞑想&呼吸法&イメージトレーニング&座禅をミックスしたものなので、
自己流のリラックス法として思い浮かべて頂いたほうがいいかな~。

時間帯・・・寝る前。
理想は、朝日が昇るときOR夕日が沈むときなんだけど、その時間帯はなかなか難しいよね。呼吸法やイメトレだけなら、電車の中や仕事の合間でも大丈夫。

場所・・・ベットの上。
寝る前にやるので、必然(?)的にそうなりました。本当は、畳の上とかに憧れます。

格好・・・寝巻き。これまた、必然。ゆったりした服装ならなんでも。冬場は寒いので、その上から毛布やストールをかけてます。本来は裸足。でも、寒がりなので靴下履いてやることの方が多い。

環境・・・実は、この環境づくりって何気にすごい大切。ロウソク1本で全然変わるから。
【照明】電気を消して、ロウソクを4本灯す。出来れば、部屋の四隅に。自分の目線より高い場所におく。そうすると、自然に朝方や夕方の明るさに近い感じになる。
【芳香浴】お香か、アロマポット。最近は、アロマテラピーが好きなのでアロマばっかり。ユーカリ+ラベンダーが最近のヒットオイルブレンド。
【音楽】無音でもいいけど、音楽をかけるとイメージが浮かびやすい。なので、無心になりたいときは無音で、楽しみたい(?)ときは音楽をかける。よくかけるのは、てえげえの「観音」というアルバムの2曲目。親指ピアノの音色がすごい心地よい。最近のヒットは、「さよならCOLOR」のサウンドトラック。おススメ。

そうやって、環境を整えたら、まずは、経絡体操をして、体をほぐす。
体がほぐれれば、ヨガでも太極拳でも軽いストレッチでもなんでも。
呼吸は、基本的に3秒吸って3秒止めて15秒以上吐く。

1、座禅を組む。結跏趺坐(けっかふざ)。あの座禅で有名な足の組み方です。これは、慣れないと難しいので、片足だけを組む半跏趺坐(はんかふざ)でもいい。私も調子が悪いときや体がなんだかかたい日は、半跏趺坐です。小さめのクッション2枚ををお尻当てに。(座布団でも可)

2、両手を合わせて、上へ伸ばして体の重心(中心)をとる。自分の下の地球の中心から天上へ1本の柱が通るイメージ。中心がとれたら、ゆっくり手を下ろして合掌したまま一礼。そして、法界常印(ほっかいじょういん)という印相(手の組み方)を組みます。右手の上に左手を重ねて、やさしく卵を持つような感じで。

3、そのまま、目を閉じ(または、半眼)、10分間。無心になるときは、呼吸を数える方法。1~10まで数えて、また1から数える。イメトレの場合は、自分が好きなイメージでいいんだけど、有名なのは軟酥(なんそ)の法。卵大の様々な妙薬が混ぜ込まれたバター(軟酥)が頭の上にあるとイメージし、それが呼吸と共にゆっくり溶け出して、頭から首、肩、上半身、腰、腿、足先まで体の悪い部分と一緒に降下していく・・・。後は、個人的にピンク色や金色に溶け込んでいくイメージもよくやる。蓮の花や紫色の花になったイメージも。

4、時間がきたら、収功。両手を広げて頭の上にまで持ってきて、気やオーラをゆっくりと集めて丹田に収めます。これは、太極拳の終わり方。

以上、こんな感じです。調子がいいときは、10分以上やるけれど、駄目なときはやらない、もしくは早めに終わらせたりする。強制じゃないですから。この、ベットタイムのひと時がけっこう自分の中で大切な時間になってきている。この時間を充実させたくて、新しい寝巻きを買ったり、奮発してリネンのシーツやベットカバーを買ってしまった。でも、幸せだからいいんだけど。

こういうことをはじめて、自分の気分や気持ちがなんとなくだけどコントロール出来るような気がしてきた。現に、何かあって落ち込んだり焦ったりしても、深呼吸して、ゆったりとした森の木々や暖かい日光を浴びているようなことをイメージすると、どうでもいいことや小さいことに思えてくる。自分でそっとやっている分には、周りにも気付かれないから「変なやつだ・・・」とも思われないよ。こういうこと知ってて、やってても損じゃないしね。

みなさんも、色々な方法があるので、まずは2分間の呼吸法からでもはじめてみてはいかがでしょう?だれでも気軽に簡単に、しかもお金もかからずに出来ます。自分のコントロールできないと思っていた部分が、案外そうではない・・・と気付くかも?!

それでは、これから瞑想やって寝ます。
おやすみなさい☆
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-06 01:09 | 生活
フリマ出店のお知らせ
更新が滞っていて、スイマセン。。。
気にはしてるんですが・・・ね。

とりあえず、お知らせです。
3月25日(土)に明治公園のフリーマーケットに出店します!!
今回は、私の手作り石けんはもちろん、
友達のインドネシアの旅の雑貨も一緒に売ります。

石けんは、新作が4種類。
さくら石けん、すぎな石けん、ごま石けん、CAPO。
一応、全部仮名なんで、もうちょっと素敵な名前をつける予定です。
前の3種類は、呼んで字のごとくの石けんですが、CAPOというのは、
私が感動したブラジルのカポエラをイメージして作った石けん。
なんだか、アーティストっぽいでしょ?(自分で言っちゃってるよ・・・。)

販売する石けんや友達の雑貨については、また後日、アップ出来たらな~と思います。
みなさん!是非来てくださいね!!
[PR]
by chio-ringo | 2006-03-03 01:46 |