<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
京都大阪日記 4・5日目
----------------------------
7/18 京都→大阪 4日目
----------------------------
朝7時起床。今日は、大阪に向かいます。連日、なかなかのハードスケジュールだったので、今日はチャックアウトまでホテルでゆっくりしてから出る。京都は最後なので、京都駅でお土産を買い込む。漬物好きの家族のため、漬物ばっかりかなりの量買い込んむ。よって、配送してもらうことに。漬物は、京都大原の「土井志ば漬本舗」のを中心に。気に入ったのは「はんなり漬 志そ漬大根」。一週間くらいしか日持ちしない浅漬け(?)ですが、すごい美味しい。それから、昼ごはん。京都のラーメンを食べる。とんこつのようだけど、とてもあっさりして食べやすいスープ。細めの麺。塩昆布なんかもトッピングされていて、美味しかった。それから、電車に乗って、大阪へ。快速に乗ってしまえば、あっという間。30分くらいで新大阪に到着。
b0054993_14362218.jpg
はじめての食い倒れの町

なんにも考えずになんばに行き、道頓堀みたさにうろうろしていると、「あ!かに道楽」「あ!食い倒れ人形」「あ!グリコの看板」と、見てみたかったものをほぼ同時に発見。こんなに密集していたのね~、知らなかったよ~。それからウロウロしていると、またもや雨が・・・。本当は、外でたこ焼きを買い食いしようと思ってたんですが、それは明日にしてお好み焼きやさんに入ることに。「ぼてじゅう」って、東京にもあるお好み焼きやさんだけど、そこに行きました。ね~、ここってお店のお兄ちゃんが焼いてくれるんだね~。ちなみに、お好み焼きとかもんじゃ焼きとか大好きです。でも、東京だと自分で焼くからね。こんな風にして、プロ(?)の焼くお好み焼きも、たまにはいいもんですね。さすがに美味しかったよ。そして、かに道楽で「かに寿司」を買ってから、ホテルへ。阿波座というところのホテル。なんと、温泉つき~♪やっぱり、旅の最後は温泉でゆっくり疲れをとるでしょ。そこのホテルは、部屋も広いし綺麗だし、枕も選べるし、もちろん温泉付きだし、すごい良かったよ。温泉も赤い水色の温泉で、お肌がつるつるになる。もう少し、ぬるめならゆっくりつかれたけど。

----------------------------
7/19 大阪」→東京 5日目
----------------------------
朝、6:30起床。すっかり、早起きになってしまった。朝風呂(温泉)にはいって目を覚ます。早く起きたところで、10:00くらいにならないとどこも開いてないので、それまでだらだら過ごす。今日は、心斎橋へ。荷物をロッカーに預けて、まずは心斎橋オーパへ。妹が勤めているブランドが入っているということで、見に行くことに。そこで、早速ジーパンとTシャツ2枚を社販で買ってもらっちゃった。ラッキィ。それから、アメリカ村へ。古着屋や雑貨屋や帽子屋などいろいろなお店がたくさん。東京で言えば、原宿・渋谷みたいなところだと聞いていたけれど、全然買い物しやすいよ。お店も個性的なところが多くて、しかも安くていい感じ。すごい勢いで買い物をする私達。「みるだけ~」といって入ったお店ごとで何かしら買ってたぞ。(おいおい^^;)
それから、念願のたこ焼きを食べる。三角公園のすぐそばのたこ焼きやさん。普通のたこ焼きよりも、ポン酢で食べるネギがたっぷりかかった「ねぎぽん(たこ焼き)」が美味しい。よく考えるよな~。たこ焼きを食べていると、近くにいたカップルがおせんべいに何かはさんであるものを食べている・・・。アレも食べたい!そこで、そのカップルに「それ、どこに売ってるんですか?」と聞くと、「そこ」をすぐ近くを指差す。そこで売られてたのは「たこぽん」。えびせんべいにたこ焼きがはさまってるの。でもこれがね、実は一番の大ヒット!明らかに、駄菓子というかおやつなんだけど、美味しいの!キングオブ駄菓子!みたいな。大阪いったら、絶対食べた方がいい。100円だし。本当、よく考えるよね~。
b0054993_15101695.jpg
念願のたこ焼き
b0054993_15103220.jpg
さっぱり「ねぎぽん」
b0054993_15105066.jpg
キングオブ駄菓子「たこぽん」


買い物しまくって、タピオカジュースも飲めて(専門店があったよ)大満足。それから、4時の新幹線で東京に帰りました。不思議なことに、旅行すると疲れて帰ることが多いけど、全然。かえって、行きよりも元気になって帰ったのでした。京都の癒しパワーと最後にはいった温泉のおかげかな?ともかく、すごく充電できたいい旅行でした。

(おわり)
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-29 15:23 | 旅・自然・自転車
京都大阪旅行日記 3日目
----------------------------------------------------------------
7/17 京都四条山鉾巡行→先斗町→八坂神社神輿→祇園花見小路 3日目
----------------------------------------------------------------
朝、6:00起床。京都に来てから、どんどん早起きになっている、私。今日は、なんといっても祇園祭の中でもメインの「山鉾(やまほこ)巡行」の日。山鉾巡行は9:00からだというのにこの気合のいれよう。でも、見物客の数が10万人!とか言われて、京都に住んでいるわけではない観光客は、やっぱり頑張らないと駄目なのです。でも、雨。山鉾巡行が始まったとたんに本降りに。雅な山鉾の飾りや錦の織物全てに、ビニールが・・・。うぅ、しょうがないけど、非常に残念。でも、思ったよりも見物客が少なくて、辻回し(山鉾の方向転換)もばっちり一番前で見れたりして、何気に満足でした。びしょ濡れになったけどね。
b0054993_1313561.jpg
「雨の山鉾巡行(五番 函谷鉾) 」

お昼。辻回しポイント正面のデパートのうどんやさんへ。ここからは、ばっちり下が見えて、何気に山鉾巡行の穴場だったらしい・・・。予約は要るそうだけど。その後、町をぶらぶらしながら先斗町(ぽんとちょう)へ。夜来ると、とてもきれいでいいそうだけど、でも雰囲気はばっちり。川床(かわどこ)もみれた。雨降ってなければ、川床もすごい賑わいだったんだろうな。
b0054993_13242988.jpg
「先斗町の路地」
こういうトンネルのような路地って京都独特

b0054993_13244379.jpg
「川床」
連日の雨で鴨川もいっぱいいっぱいだった

それから、一休憩しようということになって、甘味処を探す。本当は「辻利(都路利)」という京都では超有名な甘味処に行きたかったんだけど、案の定大行列。あぁ。しょうがないので、一度訪れたことのある「祇園小石」へ。こちらも並んでいたけれど、もう歩きたくなかったので並ぶことに。ここで有名なのは「わらびもち」。私は、もちろんわらびもちとお抹茶を。ふよふよとやわらかくて、美味しい~♪お抹茶に合う~♪朝から歩きつかれた足を慰めて、また元気になったところで八坂神社にでも寄って帰ろうということに。

八坂神社についてみると、なにやらすごい人。境内に入ってみると更に人だかり。しかも、白い半被を着た神輿の担ぎ手らしき人たちがいる。そこで「ここでなにかあるんですか?」と聞いてみた。すると、担ぎ手のおじさんたちが「これから神輿が出るんだよ。四角形と六角形と八角形の神輿が出てね、6時半に八坂神社の前に3機が終結するんだよ。絶対見といたほうがいいよ。」だって。まじっすか!しかも「ここ(境内)にいるより、今から階段(八坂神社の前)にいた方がいい」というので、すぐに移動。まだ、5時だったので階段付近には人も少なく、始まるまでそこに腰掛けて待つことに。だんだん人が増えて、また雨が降ってきたけれど、お神輿はすごいよかった。お神輿の美しいこと。うちらの前には八角形のお神輿が止まってくれて、お祭りの熱気と担ぎ手の気合ともう、大興奮。山鉾は、お囃子の中、静々歩く・・・という感じだったけど、お神輿はやっぱり、THE祭り!だね!!
b0054993_1350041.jpg
「八角形のお神輿」
錦町会の人たちのお神輿です

そして、夕飯を食べて帰ることに。舞妓さんや芸子さんに運がよければ会える「花見小路」へ。やっぱり雨だから、舞妓さんらには会えなかったけど、お茶屋さんが立ち並ぶ風景は、やっぱりいい。そして、その中にある一軒のお料理屋さんに入った。なんとしてもですね、お豆腐が食べたかったんですよ、私は。念願かなって、お豆腐の三点盛りやらおばんざいやらじゃこしそご飯やら食べました。本当にどれも美味しくて、来てよかった~。驚愕したのは、生麩の田楽です。これはもう、お菓子みたい。たぶん、いくらでも食べられるんじゃないかと・・・。
b0054993_14365181.jpg
「お上品なおばんざい」
b0054993_1437623.jpg
「お豆腐」
b0054993_1437225.jpg
「湯葉」
b0054993_14373855.jpg
「生麩の田楽」

京都って、なんでこんなにお豆腐が美味しいんですか?とにかく、ここの店長さんもいい人で、京都のお祭りのこととかホテルをとる裏技とか色々教えてくれた。帰りのタクシーでも、私たちが「舞妓さんに会えなかった~」というと、タクシーの運ちゃんが舞妓さんと芸子さんの写真を見せてくれたり、五条の牛若丸と弁慶の像を見せてくれたり・・・。しかも、駅のトイレで「紙がない~」と言っていたら、綺麗なおねいさんが「使います?」って紙をくれたり・・・。京都の人ってなんでこんなにいい人が多いんですか?

そんな感じで、京都の人たちの温かさに触れまくって、ホテルに帰りました。
明日は、いよいよ大阪に向かいます。

つづく・・・
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-25 14:49 | 旅・自然・自転車
京都大阪旅行日記 2日目
昨日、たまたま久しぶりに会った友達に「京都行ってきたんだよ~」って自慢したら、
「オレも行ったよ、祇園祭!」なんて言われて、びっくり。
そんなこともあるんだね。奇遇すぎるよ。
というわけで、京都大阪旅行日記、2日目スタートです!

------------------------------------------------------
7/16 琵琶湖→京都大原三千里→寂光院 2日目
------------------------------------------------------
朝、7:00起床。ホテルのパンとジュースだけという超簡単な朝食を食べてから、おじの運転する車でまずは琵琶湖へ。おじが「どうしても見せたかった・・・」という琵琶湖は、想像を絶するくらい大きくて広くて深くて堂々としていて、海みたいだけど海とは違う静けさで、なんだか眺めているだけで包み込まれてしまった。ちょうど、蓮の花のシーズンで、これまたすごい勢いの蓮の群生も見ることが出来た。
b0054993_22484659.jpg
「ほころぶ蓮の花」

琵琶湖は、一昔前、文明の発展と共に生活排水や工業排水でどんどん汚れていってしまったそうな。それを危惧した琵琶湖周辺に住む人々が、積極的に「琵琶湖を守ろう」という運動してどんどん琵琶湖が綺麗になっている・・・という話を聞いた。現に、蓮だけじゃなくジュンサイのような水草が水面にたくさん広がっていたし、釣り糸を垂れる人達をたくさん見かけた。風力発電(私は風車と呼んでいるのだが)もちゃんとくるくる回ってた。
b0054993_22552614.jpg
「琵琶湖の風車」

それから、大原の三千院へ。私の母は、京都といえば「京都~♪大原、三千院~♪」と必ず歌うほど三千院が好き(?)らしく、また、私も今回は「絶対京都の山の方のお寺に行きたい!」と思っていたので、そんなこともあって三千院に行く事になった。町を抜けて、比叡山や鞍馬山を眺めながら大原へ。雨が降り止んで、比較的涼しくなった濡れた山道を歩いていく。おみやげ物屋さんと川の間の道を登っていくと、ようやく三千院についた。まずは、院内へ。ココは、お庭が素晴らしくて、縁側(?)には赤い敷物が敷いてあって、お茶が飲めるようになっていた。なので、もちろん一服。お茶を出してくれたお坊さんが「朝方は雨が降っていたけれど、今は晴れて~。いい時に来はったな~。緑が映えてみえますやろ。」と。確かに。緑がすごい。
b0054993_2256618.jpg
「三千院の縁側にて」

そして、境内を散策。ここには驚くほど可愛くて小さなお地蔵様がいる。2体で寄り添っていたり、満足げに顔だけ覗かしていたり・・・。首をかしげているこんな可愛いお地蔵様達を私ははじめて見たぞ。
b0054993_22564443.jpg
「連れて帰りたくなりました」

お昼。三千院のお蕎麦屋さんで昼食。昼食を食べていると、だんだん雨が降り出してきた。朝から天気が悪かったけれど、とうとう降ってきてしまった。けれども、しょうがない。傘を差しつつ寂光院へ向かう。この素敵な名前のお寺。元は尼寺。第3代の尼さん、建礼門院徳子が有名。平成12年の火災で本尊(六万体地蔵尊)や樹齢千年の名木が損傷した(今は復元された本尊)。けれども、その庭園は今でも本当に美しい。
b0054993_22572244.jpg
「雨の寂光院」

本降りになってきた雨の中、雨宿りをする。境内に腰掛けて小一時間程を過ごした。途中、雷がなってきたりしたけれど、雨の中、みんなでぼーっとお庭を眺めた。雨の音と匂い。するする流れる雲。時々光る雷とその雷鳴。お地蔵様に守られて、ものすごく贅沢で濃い時間を過ごした。本当はいけないことかもしれないけど、はじめてお寺でごろっと寝転がったりもした。(お寺で寝転がるの、夢だったんです。)

それから、京都市内へ。本当は宵山をみようと思っていたんだけど、雨がすごかったし、明日のメイン山鉾巡行の為に早起きをすることになっていたので、ホテルに帰ることに。宵山でみられる各家の家宝!とか見たかったけどね。夕食は、ホテル近くの焼き鳥屋さんで、みんなで焼き鳥をもりもり食べました。

よっしゃー!明日は6時起きだー!

つづく・・・
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-23 22:42 | 旅・自然・自転車
京都大阪旅行日記 1日目
7/15~7/19、京都&大阪に行ってきました。
関西地方だけに限らず、日本中で大雨大荒れの天気が続いた日々でしたが、
旅行自体は、それでも充分楽しめて満足な旅でした。
京都大阪旅行日記。ごゆるりとどうぞ~♪

-------------------------
7/15 東京→京都 1日目
-------------------------
東京から京都へ、新幹線で2時間半の旅。今回の目的は祇園祭。滋賀に単身赴任しているおじの誘いで、初めて祇園祭を見に行く。三連休中の祇園祭だから、大混雑を予想して新幹線に乗り込んだが、案外すんなり座れたりして、楽しい旅行になりそうだと胸が膨らむ。
b0054993_13184188.jpg
「京都タワー」

お昼過ぎ。京都に到着。覚悟はしていたけれど、いやいや暑い!お昼に食べたラーメン屋さんでもらったうちわが大活躍する。今日のメインはなんといってもおじが予約してくれたという「京料理」。それまで時間があるので、京都駅から程近い「三十三間堂」へ。

真夏ようなの炎天下の中、タクシー待ちには行列が出来ていたので、歩いて向かうことにするが、これが大失敗。暑くて暑くて、無事に三十三間堂にはつくが、堂内で本当に倒れそうになった。でも、三十三間堂内は、相変わらずの圧巻。真ん中の千手観音様にお線香をあげて手を合わせて、お参りをする。

b0054993_13214341.jpg三十三間堂を出て、みんなで堂前にあるお茶屋さんに駆け込む。三十三間堂に入る前、ここで絶対休憩しようと氷の旗を確認していったから。考えることはみな同じ。でも、本当に暑かったんだから!!「京菓匠 七條甘春堂本店」というお茶屋さん。2階に通されて、はいると床の間のある畳のお部屋。お座布団とお茶用の火鉢(?)だけがある。そう、テーブルとかがないの。いや~、京都のお茶屋さんって感じやわ~。私は葛きりとお抹茶を。一つ一つお膳に乗せて運ばれてきて、お膳に折り紙で折られた鶴がちょこんと乗っていたりして、感動。葛もひんやりと心地よく冷たくて本当に美味しかった。幸せ♪
b0054993_1457318.jpg
「お茶屋さんのお庭」

それから、ホテルへと向かう。京都市内のホテルはもちろん取れなかったので、おじの住む滋賀の瀬田というところのホテルへ。京都から電車で15~20分。そんなに遠くないからね。ホテルでお風呂に入ってから、京料理のお店へ。

おまかせの京懐石・・・ということで、本当に楽しみにしていった。お座敷のお部屋に通されて、まずは乾杯。それから出てくるお料理は、どれもこれもちゃんとしてて美味しかった。先付けの山芋のスープや、初めて食べた生ジュンサイ。おつくりも美味しかったし、アナゴの卵とじも、水ナスも、季節感が溢れてて、最後のご飯物はそうめんが出た。このそうめんすごい細いの。市販用に作られたものじゃないからこんなに細いんだって。ゆっくりゆっくり食事を楽しみました。(カメラを忘れて写真なし・・・残念。)

食後。お酒もはいりテンションがあがった私たちは、カラオケやへ。まさか、京都でカラオケに行くとは思わなかったけど、たっぷり2時間歌い、京都の夜は更けていきました。

明日は、大原の三千院に行きます。

つづく・・・
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-20 13:51 | 旅・自然・自転車
トマト石けんの生地
もうすぐ夏なので、夏に向けて夏野菜を使った石けんを作りました。
第一弾は、トマト石けん
トマトをざくざく切って、ミキサーにかけてジュースにします。
それを濾して液体部分だけを水の代わりに使ってみました。

トマトジュース、濃縮じゃないので色はつかないかな~と思っていたら、
b0054993_21461982.jpg
いやいや、きれいなトマト色に。
型入れ前の石けん生地ですが、自然の色って本当に美しい(うっとり)。
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-11 11:34 |
たんぽぽ珈琲 今度は作ってみた
たんぽぽ珈琲、前にも飲んでるって書いた事あるけど(前記事)、たんぽぽ100%っていうのがなかなかない!珈琲の代用品としても有名だからか、珈琲のフレーバーや加糖されている物ばかりで、そんなんじゃ飲む意味がない!と思って、最近飲んでなかった。けれども、ちょっとたんぽぽ珈琲の石けんが作りたくなってですね。上野にダンディリオン(たんぽぽの根っこ)が売っていたことを思い出して、ならば自分でローストしちゃおうと思い立った訳です。(つまり、今まで自分でローストするのが面倒だった訳です。)

b0054993_13122423.jpgこんな感じで乾燥して刻んである。
ダンディリオンです。
これをフライパンで乾煎りしていく。
弱火でね。
b0054993_1314593.jpg根っこの大きさが色々なので、
ある程度乾煎ったところで、

b0054993_13151622.jpgミキサーにて粉砕し、
均等に熱がいくようにする。
b0054993_13153223.jpg10~15分後。
色が徐々に変わっていく。
b0054993_1315495.jpgさらに10~15分後。
大分珈琲に近い色合いになったので、出来上がり。煎っていると、どこまで煎ればいいのか分からなくなってくるけれど、そこは、自分の五感を信じてください。
b0054993_1316840.jpg早速、試飲。
<左>たんぽぽ珈琲ラテ
<右>たんぽぽ珈琲ブラック
ローストし過ぎたのか濃く淹れ過ぎたのか、ちょっとビターな感じになりました。でも、味も見た目もちゃんとたんぽぽ珈琲だよ!そもそも、たんぽぽ珈琲は家庭の味ですから、多少のことはいいんです。

煎っている間は、たんぽぽ珈琲の香りに包まれてとても幸せな気分になった。たんぽぽ珈琲の香りにつられて、うちのワンコ(食いしん坊)も寄ってきた程。
思いのほか簡単なので、また作ろう。
でも、夢は「自分で摘んできたたんぽぽで作る」です。

[PR]
by chio-ringo | 2006-07-08 13:44 |
なんか・・・
サーバーの不具合なんだか分からないけど、
自作のスキンの画像が表示されなくなっちゃってるんで、
しばらくエキサイトのスキンに戻します。
スキン、代えるの久しぶり。
こうなると全然ちがうブログみたい・・・。

夜も更けているけど、ちょっと嬉しいお話(私にとってね)。
今年は、な、なんと京都の祇園祭に行くことになったのだ~!
私のおじさんが、京都に単身赴任してるんだけど、よんでくれたの。
家族みんなで行ってきます。
京都行って~、ついでに大阪にも行きたいな~って思ってる。
夏の旅行第一弾、すごい楽しみだわ。
(第二弾、あるか分からんけど)。
なので、京都方面の皆様(そうじゃなくても)、
おススメスポット、あったら教えてくださ~い^^
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-08 01:58
蓮 生い茂り
自転車に乗って・・・。
久しぶりの忍ばずの池です。
b0054993_12353631.jpg
この時期、一気に蓮が成長してくる。
花はまだなようだけど。
b0054993_1236065.jpg
こんな、蓮見茶屋がたっていた。
うえの夏まつりの一環らしく、9/30までやってるそう。
お茶を飲みに今度、寄ることにする。
b0054993_12361880.jpg
なんかさ、自転車に乗ってポタしていると、
いろんな人に話しかけられるんだよね。
写真を撮りながら、ぼんやり池を眺めていたら、
おじさんに話しかけられ、その間中、ハトが周りをウロウロしていた。
(食べ物(餌)なんて持ってないのに・・・。)
まあ、それもまた一興カナ。

[PR]
by chio-ringo | 2006-07-05 12:51 | 旅・自然・自転車
ハーブの饅頭石けん
この7月で、石けん作り4年目突入です。長いような短いような。
これからも石けん作り、精進していきたいと思います。

・・・とはいえね、誰だって失敗するときもあるじゃないですか。
暑くなりつつあるこの頃、先日、石けんの型入れのタイミングをはずしまして、
石鹸生地がボールの中で固まってしまいました・・・。綺麗にジェル化してたし・・・。
残り少ないメントールクリスタルを使って、薄荷小豆の石けんにしようと思ってたのに、
これじゃあ出来ません。あーあ。

でも、このままにしていてもしょうがないので、
サランラップにくるんでハーブを散らし型にぎゅうぎゅう押し込んでみたら、
こんな手作り感全開な石けんになりました。

b0054993_9211056.jpg
名づけて「饅頭石けん」
(どうみても、饅頭にしか見えないから)


一つ一つ丸めるが大変だけど、いつも作っている石けんと雰囲気が全然違って、コレはコレで面白いかな~と。今度は、日本酒と酒粕で「酒粕まんじゅう石けん」を作ろうかな~(なんて)。
[PR]
by chio-ringo | 2006-07-01 09:53 |