<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
音、言霊、波動
まだ学生だったとき、何をしているときか忘れたけど、

ああ、自分の中のものを出すってことが、表現するって事なんだな

と、気付いたことがあった。文字にしちゃうととても簡単なことなんだけど、当時、なにかもやもやした感じがあるときには、手を動かして、絵を描いたり、何か作ったり、楽器を吹いたり、歌ったりしていたから、すごく切実に体感的にそう感じたのだ。そういうことをしている時は、自分の中のものを吐き出している感じがあった。そして、私が生きていく上では、それは本当に大切なことで、それをしなくなったらきっと、自分はなくなってしまうって思った。大げさだけど、そう思った。

そしてそれは、今も続いている。表現する方法は、その時々によって違うけど、何かそう夢中になって没頭してやっていると、自然に還ったときのようにすっきりとリセットされたようになる。吐き出したものがいいものか悪いものか分からないけれど、それが表現となって、芸術家の場合は芸術に、音楽家の場合は音楽になっていくんだと思う。それは特別なことでは決してない。でも、その吐き出す方法が見つからないと、その仕方を間違えると、とんでもないことになってしまうんだろう。

最近、私は合唱をはじめた。年末の演奏会に向けて練習をしている。久しぶりの合唱と始めてのドイツ語で、私はまたとんでもないことを始めてしまった・・・と思ったが、でも、その合唱がとてもすごい。音、言霊、波動・・・。これって目に見えないものだけれど、確実に人に影響を与えるものだと思う。というか、毎回の練習で与えてもらっている。楽器を長い間やっていたけれど、人間の声というのはどんな楽器よりも人間に響いて届くような気がする。これが何十人、何百人の合唱・・・となると、震え方が半端じゃない。まだ拙いドイツ語と音程で歌っている私だけれど、夢中になって歌っていると、最後には足元からぐるぐるぐる~とエネルギーの塊みたいなのがきて、それに、私はもちろん部屋全体が包まれる。これが最高に気持ちがいい。人が歌うことで人を癒せる・・・、音と言霊の力ってすごいと思う。それは、今まで独りよがり(?)だった自分の為だけの表現を超えて、確かにある、人を癒す助ける救う力だ・・・と、新たに発見しました。

これからも、練習頑張ります。
[PR]
by chio-ringo | 2006-09-30 18:19 | 音・芸・映
秋の空の下
b0054993_1643877.jpgふと見上げた空が雲がとても綺麗だったので、ぱちり。

風も冷たくなってきて、気分もちょっとしんみりと。

最近は、自分にどんどんプラスしていきたいと、悪いところを変えようと、勇気を出して色んなところに出向くようにしている。

そして、色んな人たちと出会う。

いい出会いも悪い出会いも、合う人も合わない人も、認めてくれる人もけなす人もいるけれど、8割がたは、いい出会い・・・だと思う。(だと、信じたい 笑)

新しく出会う人たちは、今の自分の鏡だ・・・というけれど、すごい尊敬できる人も、ちょっと嫌だなと思う人も自分か・・・と思うと、なるほどな~と思う。

いい人も悪い人もどんな形であれ、ど~んと受け止められる広い心を持ちたいと思っているけれど、自分のこともそう。自分自身のいい部分も悪い部分も受け入れて、認めることが出来るようになれば、今よりはもっと人として成長できる・・・そんな気がする。自分のことがもっと愛せれば、他人のことももっともっと愛せるとか。私は、う~んと愛の人になりたいな。

・・・そんなことを思った、秋の空の下でした。
[PR]
by chio-ringo | 2006-09-23 18:05 |
ひょうたんの本
ひょうたんの本を何冊か読みました。

b0054993_2213471.jpgひょうたんの絵本 おおつき よしあき著
ひょうたん界では有名(?)なジャンボひょうたん会の設立者、おおつきさんのひょうたんの絵本です。絵本なので大判で、絵がたくさんでとても読みやすい。けれど、内容はかなり濃い・・・。ひょうたんの育て方、ジャンボひょうたんの育て方、加工の仕方、ひょうたんの種類、歴史、ひょうたんで作る、マラカス、オカリナ、ランプ、スピーカーの作り方等など。簡単に分かりやすく書いてあります。一番、驚いたのはひょうたんが水入れになるのはもちろん、火にかけられるという事。2~3回ならば、お湯を沸かすことが出来るそう。いつか、ひょうたんで沸かしたお湯でお茶が飲んでみたい。出来れば、ご飯とかも炊いてみたい・・・。夢が広がりました。


b0054993_2213454.jpgとことん楽しむヘチマ・ヒョウタン  堀 保男著
ひょうたんの育て方を参考にしました。写真入りで詳しく説明してあります。ひょうたんとヘチマは同じウリ科の植物。育て方も似ています。ひょうたんが今の時代まで育てられてきたのは、道具や容器として非常に重宝されてきた歴史があるから。軽くて丈夫で水漏れがしない道具は、プラスティックが出てくる前までは、非常に貴重だったんです。ひょうたんLOVEな私ですが、来年はヘチマも育ててみたい。ひょうたんは肥料も食うし、病気にも弱い植物ですが、ヘチマは基本的にとても強い植物。ヘチマ水で石けん作って、ヘチマたわしも作りたい。野望が広がりました。

ひょうたんの作り方・楽しみ方 全日本愛瓢会
これは、マニアックな本です(笑)。ひょうたんの加工の仕方も板で挟んで形を変えたり、漆塗り、金箔はり、カビを生やした模様を楽しんだり、写経したり、螺鈿したり、デコパージュしたり・・・。面白いけど、なかなか素人には出来ない技です。あとは、ひょうたんの歴史について詳しく書かれています。一番興味深いのは、ひょうたんを使った楽器について。ひょうたんはとても共鳴がよい素材なので、多くの楽器に使われていて、カリンバやシタール、ビリンバウ、胡弓、ヘビ使いの笛(コブラ笛)、カスタネット、マラカス、フラタイコ、ギロ、マリンバ・・・など等。しかも、こういった民族楽器というのは、その民族の歴史をとても伝えているもので、支配されていた時代に、民族の武術を絶やさないため支配者にカモフラージュするのに武器にひょうたんをつけて楽器にしていたり。音楽や踊りというのは、そもそも神に捧げるためのものであったことから、ひょうたんと信仰の関わり、ひょうたんの種子は生命誕生のシンボルで、中が空洞で見えないというのは、異次元の世界を意味したり。また、生きていくうえで欠かせない水をいれる水入れとして、水と同じくらい尊ばれて、空と水の信仰がひょうたん文化の根底にある・・・そうです。う~ん深いね、ひょうたん。
[PR]
by chio-ringo | 2006-09-19 22:55 |
ひょうたん加工 ~種だし編~
お待たせしました(?)
ひょうたん加工編です。

b0054993_225058.jpg
えっと、結局ひょうたんは36個収穫できました。
これを全部加工か・・・。
気合を入れていきましょう。

b0054993_22502931.jpg
今回、私は「ひょうたんごっこ」という、
簡単に中身を腐らせてしかも無臭!という商品を使いました。
酵素とクエン酸をぬるま湯に溶かして、ひょうたんに注ぎいれます。

b0054993_22505280.jpg
ひょうたんの口に穴を開けます。
キリや電動穴あけ器を使うと便利。

b0054993_22513473.jpg
「ひょうたんごっこ」を注いだら、
ガムテープで蓋をします。
たまにばしゃばしゃ振って、ぬるま湯を注ぎ足しながら、1~2日。

b0054993_22523266.jpg
すると、すっかり中身が溶けて、きれいな状態に。
これは、ランプ用におしりに穴を開けたものなので、種だしは簡単。
でも、口から種を出すとなると、結構大変でした・・・。

b0054993_22525721.jpg
口から種を出したひょうたん。
灯りに透かすとキレイ・・・。

b0054993_2253172.jpg
種や中身をすっかり出したら、
水につけて今度は表皮を腐らせます。

b0054993_22534474.jpg
ひょうたんが浮かないように、皿でおもり。

b0054993_22552425.jpg
そして、フタ。
腐ると臭いので、ちゃんとふたつきバケツで。
1~2週間で、表皮が腐るそう。
なので、またしばらく放置プレイです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加工しようと思いつつ、なかなか都合がつかず、途中カビが生えたりしてました。
(でも、カビは模様付けにわざと生やす人もいるくらいなので、大丈夫です。)
1~2日で、中身が溶けるとのことでしたが、
私は結局、ちょっとづつしか作業できなくて、トータル4日くらい種だしをしてました。
その間、表皮が黒くなったりカビ生えたり・・・どうなることかと思いましたが、
結局、一皮むけるとつるつるの肌がみえてきて、一安心。
最初は、やわらかかったひょうたんも、次第とかたくしっかりとしたものになっています。
・・・その変身振りに、またまた恋に落ちてしまいました。
はまる訳だ、これは(笑)

次回は、乾燥&作品作り編の予定です。
おたのしみに~^^

おまけ→
[PR]
by chio-ringo | 2006-09-14 23:28 | 生活
ひょうたん収穫祭
友達の畑で育ててもらっていたひょうたん。
9月初めのとてもよく晴れた日。ひょうたん収穫祭をしました。

b0054993_1502124.jpg
畑へ向かうおじいちゃんと孫(友人)。
畑がとにかくとても広いんですよ。(羨ましい。)

b0054993_1504647.jpg
ひょうたんの棚。
すっかり枯れてしまっているひょうたん。
収穫時期を見定めるのが初心者には難しいというので、
あえて枯れるまでほっといてもらいました。
(枯れても実は大丈夫らしいので。)

b0054993_151127.jpg
あっという間に、ひょうたん収穫完了。
とにかく、いっぱい取れた。
いくつかすでに、落ちちゃっているのもあったけど。
大満足。

b0054993_1511790.jpg
お次は、昼ごはんの物色。
お化けみたいな茄子。

b0054993_1513219.jpg
私たちが芋ほりをしたいといったので、
孫たちのために芋ヅルを刈ってくれるおじいちゃん。
超かっこええ。。。
「ツルから出てる白い汁は手に付くと黒くなるから、気をつけな~」とか、
「昔は、このツルもよく食ったんもんだ」(佃煮みたいにしたらしい)とか、
いちいちぐっと来ることを教えてくれます。

b0054993_1514712.jpg
食材調達終了。
畑からとってきてすぐに料理をする。
理想的な生活だ。
茄子とトマトでパスタを。

b0054993_152337.jpg
芋は、ふかしてもらいました。
私が以前友達にあげた、イタリアの粗塩をつけて食べた。
すごいおいしい!甘い!!
沢山あるので、残りはスイートポテトに変身しました。

b0054993_1522039.jpg
こんなんがたくさんとれました。
ひとつひとつ大きさも形も微妙に違うひょうたん達。
可愛すぎてみとれてしまう・・・。
ひょうたん、LOVE。


次は、ひょうたんを加工していきます。
つづく・・・。

[PR]
by chio-ringo | 2006-09-10 15:29 | 生活
ついに・・・
b0054993_122239100.jpg咲きました~!咲きました~!!
今日の朝、「どれどれ?」とブラインドをあげてみたら、例の明日葉のつぼみがひらいていて、こんなに可愛い白い花が、ぱちんと咲いていました。

・・・フェンネルの白バージョンみたいだ。(なんて、タイムリーな^^;)

まだまだ、数個つぼみがついているので、それらが咲くのが楽しみです。
[PR]
by chio-ringo | 2006-09-07 12:26 | 生活
咲くか?!
b0054993_1025465.jpg2、3年前くらいに、駅前の園芸店で買った明日葉(アシタバ)。小さな苗だったのが、今では1メートルくらいに成長し、明日葉は、すごい栄養があるというので、たまに食べてます。

でも、この度、明日葉に初の変化が!!いつものようにひょろ~んと葉が伸びてきたのはいいんですが、明らかに様子が違う。

・・・これは、花のつぼみですか?

咲くのか?!明日葉!!
[PR]
by chio-ringo | 2006-09-04 10:32 | 生活