<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
朗読を聴きにいく
先日、はじめて「朗読イベント」なるものに行って来ました。
朗読・・・。
これを、自分なりの表現(?)として活動している人たちがいるんだと知りました。
実際、聴いてみると、演劇でもなく歌でもなく、
でもすごく大きな世界を表現できる方法なんだな~と、ちょっと感激した。

子供への本の読み聞かせ・・・の大人バージョンですか。

「廣島屋式 夜の過ごし方」
〜第1夜 怪奇幻想朗読者×えろきゅん×井上雅彦×夢野久作=?〜
常川博行(怪奇幻想朗読者) 
井上雅彦が選ぶ、常川博行の朗読で聞きたい井上雅彦ホラー短編
川上史津子(歌人・女優・作家) 
自作「えろきゅん」より/夢野久作「瓶詰の地獄」
廣島屋+太田和秀ユニット 「夢十夜」など

けっこう、怖い話だよ・・・といわれて、ドキドキしていきましたが(怖い話は苦手)、
何のことはない、すごく面白かったです。
内容は、確かにとてもダークで、なんと言うか人の心の中の鬱積や迷いやどうしようもないことへの焦りや苛立ちが混ぜこぜになっているような気分にさせる感じで、普段はぜんぜん読んだりしない話ばかり。でも、楽しめた。

帰りの車では、みんなで朗読者の真似をして「ぼくのせいじゃな~い!」などど、
叫びながら帰りました。
たまには、普段聴かないものを聴くのも、いいものですね。
芸術の秋・・・到来です(笑)
[PR]
by chio-ringo | 2006-10-26 12:34 | 音・芸・映
合唱の練習
合唱は始めて、早1ヶ月。
始めてから、発表会の曲とその歌詞(ドイツ語)を、それはもう聞きまくりました。
ドイツ語・・・なんて普段聞く機会なんてないので、耳がなれるまで結構苦労しました。
今では、音も何とか取れるようになり、ドイツ語も(巻き舌を除いて)なんとかいえるようになり、・・・はい、歌っております!(わーいわーい!!)

練習に行くと、最初は軽く体を動かしてから、発声練習をします。
あのピアノの「ちゃちゃ~ん♪ドレミファソファミレド~♪」ってやつです。
その際に、先生から発声について色々なことを教わります。

・ため息を出す感じで声を遠くに飛ばす。
・口は縦に開く。
・笑ったときのほお骨の位置を保ちながら、言葉をいう。

出しにくい音、特に高音を出すとき
・頭の後ろ側を開けるイメージで音を出す。
・出す音を確実にイメージして、上からかぶせるようにして音を出す。
下から持ち上げるように出しては駄目。
・のどの下や鎖骨、肩に力を入れない。出しにくいときほど、力を抜く。
高い音を出しながら、肩や首を動かせればOK。

これが、なかなか普段の生活にも役立つんじゃないかと秘かに感じました。
つらいときほど、力を抜く・・・っていう所です。
あと、やっぱりイメージって大切だなあ。
自分でイメージできなければ、その音を確実にとらえて出せないわけです。
これって、普段の生活でも同じ。
夢をきちんとみなければ、夢を叶えることは出来ないって事です。(飛躍しすぎか?!)
とにかく、今は練習が楽しいです。1人で家練していても楽しいです。

ところが気になることが1つ。
練習に行くと、なぜだかいつも隣に座っているおばあさんがいて、私よりも1週間後に入ってきたんだけれど、いまだに「歌えない歌えない」って言ってるんです。おばあちゃんなのに、なんてネガティブ・・・。だから、「CDを何回も聞きまくるといいですよ」って教えてあげるも、「私は音符が読めないから・・・」って。「音符もドイツ語も読めなくてもCD聞きまくれば覚えますから!」って言ってるのにぃ。「あなたは歌えていいわねぇ」だって。う~ん、私もかなり努力したんだけどな~。どうしたもんだろう。早く、あのおばあちゃんも歌えるようになって、笑い合いながら練習出来るといいけどな。
[PR]
by chio-ringo | 2006-10-19 17:25 | 音・芸・映
フリマ出店のお知らせ
秋も深まってきて、夜には肌寒くなってきたこの頃ですが、
空気はカラッとして、過ごしやすいですね。
石けんたちにとっても、今がベストシーズンです。

という訳で、今週の日曜日10/22に、
千葉の船橋港親水公園のフリーマーケットに出店します。

今回は、旅好きな友達が海外で集めてきた雑貨と私の石けん。

石けんは、おそらく10種類以上持っていきます。
その他にも、手作りした雑貨も持って行きます。

船橋港親水公園は、写真で見る限り川に面した公園で、
なかなかいい雰囲気なのです。
実際、行ったことないので分からないんだけど。
でも、楽しみだ~。

皆様、お近くにお越しの際は、是非お寄り下さい。
船橋は、うわさのIKEYAもあるので、買い物がてら遊びに来てください。
お待ちしております^^


船橋港親水公園
〒273-0012 船橋市浜町2
最寄駅 南船橋駅 大神宮下 船橋競馬場。
ららぽーと隣(銭湯常盤殿・三井ガーデンホテルそば)
会場アクセス(地図
[PR]
by chio-ringo | 2006-10-16 14:59 |
キラキラの瞳たち
昨日は、ギャラリーの日。午後1時くらいから8時までいた。
ギャラリーは、閑静な住宅街にあるので、平日の昼間は特に人通りが少ない。
その間、ディスプレイを変えてみたり、鉄板にポスカで石けんのメニュー書いたり、オーナーとブルーベリージャムを入れた紅茶を飲んだりしながら、のんびり過ごした。

けれどもそんな中、ギャラリーがにわかに活気づく時間帯がある。
5時~7時にかけての子供タイム。

ギャラリーの周りには、若い家族が多くて、その時間帯になるとどこからともなく、子供たちがわーっと集まってくる。そんな子供たちに、オーナーはチョークをあげたり、おやつをあげたりするから余計にそうなんだけれど。普段、めったに子供に会う機会なんてない私は、最初、そのパワーに圧倒された。2、3人ならともかく、10人以上いる子供たちが、わーわーキャーキャーわーわーキャーキャー。自転車や三輪車をこぎまくり、走りまくり、いたずらしまくり・・・そうかと思えば、転んで泣いたりするし。生意気な事言ったり、嫌がることを平気でするから、もう、どうやって接していいか分からなくて、一歩引いてました。

でも、そんな彼らと何回か会ううちに、その行動や言動の裏にある、寂しい気持ちや甘えたい気持ちなんかが見え隠れして、そういういけないことをする子ほど、愛が欲しいのね・・・と、思えてきたりしまして。なんかこう、ぎゅーと抱きしめてあげたくなったりするから、不思議です。

しかし、遊んでいる子供の目って本当にキラキラしてる。口では、変な下品な替え歌とか歌ってるんだけど(「人間っていいな」と「フジッコのお豆さん」の替え歌が流行中)、一緒に走り回って遊んでいると、その屈託のないキラキラした目たちが追いかけたりして、かなり癒された。

もちろん、もちろんね、ギャラリーのお仕事はするんだけれど、子供たちと遊ぶのが楽しみになってきているこの頃です。どの子も、目線の高さできちんと向かい合って話をすると、きちんと通じるし話してくれる。今の子供たちは危ないと言うけれど、どの子もそんなに悪い子っていないと思った。そう仕向けているのは、一体何か?このキラキラした目を曇らせないよう、育っていって欲しいものです。

b0054993_14184989.jpg
[PR]
by chio-ringo | 2006-10-14 15:16 |
廃油ろうそく
b0054993_1243397.jpg廃油でろうそくを作りました。

作り方は、かんたん。廃油を市販の油脂凝固剤で固めるだけ。通常の分量の約2倍で固めました。ろうそくの芯は、タコ糸。毎日使いたいので、色々試しました。

廃油で作りますので、一番気になったのは燃やしたときの匂い。廃油の中に残る食物の匂いなのかな~と思ったら、廃油の油=菜種油自体の匂いでした。菜種油は、江戸時代から灯りとして使われてきたそうですが、江戸時代の灯り・・・は、なかなか馴染みませんでした。

そこで、廃油に匂いの少ない綺麗な油を新たに足して作ってみたところ、それほど匂わないろうそくにやっとなりました。ろうそくの形も、最初はフィルムケースで作って、固まらせた後ケースから抜き取って使ったんですが、溶ける溶ける・・・(笑)なので、小さな耐熱のガラス容器に入れて作ることにしました。


b0054993_12463937.jpg写真のろうそくは、何も色付けしてませんが、燃やしていると溶けた部分と固まっている部分で層が出来て、とても綺麗・・・。他には、クレヨンで色付けしたものも作りました。

こうしてやることによって、水を汚してしまう廃油が少しでもリサイクル出来たらいいな~と思います。

みなさんも、簡単に出来ますので、いろいろ試して作ってみると面白いですよ。


余談&追記・・・おヒマなら、どうぞ。
[PR]
by chio-ringo | 2006-10-12 13:49 | 生活
原風景
ようやくあの台風のような雨が晴れて、今日の朝、ジョギングをした。
ジョギングといえど、まだ早めのウォーキング。
しかし、スカッと晴れ渡った秋の空。抜けるようなこの感じは、体も足取りも軽くしてくれる。

近所だけど、普段は全く通らない道や路地を風と一緒に抜けると、
そこには懐かしい風景が広がっていた。
それは失われつつある、私の原風景だ。

最近知り合った写真家さんの影響を受けて、撮った写真をモノクロにしてみた。
モノクロの写真は、今までそんなに好きではなかったけれど、
こうしてみると、しっかりと心に焼きついてくる・・・そんな気がする。
見ていると、幼い頃の、あったかくて丸くて甘いあの感覚が、よみがえってくる。

こういう風景がなくなっていってしまうのは、しょうがないと思っていたけれど、
こうやって写真という形で残していくのもいいのかも知れない。
少しずつでも、こういう風景を撮っていきたいと思った。

原風景・・・原体験から生ずる様々なイメージのうち、風景の形をとっているもの。
原体験・・・記憶の底にいつまでも残り、その人が何らかの形でこだわり続けることになる
幼少期の体験。(三省堂「大辞林 第二版」より )


b0054993_121117.jpg


b0054993_1211168.jpg


b0054993_12131447.jpg


b0054993_124775.jpg

[PR]
by chio-ringo | 2006-10-08 12:31 | 音・芸・映
手作り石けんのギャラリーがはじまります
ちょこっと告知。

東京世田谷の「ギャラリーみかしトウキョウ」にて、
ナチュラルな素材を使った手作り石けんの展示&販売を
10月7日(土)よりスタートいたします。

私が主催する「TUNAGU“繋”SOAP」を軸として、
からだと環境にやさしい暮らしをご提案・・・という形で、
ワークショップなどもやっていきたいな~と思っています。

ギャラリーみかしトウキョウは、2坪ほどの小さなギャラリー。
今は、写真の展示販売を中心に運営されています。

ここのオーナーと私の出会いは、なんとフリーマーケット!
そこで私の石けんを気に入ってくれたオーナーが、まず水戸のギャラリーに、
それからこの東京のギャラリーにも石けんを置いてくれるということになりました。

10月中は、金曜日の夕方~夜の間、私がいます。
お近くにお越しの際は、ぜひぜひ遊びに来てください。
(不定休なので、来る前にお電話いただけたらと思います。)
お待ちしております^^

b0054993_13402457.jpg
ちいさな家のちいさなギャラリー
GALLERY MIKASHI TOKYO
東京都世田谷区北鳥山1-52-1
03-5338-4951(運営事務局直通)
http://www.mikash.com/

京王線 芦花公園駅北口より徒歩10分
京王線 千歳烏山駅北口・京王井の頭線 富士見ヶ丘駅南口
京王井の頭線 久我山駅南口よりタクシー5分
中央自動車道高井戸ICより5分
[PR]
by chio-ringo | 2006-10-05 13:52 |