<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
はじめての鍼(はり)
b0054993_13104710.jpg先日、鍼灸士を目指している友人が家に遊びに来た。彼女は大学時代からの友達で、私にとっては大親友。昔から、人々に癒し系と言われ続けて、結局、本当に人を癒す仕事を選んだ。
昼は仕事、夜は学校と、大忙しの彼女だけれど、そんな中、滅多に取れない休日を使って遊びに来てくれた。そして、「もう趣味だからね~」といいつつ、鍼とお灸をしてくれのだ。

しかし、私は今まで鍼の経験がない。痛そうだし、やっぱり怖いよね~。でも、彼女の「痛くない鍼だから・・・」という言葉に、やってもらうことにした。脈診をしてお腹を診て、どうやら私は腎が弱いとの事。で、鍼治療。最初は、お腹をちょんちょんって鍼で触っていく接触鍼。これは、ぜんぜん痛くない。次にお腹や足のツボを色々押して、痛いところ嫌なところを探す。そして、今度は本当に刺す鍼。これは、やっぱりチクリと痛い。でも、しばらくすると不思議と痛みがなくなっていく。もっと、不思議だったのは、鍼を刺した後、痛くて嫌な感じがしたツボを押してもなんともなくなっていたこと!やっぱり、すごいな~。

b0054993_13295861.jpgそして、背中。肩甲骨あたりに鍼。そして、彼女お薦めの竹のお灸。竹筒を適当に切ってもぐさをつめたもので、冷え性に効くとか。竹をぽんぽんっと背中に押し付けていくお灸でこれは本当に気持ちよかった。最後に起き上がって、肩に鍼。これも、なんとなく硬かった肩が一瞬に柔らかくなったので、驚きです。彼女いわく「反応が早い」体なのだそう、私は。

私自身、すごく悪いところというのがなかったので、治療後の劇的な変化というのはなかったけれど、なんだかその後、やっぱり調子が良くなって調子に乗ってお酒を飲んでしまった。鍼の後は、本当はお酒いけないらしいのですが、「まあ・・・ね?!」といいつつ、一緒にお酒を飲んじゃう彼女のゆるい感じがすごい好きなのです。この鍼&お灸。続ければ確実に体に良いんだろうということは体感できた。秋になったら、竹のお灸作ってもらうんだ~。いい友達を持って、私は本当に幸せもんです。もちろん、お礼に豆乳鍋を作ってごちそうしました。
[PR]
by chio-ringo | 2007-03-31 13:48 | 生活
神様  川上弘美著
b0054993_1694966.jpg神様  川上弘美著

この小説は面白い!面白いのにジン・・・とくる。本当に川上さんという小説家ならではの世界ですね~。解説の方も書いているけれど、他人の夢の中を覗き見(覗き読み?)しているような感じです。この「神様」でいろんな賞をおとりになったのも頷けます。川上さんの本を読んだことない人には、これはお薦めですね。

「神様」のクマの事、私は好きになってしまいました。「河童」のお話も心底笑えました。しかし、「離さない」は、すごくぞっとした。意味が分からないって?それは、是非読んでみてください。一人で泣いたり笑ったり、すごく楽しめる一冊でした。
[PR]
by chio-ringo | 2007-03-25 16:18 |
バナナケーキ ラムいちじく入り
家にあったバナナが日に日にどんどん完熟していくのを見て、
バナナケーキを焼きたくなりました。
そういえば、この前もクリームチーズのバナナブレッドを作ったけど、
今回は、バターを使ったしっかりしたバナナケーキです。
しかも、ラム漬のいちじく入り。
本当は、ラムレーズンにしようと思ってたんだけど、
家にあるはず・・・と思っていたレーズンが見当たらず・・・。
なので、たまたま買って来た干しいちじくを一晩ラム酒に漬けて、
ラムいちじくを作り、バナナケーキに混ぜ込みました。
そして、イメージ的に、バナナを丸く飾った丸いケーキがポンと出てきたので、
いつも使う、パウンド型じゃない丸い型を使って(探し出して 笑)焼いてみました。
それがこれ↓
b0054993_16101177.jpg

焼いてるあいだは、どうなるかな~と思ったけど、
イメージ通りに出来たので、びっくり&嬉しかった。
しかもね、本当に美味しかったのよ~!
バナナケーキは、好きで何度も焼いてるけれど、上位に確実に入ります。
いちじくのプチプチした食感と焼いたバナナの香りと甘さと・・・もう、最高!

いつもより気持ちバナナを多めに入れたのが良かったのか、
完熟しすぎ?バナナが良かったのか、ラムいちじくが良かったのか・・・。
焼きたても美味しいけど、一晩置くとしっとりと味が落ち着いてまた美味です☆
b0054993_16102145.jpg

[PR]
by chio-ringo | 2007-03-15 16:29 |
デジカメラ 復活!
デジカメがと・ど・き・ま・し・た~!!
b0054993_21364444.jpg
b0054993_2137689.jpg
b0054993_21372211.jpg
さっそく、部屋のお花達を激写!(↑)
このカメラ、ちっこいくせになかなか撮れるでしょ?
というか、使い慣れたカメラなので(おそらく3年くらい)、
液晶小さくても、雰囲気で何となく分かる・・・という域に
どうやら達しているらしい(笑)

実物はこれです→
[PR]
by chio-ringo | 2007-03-13 21:48 |
デジカメラ
デジカメが壊れてしまって、写真の撮れない日々です。
するととたんに、ブログ更新もしたくなくなっていく・・・という悪循環。
私の使っていたサイバーショットUというデジカメは、
初期不良もあるし、液晶も小さいし、ズームも出来ないし・・・というデジカメだったんですが、
私は、その小ささに心底惚れこんでおりました。

それが、ついに壊れ、修理に出そうと思っていましたが、
修理に出すなら、買ったほうが安いよ・・・という意見も。
散々迷って、でもやっぱりこれがいいので、中古を探すことに。
で、案外さっくり見つかりました。
もうすぐ、届く予定です。

この何年間かこのちっさなデジカメがあることが日常で、
別に写真家さんでもあるまいし、そこまでカメラに依存している訳ではない・・・と思っていたけど、
いつもあったものがない!というのが、こんなにつらくテンションが下がることとは、
思ってもみませんでした。
日々過ごしていて、コレが撮りたい!今が撮り時!ってときにカメラがないのは不便です。
というか、フラストレーションが予想以上に溜まりました。
たかがデジカメ、されどデジカメ。
私にとって、たぶん携帯電話よりも大切な唯一の機器な様です。
あ~、早く届かないかな~。
[PR]
by chio-ringo | 2007-03-11 20:53 |
簡単!コットンパック&おススメ手作り化粧水
空気の乾燥が厳しいこの頃ですね。
普段、自分で作った石けんで顔を洗うだけで、寝る前のスキンケア・・・は、
ほぼ何もしない私ですが、さすがに目の下の頬骨辺りがカサカサしてきます。

そこで、困ったときの応急ケアとして私がしているのは、
「簡単コットンパック」です。

お風呂あがりに、コットンに化粧水をたっぷりしみ込ませて、
肌の気になる部分にぺたっと張ります。
それで、しばらく放置。
しばらくすると、ぺたっと肌に張り付いていたコットンが、
乾いてはがれてくるので、それで終了です。

後は、乳液とかクリームとか美容オイルとかで、
潤ったお肌にフタをします。

コレは簡単で、お金もかからない。
理想を言えば、自分で作った手作りの化粧水だと、
ジャバジャバたっぷり使えるので、すごくいいです。

この時期のおススメの手作り化粧水は、
「バラ茶の化粧水」「ルイボス&蜂蜜の化粧水」
以前、紹介した「りんごの化粧水」もおススメです。

春ももうすぐそこだけど、まだまだ空気の冷たい季節。
いつもより念入りケアで、乗り切りたいものですね。

「バラ茶の化粧水」・「蜂蜜を使った化粧水」のレシピはこちら
[PR]
by chio-ringo | 2007-03-03 09:55