<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
手作り布ぞうり
先日、とっても素敵な桐の下駄を見つけて、
案の定、思わず買ってしまった。

私は冷え性なので、普段あまり裸足でいないのだけれど、
今年の夏はとても暑いから、裸足も全然OKでしょう・・・ということで、
例のとても素敵な下駄を履いて、町に出た。

下駄って、こんなに気持ちのいいものなのですね!

36度のコンクリートジャングル(古い?)も、日傘差して下駄履いてカランコロン♪あるけば、
体感気温-5度ですよ。(あくまで、個人的な感覚です。)
それ以来、下駄好いている私です。

そこで、手作りの布ぞうりです。

b0054993_17204253.jpg
左は、白地に紫の矢羽の鼻緒。
鼻緒立は、ピンクの銘仙の着物地(古布)を使用。
右は、赤字に紺の市松模様の鼻緒。


これは、室内で履く用のぞうりなんだけど、すごくいいんです。
使い古したTシャツや、タオル、シーツなんかで作れる、リサイクル的な優れもの。
しかも、足に気持ちいい(風呂上りは最高!)、優しい、健康にもいいらしい。
手作り好きのわたしとしては、作るのも楽しいし、履くのも気持ちがいいので、
一足作ったらはまって、作り続けています。

写真のは、お友達にプレゼントしようと思って、ちゃんと買ってきた布で作りました。
白のぞうりなんて反則・・・と思いがちですが、汚れても、すぐに洗濯機で(ネットに入れて)じゃんじゃん洗えるからアリ!なんですよ。ちなみに、素材は綿100%です。鼻緒部分は、手ぬぐいの布を使ってます。
好きな布で、好きな柄で作れるのも、かなり楽しいです。 

b0054993_1728642.jpg
裏もきちんと・・・。
裏から見ても、鼻緒止がリボンみたいで可愛い。。。
b0054993_17281515.jpg
履くとこんな感じ。
ぞうりは、かかとが1、2センチ出るくらいがちょうどいい。
鼻緒を軽く引っ掛けて履くのが、粋な履き方。



今度は、いらなくなったバスタオルと、綿麻の布で作ろうと思ってます。
日本人ですもの、やっぱりぞうりっすよ、ぞうり!
さあ、皆さんも一足どうですか?
[PR]
by chio-ringo | 2007-08-25 17:39 |
素直に生きる
いいことの次には、悪いことがあって、
悪いことの次には、いいことがある

そう思いながら、過ごしていた時期がある。
だから、いいことがあると、次に起こる悪いことにびくびくしたりした。

幸せを恐れるものは、幸せになれない

こんな言葉を聞いたとき、ああ、私は幸せになれない人間なんだろうなって思った。
幸せになる人って、自分はそうなるんだって信じてるもんだからね。

でも、最近は、いいことがあったら素直に喜べる。
悪いことがあっても、必要以上に落ちこまない。

自分のコントロール出来ない事で、結果が決まるんじゃなく、
全ては、自分のしてきたことの結果だと思うようになったから。

今、与えられたことを一生懸命すべきである。
本当は、悩むことなんて一つもない・・・。
だけどね。

人間は考える一つの葦である

一生懸命、考えることがか弱い人間の人間たらしめていることだとも思うから。
悩むことも、時にはあり・・・なんじゃないかな。
じゃないと、成長とか感動とかないもんね、きっと。

ただ、今日、一つ得た事として。

素直に生きるということ。

ああ、これが今の私に必要なテーマなんだなと。
ある映画を観てて思ったんですけどね。
社会とか、世間とか、常識とか、そういったものって、
いつの時代もちょっと捻じ曲がっているというか。
その時々で、移ろい変わっていくもの。
そういったものは、本当の正義とか正しさではないから。

じゃあ、何を信じればいいの?って、それは、自分です。
素直に生きるって言うのは、自分を信じて生きるって事。

まあ、今の私に足りてない部分であるので、言葉にしてみました。
[PR]
by chio-ringo | 2007-08-07 01:10 |