<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
台湾 ~お茶紀行~
台湾といえば、最近日本でもとても人気のある「台湾茶」の国。有名な凍頂烏龍茶や高山茶も、台湾茶です。私も大好きで、よくお土産でもらったりしていたんですが、この度台湾に初上陸して、台湾茶に触れ合ってきました。

b0054993_1294070.jpg


---------------------------------------------------------------------


【美濃の雷茶(らいちゃ)】
b0054993_12161911.jpg
まずは、「雷茶(らいちゃ)」です。
このお茶は、「高尾」から車で約1時間ほど行った、「客家」と呼ばれる人達が多く住んでいる「美濃」というところで飲みました。お米やいろんな種類の豆やゴマやお茶やナッツ(この時は、20種類くらい!)を、すりこぎで粉状になるまですっていきます。

b0054993_12162910.jpg
6人がかりで30分以上!なかなか大変な作業だったけど、ようやくOKが出ました。

b0054993_12163613.jpg
すったお茶を湯呑3分の1くらい豪快にぶっ込んで(笑)、台湾茶を注ぎます。

b0054993_12164390.jpg
完成!ぶくぶく言ってた(笑)。
よく混ぜながら飲みます。本当は、最後に玄米をトッピングします(撮り忘れた^^;)。日本でいえば「きな粉」みたい。凄い栄養がありそうです。牛乳とかに入れてもいいかも・・・!と思ったけど、最後に注ぐのは絶対お茶じゃないと駄目!(お湯でも駄目。日本茶は可です。)って言われました。きっと、バランス的なことがあるんだろうな。

---------------------------------------------------------------------

【高尾のお茶商】
b0054993_132524.jpg
お次は、高尾のお茶屋さん。
旦那さんのお家がずっとお茶作りをやっていて、今も続いているお茶商。もちろん、旦那さんは若い時から今もお茶作りをしている。奥さんは、お茶摘みをやっていたそうな。

b0054993_1321511.jpg
今年採れた冬茶を頂きました。台湾で三番目に高い山で採れた「高山茶」で、発酵の浅い水色も薄い黄色のお茶と、炭で焙煎した芳醇な香りのお茶。台湾は暑いし、この時も暑かったので、発酵の浅い方が人気だったけど(私も美味しいと思ったけど)、寒い日本に帰ってきたら、炭焙煎の方が美味しく感じました。

b0054993_1322560.jpg
「こんなに膨らむんだよ~」と見せてくれた。

b0054993_1323344.jpg
膨らんだ後の、「一芯二葉」の茶葉。
この採り方は、お茶の先端部分だけを採ったとても贅沢な採り方で、良質なお茶の証拠でもあります。しかも、葉がそのままの形。きちんと丁寧に作られているんだな~と思います。

b0054993_1324198.jpg
そして、これは珍しい(笑)。これもお茶です。
台湾では、お茶を何年も何十年も保存して「老茶」にします。新茶も飲みますが、老茶の方がタンニンやカフェインが少なくて、香りも味わいも熟成されているそうです。これは、その老茶にするために作られたお茶。もちろん、茶葉一個一個がころころした通常の形でもいいですが、これはお茶を製茶するときに、さらしのような布にくるんでギュッと丸めていくそうで、とても手間がかかるそう・・・。旦那さんも滅多に作らないお茶だそうです。

---------------------------------------------------------------------

【林さんちで老茶】
b0054993_13444331.jpg
私は、お茶がとても好きなので「茶藝館」にいきた~い!!と言っていたんですが、そんな私の話をきいて、お茶好きの台湾人の林さんがお宅に招待してくれました。伺うと、茶器と茶葉で埋め尽くされたお茶のお部屋があって凄かった~!例の「老茶」も大きな壺にたくさん保存してあって、うらやましいなと。若いうちにたくさんお茶を買って、このお茶を飲みながら老後を過ごすのが夢だそうです。一緒に行ってくれた台湾人の友人も「老茶」好き。「新茶」飲むと夜眠れないけど、「老茶」なら平気・・・とのこと。

b0054993_13445223.jpg
これは、今年の春茶。急須で入れたお茶は、何人かで頂く場合、濃さが均等になるように茶海と呼ばれる器に移してから注ぎ分けます。林さんは、水色が見えるようにガラスの茶海。見たことある形だな・・・と思ったら、無印◎品のデカンタだって!(笑)。でも、持つ部分に籐(のようなもの)を巻いたそう。立派なオリジナル茶器。さすがです。

b0054993_1345139.jpg
そして、なんと、林さんが16年物の老茶をごちそうしてくれました!16年物なんて、めったに飲めないですよ。買えたとしても、とても手が届かない・・・。

b0054993_13451114.jpg
水色は、美しい紅茶色。香りも味わいもやさしくて、でも後から後からふんわりと喉の奥が香る・・・そんなお茶でした。貴重なものを頂きました。どうも有難うございます。

---------------------------------------------------------------------

台湾の人の、お茶に対する愛情をひしひし感じて帰ってきました。私も「老茶」やってみようと、高尾のお茶屋さんでたくさんお茶を買ってきちゃった。でも、「新茶」でも充分すごく美味しいので、「老茶」になる前に飲み干してしまうんじゃないかと、それだけが心配です。
[PR]
by chio-ringo | 2009-12-25 08:00 |
秋の奈良 ~東大寺・ならまち~
最後の日の朝。
ホテルから歩いて東大寺に行けるというので、てこてこ歩いて東大寺へ。
b0054993_1547381.jpg
奈良公園の中、紅葉がとてもきれいでした。

b0054993_15474845.jpg
鹿、めっちゃたくさん!

b0054993_15475629.jpg
たえず、舌を出している子もいた(笑)。

b0054993_1548849.jpg
THE 奈良。
東大寺の大仏殿。

b0054993_15481665.jpg
大仏様は、やっぱり大きかったな~。
これ作った昔の人、凄いよな~。

b0054993_15482532.jpg
そして、もちいどの商店街&ならまちへ。ここは、夢キューブ。
鹿Tシャツとか、若手の金工作家のお店とか、かわいい形のパン屋さんとかありました。

b0054993_15483349.jpg
すごい狭い路地にガネーシャを発見!
絶対昔ヒッピーだったでしょ?(今も?)っていうおじいさんがやってました(笑)

b0054993_15484038.jpg
おうちカフェのようなところでお茶。
手作りのケーキが美味しかった!これは、リンゴケーキ。
お茶は紅茶専門で、フレーバードは10種類以上から選べたよ。


奈良はとてもいいよって話には聞いてまいたが、本当にとてもよかったです。食べ物もおいしいし、人も親切だし、お寺もたくさんだし、秋の紅葉の季節だったのに、京都より人が少ないのですごく楽しめました!今度は、春また行きたいな。
[PR]
by chio-ringo | 2009-12-13 16:06 | 旅・自然・自転車
秋の奈良 ~飛鳥サイクリング~
近鉄奈良駅から橿原線に乗って約1時間。奈良は飛鳥に行きました。
駅前のレンタサイクルで自転車を借りて、飛鳥サイクリング始まりです。

b0054993_21431614.jpg
まずは亀石。亀さんがうずくまっている様な形。
飛鳥には、謎の石造物が数々あり、その中の一つ。
何かの境界だとか・・・。橘寺とかに関係する飾り石だとか・・・。
畑の中にいきなりぽつんとあった。未だに用途が不明だそうです。

b0054993_2153353.jpg
橘寺。聖徳太子生誕の地。
きれいで立派なお寺だけど、このお寺の周りも畑。
聖徳太子なんて超有名人なのに、
信じられないくらいのどかなところにあるお寺です。

b0054993_21355171.jpg
さらにサイクリング。
奈良・・・。飛鳥・・・。昔話の風景みたい。

b0054993_227898.jpg
石舞台古墳公園に到着。
きれいで広い公園。

b0054993_2272241.jpg
古墳を見る前に、腹ごしらえ。
古代米のごはん。地元で取れた野菜やお肉。
農村レストランなんだって。すごい美味しかった~!

b0054993_2213172.jpg
石舞台古墳。国内でも有名な方墳。
蘇我馬子の墓なんでは?と言われている。
古墳に近づいたら、シャンシャンシャンシャン・・・と音がするから、
何事か?!と思ったら、古墳の中に入れるようになってて、
そこでを奉納してる人(一般人だよ)がいた。びっくりした。

b0054993_22231046.jpg
そして、この旅の目的地へ。
山の上にあるそこは、あまりに急な坂道(山道?)なので途中に自転車を置き、
そこからは徒歩。最後の急斜面が本当にきつかった~!

b0054993_22272756.jpg
そして、岡寺に到着。
ここに私は来たかったのです。
私の彫金の先生が、かつてここの国宝の観音様の掛け軸を、
彫金額に複製してくれ・・・と頼まれて、奉納したことがあったそうな。
その観音様の掛け軸を見たかったのです。
が!運よく本堂が御開帳されていたのもかかわらず、
その観音様には会うことは出来ませんでした。
これも巡り合わせだからな・・・。でも、残念でした。

b0054993_22391278.jpg
そして、帰り道。
電車に乗ったら、奈良電車でした。
(めっちゃぶれてますが・・・^^;)


飛鳥は、静かできれいで本当にいいところでした。サイクリングも気持ちよかった~(次の日筋肉痛になりましたけど 笑)。飛鳥、行けなかった所がまだまだたくさんあるので、また絶対に来よう!と心に決めた場所でした。

最終日は、東大寺・ならまちに行きます。
[PR]
by chio-ringo | 2009-12-05 22:45 | 旅・自然・自転車
秋の奈良 ~興福寺・二月堂~
b0054993_21504414.jpg
夕方の興福寺。

念願の奈良の旅へ行ってきました。大きなある目的を達成するために、ずっとずっと行きたかった奈良。昔、修学旅行で訪れたことはありましたが、京都に比べるとインパクトが少なかった・・・様な気がしてました。が!めちゃくちゃよかった。なので、ちょこちょこ書いていきます。

1日目。夕方近くに奈良に到着。興福寺が、ホテルから歩いてすぐだったんですが、その興福寺で「お堂でみる阿修羅展」が最終日でした。この旅行の前に、地元が奈良だという人に色んなスポットを教えてもらってたんですが、「阿修羅、3時間くらい待つよ・・・」ということで、絶対みれないと思ってた。思ってたけど・・・みれました!終わる1時間前くらいに駄目もとで行ってみたら、なんか30分くらいで見れちゃった。東京の国立博物館のときにも見に行って、感動して、奈良でも見れたらいいな~なんて漠然と思っていたんですが。やっぱり、よかった。阿修羅、最高。
b0054993_2224589.jpg
興福寺の八角堂。

b0054993_2225781.jpg
興福寺の五重塔。

それから、夜。三条通りでご飯を食べて、二月堂へ。二月堂は、あの有名な「お水取り」のお祭りが行われるところ。でもここは、いつでも夜行くと、「常夜灯」といってずっと明かりが灯っているんです。タクシーのおじさんも、「奈良の町が一望できるよ」と。
b0054993_2283151.jpg
月と二月堂
b0054993_2284616.jpg
常夜灯
b0054993_229550.jpg
奈良の夜景


どうですか?美しすぎるでしょ?しかも、私達以外誰もいないんですよ。こんなに綺麗な場所なのに。奈良の夜景の手前は、東大寺の大仏殿。1日目にして、阿修羅見てこの夜景。これだけでも充分だ・・・とまで思ってしまった(笑)

2日目は、飛鳥にサイクリングに行きます。
[PR]
by chio-ringo | 2009-12-03 22:16 | 旅・自然・自転車